ヒストリー

【時代を駆け抜けたバイクたち1】ホンダCBR900RRファイヤーブレード

全世界で多くの車種がひしめき合い、それぞれが時代の流れに合わせ進化を続けている2輪車市場。
年々厳しくなる排ガス規制などの制度やコンセプトが市場のニーズと合っていなかったなどの理由で消えゆくモデルがある一方、戦国時代さながらの激戦をくぐり抜け、スタイルや中身を進化させながら存在し続けるモデルもある。
なかにはそれまでのブームや常識をすべてひっくり返すような車両が誕生し、長きにわたりスタンダードモデルとして市場を牽引することも実際に起こっている。
バイクも他の歴史と同様、進化と淘汰を繰り返しながら広がり続けているのである。

当記事では大排気量スポーツ車の概念を根底から変え、スーパースポーツというカテゴリーを生み出す原点となった「ホンダCBR900RR」がどのようなバイクだったのかを見ていきたい。

 

オーバーナナハンスポーツの常識を覆したRR

1992年にデビューしたCBR900RRは、近年の日本製リッタースーパースポーツの原点と言うべき存在だ。

1992年ホンダCBR900RRファイヤーブレード
●「ミドルクラスの軽快なハンドリングとリッタークラスのパフォーマンス」がコンセプト。2灯式ヘッドライトをはじめ、当時のCBR-RRシリーズのイメージを継承。排気量893cc、最高出力124馬力。

もちろん、このモデルの排気量は1000㏄に達していないのだが「並列4気筒車でスポーツライディングが満喫できるのは750㏄まで」という従来の常識を覆し(なお、当時のプロダクションレースの排気量上限も750㏄だった)、驚異的な運動性能を実現したCBR900RRは発売と同時に世界中で大ヒットを記録した。

●5角断面アルミツインチューブフレームに搭載されるエンジンは完全新設計で、極限まで幅を詰めてコンパクト化。乾燥重量185㎏と、当時の750ccクラスと同等の車重を実現

結果的にこのモデルの成功が、後にニンジャZX-9R/10RやYZF-R1、GSX-R1000などが登場するきっかけになったのである。

もっとも、初代CBR900RRはコーナリングにおけるキレ味を重視し過ぎていたため、正直言って誰もが好感を持てる特性ではなく、ある意味ホンダらしからぬ……と思えるキャラクターだった。
いろいろな面で割り切りが感じられる特性で、例えば最高速や最高出力は当初から追求していなかったし、この時代までのリッターバイクで必須事項だったツーリングに対する配慮もほとんど行なわれていなかったのだ。
ただし、以後のホンダはCBR900RRならではのキレ味を維持しながら、徐々に間口を広げる改良を行ない、数年後には初心者でも気軽に乗れるレベルの包容力を獲得した。

排気量が1000㏄に拡大された2004年からは、スーパーバイクレース用ホモロゲーションモデルという使命が課せられるようになったものの、運動性能と扱いやすさを高いレベルで両立するというスタンスは変わっていない。

 

1998年 CBR900RR

●96年型で排気量を918ccに拡大。98年型では新型スイングアームを採用、乾燥重量180kgに軽量化。エンジンも吸排気系の見直しで最高出力130馬力に向上している。

 

2000年 CBR900RR

●前輪を16インチから17インチに変更。フロントフォークも倒立式が採用されたほか、ヘッドライトが1眼3灯式に変わった。排気量929cc、最高出力148馬力で乾燥重量170kg。

 

2002年 CBR954RR

●排気量が954kgとなったことで車名もCBR954RRに変更。欧州仕様の車名は「ファイアーブレード」のみとなった。また、このモデルから初の国内仕様(CBR954RR)が登場する。

 

2004年 CBR1000RR

●新開発998kgエンジンに加え、リヤサスペンションにはRC211Vと同様のユニットプロリンク、電子制御油圧式ロータリーステアリングダンパーなど新機構を多数採用。最高出力172馬力(海外仕様)。

 

2008年 CBR1000RR

●空力性能や運動性能を徹底的に追求。2004〜2007年型で採用されたセンターアップマフラーはショートタイプの右1本出しに。2009年型でABS仕様も追加された。最高出力178馬力(海外仕様)。

 

2017年 CBR1000RR

●逆スラントのフロントノーズが特徴。スタンダード(写真)のほかオーリンズ製電子制御サスペンション装備のSP、レース向けホモロゲモデルのSP2の3モデルを用意。最高出力192馬力、車重196kg。

 

RIVAL 1998年 YAMAHA YZF-R1

●「ツイスティロード最速」が開発コンセプト。DOHC5バルブエンジンはクランク、クラッチ、ミッションの3軸を三角形に配することで大幅なコンパクト化を実現。排気量998cc、最高出力150馬力

 

※本記事はモーターサイクリスト2017年3月号に掲載されていたものを編集・再構成しています。

→:【時代を駆け抜けたバイクたち2】ドゥカティ851・CBR600F・VF750F

 

あわせて読みたいオススメ記事はこちら!

【平成バイク大図鑑1】烈火のごとく吹き荒れたレプリカブーム

昭和~平成と駆け抜けたCBとライバルたち(1)750登場前夜

JAPANESE CAFERACERS特集 日本の美カフェ、集めてみました 〜2台のヤジマ・スペシャルの巻〜

アバター

モーサイ編集部

投稿者の記事一覧

1951年創刊のモーターサイクル専門誌。新車情報はもちろん、全国のツーリングライダーへ向けた旬な情報をお届けしています!

モーターサイクリストは毎月1日発売!

おすすめ記事

徹底検証!最新125ccクラスのスポーツモデルは公道をどう楽しませてくれるのか? 【EVENT】第16回 バイクのふるさと浜松2018 お宝発掘!? スーパーカブ発売当時の雑誌記事は色々スゴかった!! 本日8月10日は「ブレーキパッドの日」って知っていましたか? プライベーターが作り出したRZ500R S1000XR 試乗レポート BMW 新型S1000XR「スーパースポーツ直系の超速4気筒アドベンチャー」
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

PAGE TOP