ヒストリー

【時代を駆け抜けたバイクたち3】KAWASAKI 900 SUPER FOUR(Z1)&Ninjaシリーズ

発売から約半世紀が過ぎた現在でも、全世界に熱狂的なファンを持つ伝説の旧車、「Z1」ことカワサキ 900SUPER FOUR。
発売当時から現在まで連綿と受け継がれる熱きカワサキ魂は、今なお多くのファンを獲得し続けているのである。

 

ジャパニーズスタンダードDOHC4気筒

DOHC並列4気筒は今も昔もジャパニーズスタンダード。
始まりは1972年に発表のZ1こと900SUPERFOURだ。
開発途中までは750㏄だったが、CB750FOURの発売で計画を変更。第二次計画は排気量900㏄(ハーレースポーツスターの883㏄を指標にした)となり、1200㏄までボアアップできることなど、アメリカのバイク文化と発展性を強く意識したものになった。

1972年 KAWASAKI 900 SUPER FOUR(Z1)
●当時のハーレー(1000・1200)に次ぐ排気量車で最高出力82馬力、最高速は210㎞ /h以上。ブローバイガス還元装置など環境対策も十分配慮。今日に至るカワサキ大型車の礎となったマシンだ

Z1は登場すると大反響を呼んだ。流れるようなスタイリング、官能的な音を奏でる4本マフラー、そしてパワフルなエンジン……73年には数々の速度世界記録を樹立し、ヨーロッパでも耐久レースに参戦。
その後アメリカで始まったスーパーバイクでヨシムラチューンのZ1は大活躍した。
その後、1015㏄としたZ1000 / MKⅡ系、TT-F1レース参戦のため998㏄としたZ1000J系、1089 ㏄ のZ1100系と80年代まで発展を続けた。
この間、Z1-RやZ1000Rエディ・ローソンレプリカなどの名車を生む。70年代後半、ウィークエンドのLA・マリナデルレイやマルホランドは本当にZシリーズで埋め尽くされていた。

一方、日本向けには73年に750㏄版のZ2(750RS)を発売。
国内でも大人気となった。ちなみに、カムカバーの形でZ1からZ1-Rを" 丸Z"、MKⅡ やZ1-RⅡ 以降を"角Z" と呼び、国内向けはZ750FX以降が角Zとなる。
こうして世界中で「カワサキならZかニンジャ」というイメージができあがった。もちろん現行Z1000もDOHC(4バルブだが)並列4気筒。
レガシー(遺産)ではない。カワサキはこれからもZなのだ。


 

1973年 750RS(Z2)

●当時社会問題化した暴走族問題もあって販売できなくなった、Z1の日本向けモデル。Z1のボア・ストローク(66×66㎜)を64×58㎜に縮小、746㏄にして最高出力は69馬力

 

1981年 Z1100GP

●排気量1089㏄でDFI(デジタルフューエルインジェクション)を採用、最高出力108馬力。83年のGPz1100をもってZ1に始まる空冷2バルブ系モデルは最後となった

 

1984年 GPZ900R

●新開発の水冷4バルブエンジンでGPz1100以上の動力性能と運動性能を実現。最高出力115馬力、乾燥重量228㎏。フラッグシップの地位は後継に譲るも2003年まで販売

 

1990年 ZZR1100

●市販車最速を標榜したGPZ1000RX(86年)、ZX-10(88年)に続き登場。290㎞ /h以上の最高速と大型らしからぬ扱いやすさで高い評価を得た。1052㏄、最高出力147馬力

 

2006年 ZZR1400

●最速マシンのニンジャZX-12R(01年)とツアラー指向のZZR1200(02年)に分化したモデルを再び一本化。アルミモノコックフレームで排気量1352㏄、最高出力190馬力

 

2012年 Ninja ZX-14R

●車体を大幅に変更、より扱いやすくした。欧州仕様車名は従来のZZR1400を継続する。排気量を1441㏄に拡大、最高出力200馬力となりトラクションコントロールを新採用

 

RIVAL 1968年 HONDA CB750FOUR

●量産車では世界初となる並列4気筒エンジンを搭載、最高速200㎞/h超という高性能ぶりと扱いやすさで、その後の日本車の地位を決定づけた。排気量736㏄、最高出力67馬力


 

→:【時代を駆け抜けたバイクたち4】HONDA CB1000 SUPER FOUR・CB400 SUPER FOUR

あわせて読みたいオススメ記事はこちら!

アバター

モーサイ編集部

投稿者の記事一覧

1951年創刊のモーターサイクル専門誌。新車情報はもちろん、全国のツーリングライダーへ向けた旬な情報をお届けしています!

モーターサイクリストは毎月1日発売!

関連記事

  1. 部品はなくても気合いと根性でなんとかなる!? オーナーに聞くレア…
  2. 【’80sバイク熱狂時代】東京モーターショー コンセプトモデルの…
  3. いま見ても衝撃のスタイル! 2000年代に登場した唯一無二のスー…
  4. スーパーカブ100 なんで「タイカブ」って言うの? 走りも良かった「カブ100EX」…
  5. 【ヒストリー】バルブスプリングの挑戦
  6. 【MCアーカイブ】ホンダNSR250R(1986年10月)
  7. 【バイク熱狂時代は永遠に:3】レプリカヘルメットやスーパークロス…
  8. 昭和~平成と駆け抜けたCBとライバルたち(1)750登場前夜

旅に出よう!

おすすめ記事

XT660Zの後継モデル、ヤマハ・テネレ700がついに日本上陸! 【アイテム選びで旅をもっと快適に:その1】最新グローブ&フットウエア 【2019信州バイク旅】雄大さと繊細さがそこに ニッポン愛に浸る中南信エリア 匿名係長 第4回 ホンダ CRF250Lの巻 【平成バイク大図鑑6】アメリカンブーム、それは速さへのアンチテーゼだったのか? 【NEW MODEL】CB1100/EX/RS 【時代を駆け抜けたバイクたち7】Harley Davidson FXS LOW RIDER・MOTO GUZZI V7 新型はリターンの方にもお薦めです!  ゴールドウイング開発陣が語る新型の魅力 汎用スキャンツールに対応するKTM車用OBDアダプター ミラノショーで全面改良されたVストローム1050を発表
BIKE王

ピックアップ記事

  1. スーパーカブ100
  2. ゴディエジュヌー1135R

カテゴリー記事一覧

  1. ベビーツインAA
  1. スーパーカブ100
  2. ゴディエジュヌー1135R
PAGE TOP