アーカイブヒストリー

  1. 二輪免許区分改正の歴史「普通免許さえ取れば排気量無制限でバイクに乗れる時代があった」

    1965年までは「クルマの免許」に二輪免許がついてきた80歳前後のドライバーの中には「ワシはナナハンだって運転できるんじゃよ、二輪に乗ったことはないけどな(笑)」という人がいる。これは決してほら話でも珍しい話でもなく、かつ…

  2. 最強スポーツ版「スーパーホークIII」に進化するも、最後はアメリカンで終わったホーク系並列2気筒モデル

    すぐにホークIIIを投入し「4気筒+DOHC」勢に対抗したが……1977年の登場から1〜2…

  3. BMW C1

    BMW初のスクーターC1は革新性の塊だった「屋根とシートベルトが安全性を確保、ヘルメットは不要」という設計思想

    BMWのスクーター・Cシリーズの1号車「C1」BMW Cシリーズといえば、400ccクラス…

  4. ロータリーエンジンを搭載した国産市販車はスズキ RE-5だけ。「夢のエンジン」はなぜバイクで普及しなかった?

    マツダのコスモスポーツやRX-7に搭載された「ロータリーエンジン」とは?ロータリーエンジン…

  5. ホーク2 ホークII ホンダ 1977

    ホンダ ホークII CB400T/ホーク CB250T 「時代に翻弄された革新の3バルブ空冷2気筒」ホークシリーズとは

    ホークII CB400T(1977年登場)は「中型免許」設定後のホープだったホンダを象徴す…

  6. Z1 カワサキ 1972 900スーパー4

    カワサキ Z1誕生50周年、5分で分かる名車Z1が誕生するまで「750ccのホンダ CB750フォアを超えろ!」

  7. FJR1300 ヤマハ

    ヤマハ FJR1300ヒストリー「3000km快走ツアラー」登場から20年、4世代にわたる進化を解説

  8. 「アメリカ最古の二輪メーカー・インディアンの歴史とは」倒産前の社名はmotocycleと「r」が無い微妙な違いも!

  9. ホンダ ゴールドウイング(GL1500)開発者インタビュー「スーパースポーツの名人が仕上げた極上6気筒ツアラー」

  10. ニンジャ250R カワサキ

    「ZZR250、ニンジャ250R、そしてニンジャ250へ」カワサキ250並列2気筒の系譜【1990〜2020年代編】

  11. GPZ250R カワサキ

    「Z、GPz、GPZ、GPX」名だたるシリーズの250版を支えたカワサキ並列2気筒の系譜【70〜80年代編】

  12. かつてハーレーはアメリカの「軽トラ」的存在だった!? 働くハーレー「サービカー」とは

  13. 1920年頃「生産台数の約7割がサイドカーだった!」 ハーレーダビッドソンの意外な過去

  14. ホンダ=エンジン屋ではなかった!? 「車体パッケージング」=スーパーカブ的車体構成こそホンダの真骨頂だ!

  15. スティード 400 ホンダ 1988

    ホンダ スティード再考「ゼファーと並ぶ90年代・脱ハイスペック系の名車ではないか」説

  16. 流転の車名ホンダ「インテグラ」ヒストリー 二輪→四輪→二輪→四輪で2022年に三度目の復活!

  17. C100に続いて登場したスポーツカブやハンターカブ「遊びの扉も開いた、スーパーカブの派生モデルたち」

  18. FJR1300 ヤマハ 2001

    ヤマハ初代FJR1300(2001年)詳細解説 「長距離高速移動の本場・ヨーロッパを納得させた実力派ツアラー」

  19. FJ1100 ヤマハ 東京モーターショー

    ヤマハ FJ1100開発ヒストリー「空冷で最高速230km/h超」80年代、世界最速を目指したマシンが生まれるまで

  20. ホンダ レブル 初代

    ホンダ初代レブル、出生の秘密「エンジンは70年代の125ccビジネスバイクがご先祖様だった!?」

注目記事

BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

PAGE TOP