ヒストリー

【時代を駆け抜けたバイクたち7】Harley Davidson FXS LOW RIDER・MOTO GUZZI V7

日本から何千kmも離れた異国の地で、昔から変わらずに愛され続けているデザイン。
現在でも色褪せない普遍的な美しさが垣間見えるのである。

ファクトリーカスタムはここから始まった

ハーレーダビッドソン創業者の血を引くウイリー・G・ダビッドソンがデザインした、ファクトリーカスタム車のハシリがFXSローライダーだ。

1977年 HARLEY DAVIDSON FXS LOW RIDER
1200㏄のショベルヘッドエンジンにキャストホイール、フロントダブルディスクブレーキを装備してスポーツ性を高めたモデル。寝かされたフロントフォークでロー&ロングスタイルを形成している

低く、長く、ワイルドでシンプルに。いらないモノを外しぶった切る(チョップ)手法で生まれたのがチョッパーで、コンセプトはこのバイクと共通するところがある。それまでビッグツインといえばFL系のツアラーだったが、ウイリー・Gはそんな古くさい形も概念もチョップした。現行ローライダーもオリジナルのスタイルと精神を継承している。

速度計、回転計を縦に配置したタンクオンメーターも現在まで受け継がれている特徴のひとつ。燃料タンクは左右分割式で、給油キャップが左右に付いている

1987年 HARLEY DAVIDSON FXLR LOW RIDER CUSTOM

ローライダー10周年を記念して登場。FXRフレームに1340㏄エボリューションエンジンをラバーマウントし、快適な乗り心地と鼓動感を両立。フロントホイールは20インチのスポーク

1993年 HARLEY DAVIDSON FXDL DYNA LOW RIDER

コンピューター設計の"ダイナフレーム" を採用し高剛性と迫力あるスタイルを両立。99年型でエンジンを1450㏄のツインカム88に刷新。15年型で再びラインアップに復活した

縦置き90度Vツインシリーズのルーツ

1960年代以前は単気筒が主軸だったものの、近年は縦置き90度Vツイン専業メーカーとして知られるモト・グッツィ。
その原点は67年型V7で、以後の同社はこのモデルの排気量を徐々に拡大しながら、幅広いジャンルに進出。

1967年 MOTO GUZZI V7
挟角90度の703㏄ Vツインエンジンを縦置きして後輪をシャフトで駆動。最高出力50馬力。69年には757㏄のV7スペシャルへ発展するが、V7も警察用として76年まで作られた

なお80年代以降は前衛的な方向に進んだが、08年以降から発売が始まったV7シリーズでは、初期のV7を彷彿とさせるレトロなルックスを採用している。

2017年 MOTO GUZZI V7Ⅲ ANNIVERSARIO

08年型のV7クラシック以降、エンジンやフレームを改良し続け第3世代となった新型V7の誕生50周年記念車。燃料タンクをはじめメッキパーツを多用、750台の限定販売
  1. レブル250ってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説します!【ホンダバイク資料室/Rebel 250】

  2. スーパーカブ C125、起伏がある坂道にも強い!レンタルバイクで日本の原風景を旅するなら『スーパーカブ C125』がピッタリだと思う【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Super Cub C125(2022)】

  3. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

  4. ただの味わい系バイクじゃない。 新型『HAWK 11 (ホーク 11)』に感じる大型バイクの新境地【HAWK 11に、乗る /試乗インプレ・ファーストレビュー 前編 】

  5. 日常から遠出まで~使い勝手を高めてGB350でツーリングを楽しもう

アバター

モーサイ編集部

投稿者の記事一覧

1951年創刊のモーターサイクル専門誌。新車情報はもちろん、全国のツーリングライダーへ向けた旬な情報をお届けしています!

モーターサイクリストは毎月1日発売!

おすすめ記事

名前はビバンダム?ミシュランマン? ミシュランのマスコットはなぜ白いのか スマホ全盛時代になぜ?「専用ナビ」を老舗二輪用品チェーン・南海部品が販売し続ける理由とは ハヤブサオーナーなら列車と記念撮影も可能!「若桜鉄道 隼ラッピング列車」が京都鉄博に7月1日から展示
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

PAGE TOP