ヒストリー

昭和~平成と駆け抜けたCBとライバルたち(1)750登場前夜

CBは高性能の代名詞だった本田宗一郎の夢と野望

 

1950年代中盤、世界GP参戦の前段として浅間レースに注力していたホンダは、当時主流の2ストロークに4ストロークで打ち勝つために試行錯誤を繰り返し、創業者の本田宗一郎は意地と執念で高性能4エンジンの開発に取り組んだ。

そして59年にマン島TTへの出場・入賞を果たし、4ストロークのホンダブランドを確立。この年に125ccのC92を浅間レース向けに改良したベンリイCB92スーパースポーツを販売、ここでCBというブランドネームを初めて使う。

60年のCB72(250cc、レースでも活躍)、CB450(当時のホンダ最大排気量)が次々に登場し、CBの名は高性能の証となった。だが、最大の市場だったアメリカで、CB450の販売は伸び悩んだ。イギリスのトライアンフを始めとする欧州製ビッグバイクの方が、総合力で優れているという評価……アメリカでトップになるため、ホンダは総力を結集してかつてないバイクを開発した。

 

1959 Benly CB92 Super Sport

日本最大の二輪レースであった浅間火山レースを目的に開発。59年のクラブマンレース(アマチュア対象)と、併催の浅間火山レース(メーカー対抗レース)の125ccクラスで。"CB"の原点だ


 

1960 Dream CB72

247cc空冷2気筒OHCエンジンの最高出力は24馬力とCR71と同値で、国内外のレースで活躍してCBの名を世界に広めた

外車は大排気量・高性能、そしてゴージャスだった

1968 Triumph T120 Bonneville

高性能車として君臨していたイギリス車の代表的存在であるトライアンフボンネビルT120。名前の由来は55年にアメリカのボンネビルソルトフラットにおいて同社が製作したストリームライナーが世界最速となる310km/hを達成(ただし非公認)したところから。T120は最高速度120マイル(193km/h)を表している。改良も続けられ、72年には排気量を744ccに拡大、フロントディスクブレーキを採用したボンネビル750 T140Vへと進化。同社が終えんを迎える83年まで存続し、85年には再生産も行われている


 

1960 BMW R69S

55年に登場したR69594cc水平対向2気筒)をベースとする高性能版として60年登場。最高速度175km/h69年までの生産台数は約1万1000台と少ないものの、当時のBMWの象徴であったアールズフォークを装着した最後のモデルとして、現在ではマニア垂涎の1台となっている


 

1965 HARLEY-DAVIDSON Electra Gride

余裕をもって大陸をクルージングできる性能や快適性から"キング・オブ・ハイウェイ"の異名を持つハーレーのFL系。エレクトラグライドは65年に、それまでのデュオグライドに代わり登場したモデルで、名前の"エレクトラ"は従来のキックスターターに代わるエレクトリックスターター、つまりセルスターターが装着されたことに由来している。CB750フォアの最高出力67馬力は、この頃のハーレーが66馬力で、それより1馬力上回ればよいという考えに基づき設定されたとも言われている

まだ2ストロークが主流だった国産車

1968 KAWASAKI 650-W1

目黒製作所を傘下とした川崎航空機工業(当時)が熟成期にあったメグロK2497ccエンジンをベースに製造。すでに主流となっていた大排気量に合致させるため、ボアを8mm拡大して624ccとした空冷OHV並列2気筒エンジンを搭載。65年に試作車X650が公開され、翌年650W1として北米で販売開始。その後国内販売も始まったが注文生産だった。エンジンとミッションは別体式で、シフトチェンジは右側。通称"ダブワン"


 

1959 YAMAHA YDS-1

カタリナGPや浅間火山レースに参戦したファクトリーマシン、YDレーサーの市販モデル。20馬力を発生するエンジンは246cc空冷2ストローク並列2気筒。国産初の5段ミッションを搭載し、タコメーターを内蔵したコンビネーションメーターなども装備。オンでもオフでも、カテゴリーを超越して多くのレースで戦績を残した。当初は「250S」の車名で販売されたが、3000台出荷後に「YDS-1」に変更された。当時の販売価格は185000


 

1968 SUZUKI T500

4スト大排気量車が世界最速を競っていたとき、スズキが世に送り出した世界初の大排気量2ストローク量産スポーツ車。67年の東京モーターショーで発表され、翌年販売開始。スズキ独自の分離給油方式「CCI(シリンダークランクシャフトインジェクション)」などが効を奏して、47馬力を発生。翌年の2型で新型シリンダー採用とキャブレターの小径化などが行われ、低中速性能を向上。3型ではシート形状変更とリヤキャリヤを装備

 

アバター

モーサイ編集部

投稿者の記事一覧

1951年創刊のモーターサイクル専門誌。新車情報はもちろん、全国のツーリングライダーへ向けた旬な情報をお届けしています!

モーターサイクリストは毎月1日発売!

関連記事

  1. 【遙かなるグランプリへ6】世界は知っていた…スクランブルレースか…
  2. 【平成バイク大図鑑7】砂漠生まれの実力が旅を進化させた大型アドベ…
  3. あのカワサキ「Z」はZでなかった?<その1>
  4. 【時代を駆け抜けたバイクたち3】KAWASAKI 900 SUP…
  5. 【平成バイク大図鑑4】なにより夜がアツかった平成前夜 フルスロッ…
  6. 【ラビットvsシルバーピジョン 国産スクーター戦後開発史2】困難…
  7. 昭和~平成と駆け抜けたCBとライバルたち(6)リッターオーバー時…
  8. 【’90s名車列伝】“ライダーを育てるバイク” ドゥカティ・90…

旅に出よう!

おすすめ記事

【NEW ITEMS】ALPINESTARS SP X AIR LEATHER JACKET かつてCB乗りだったライダーがCB1000Rにハマる理由(後編) 【NEW MODEL】本格派125ccモタード、アプリリア・SX125が発売! 先行予約キャンペーンも展開 【愉悦のaround 50ps】峠小僧が憧れたバイクに乗ってみた(NSR250R編) 【NEWS】バイク用インカム「SB4X Lite」生産終了のお知らせ 【NEW ITEMS】NEXXSからドゥカティ スクランブラー1100用パーツ新発売 “参加したい”がすぐ見つかる!2018バイクイベント情報!〜スズキ北川ライディングスクールin竜洋〜 【NEW ITEMS】SHOEI VFX-WR GRANT3 【NEW ITEMS】SP TADAO POWER BOX FULL“S”TITANIUM BLUE TRIUMPHという価値「学ぶ場を提供」
BIKE王

ピックアップ記事

カテゴリー記事一覧

PAGE TOP