アーカイブ
  1. スズキ コレダTT250 1956年

    「写真で見る昭和の風景」経済成長とともに国産バイクも高性能化【1950年代半ば~1960年代】

    零細規模のものから中小メーカーまでが乱立した、1950年代の国内2輪車産業。その中から、営業力や技術的なセンスを活かして成長するメーカーと、傾き始めて廃業するメーカーとの差が明確になっていくのが1950年代後半から1960年代にかけてのこ…

  2. ヤマハ2ストスポーツRZ250シリーズ歴代7モデルを解説【1980〜1988】全カラーバリエーションも紹介

    2ストレプリカの原点にして、TZRへの橋渡し役だったRZシリーズ最後の2ストロードスポーツ…

  3. 「写真で見る昭和の風景」戦後の日本、どんなバイクが街を走っていたのか【1946~1950年代中期】

    外車の模倣からスタートし、外車を駆逐するまでの高性能を1970年代に獲得していった日本製モーターサ…

  4. RZ250 ヤマハ 1980

    ヤマハ RZ250を21世紀に走らせる「2ストならではのピーキーな特性。だがレプリカほど先鋭化し過ぎていないバランスの良さ」

    1980年、時代の趨勢は4ストロークエンジンの高性能路線に進み始めていたものの、ヤマハは最後になる…

  5. RZ250 ヤマハ ストリップ

    【ヤマハRZ250開発秘話】1980年「最後の2ストスポーツ」を覚悟して作られた、水冷&モノショックの画期的モデル

    世の中にタラレバはないものの、1980年代初頭にRZ250/350が誕生しなかったら、以後の2サイ…

  6. セロー225WE 5MP1 ヤマハ 2000年 カタログ

    ヤマハ セロー225の最終進化形「WE」とは? チューブレスリヤタイヤを採用、燃料タンクはさらに大きく(1997〜2005年)

  7. ヤマハ セロー225 「セルが付いたら、売れた」第2世代、車名にWが付いた第3世代──その特徴を解説(1989〜1997年)

  8. セロー 225 1985 1KH

    国民的オフロード車【ヤマハ セロー225】が誕生するまで「1985年最初期モデル<1KH>詳細解説」

  9. Nプロジェクト ホンダ NP-6

    21世紀ホンダ破天荒伝説 「Nプロジェクト、その全貌」第10章:フリーダムは1粒で2度美味しい──NP-6

  10. 今や当たり前だけど「アルミフレーム、FI、倒立フォーク」国産車で初採用のモデルは?【日本車はじめて物語】

  11. 「セパハン、キー付きタンク、一体式ハンドルロック」国産車で初採用のモデルは?【日本車はじめて物語・操作系の地道な進歩】

  12. 「アメリカン、カウル装備、メットインスクーター」国産初のモデルは?【日本車はじめて物語:デザイン&機能編】

  13. ホンダ NSR250R(MC28)の都市伝説「HRCカードでパワーアップ」の真相は?

  14. T20 スズキ

    「6段変速、シャフトドライブ、シールチェーン」国産車での初採用は意外なモデルだった!【日本車はじめて物語:駆動&電装系編】

  15. 「ディスクブレーキ、キャストホイール、ABS」 国産バイクで初採用した車種は?【日本車はじめて物語:ブレーキ&車輪編】

  16. CB450 ホンダ DOHC

    「DOHC、水冷、4発エンジン」国産バイクで初採用した車種は?【日本車はじめて物語:エンジン編】 

  17. SR500 ヤマハ 1JN 1985

    「1JNのSR500」はヤマハSR最強モデル!? 400とはどう違うのか、1JNの特徴とは【1985年型SR500試乗】

  18. MT-07 テネレ700 XSR700 YZF-R7 ヤマハ

    原点XS-1から最新MT-07まで「ヤマハ製パラレルツインの進化と到達点」

  19. 250メグロSG カワサキ 目黒製作所

    カワサキが造ったメグロ「250メグロSG」1965年新車時試乗レポート「力強い実用車、メグロの伝統を継承している」

  20. 1980年代以降、国産バイクのシートは薄く、低くなっていった? 一方、新型CL250/500は足着きより運動性重視の珍しい例かも

注目記事