新車

新型CRF250L&CRF250ラリー試乗【車体編】「XLR/XRを思い出す、ホンダデュアルパーパスの復活」

CRF250L<S>とCRF250Lの足着きを比較

足着き&ライディングポジションは身長170cm・体重58kgのモーサイ編集部・上野がチェック。

CRF250L<S>の足着きとライディングポジション

CRF250L<S>(シート高880mm)
CRF250L<S>(シート高880mm)

CRF250L<S>のシート高は880mm。ただし車体中央部やシートの幅はオンオフモデルらしくスリムなので、身長170cmのライダーでも両足つま先から1/3程度が接地する。
ライディングポジションも上体が立ったオンオフモデルらしいもので、窮屈な感覚はない。車重も軽いので車体を多少傾けても不安感は少ないし、片足停車では足の裏がほぼ全面接地する。

CRF250Lの足着きとライディングポジション

CRF250L(シート高830mm)
CRF250L(シート高830mm)

CRF250L(スタンダード)のシート高は830mm。従来型CRF250L Type LDと同じ数値となっている。身長170cmのライダーでは両足で足の裏がほぼ全面接地。

ホンダ CRF250L<S>&CRF250L主要諸元

左がスタンダードのCRF250L、右がCRF250L<S>。新型<S>が従来型スタンダード、新型スタンダードが従来型Type LD(ローダウン仕様)を引き継いだ形になる。

[エンジン・性能]【 】内はスタンダード
種類:水冷4サイクル単気筒DOHC4バルブ ボア・ストローク:76.0mm×55.0mm 総排気量:249cc 最高出力:18kW<24ps>/9000rpm 最大トルク:23Nm<2.3kgm>/6500rpm 変速機:6段リターン
[寸法・重量]
全長:2230【2210】 全幅:820 全高:1200【1160】 ホイールベース:1455【1440】 シート高880【830】(各mm) タイヤサイズ:F80/100-21 R120/80-18 車両重量:140kg 燃料タンク容量:7.8L
[車体色]
エクストリームレッド
[価格]
59万9500円【59万9500円】

ホンダ CRF250ラリー<S>&CRF250ラリー主要諸元

左がスタンダードのCRF250ラリー、右がCRF250ラリー<S>。CRF250L同様に、新型<S>が従来型スタンダード、新型スタンダードが従来型Type LD(ローダウン仕様)を引き継いだ形になる。

[エンジン・性能]【 】内はスタンダード
種類:水冷4サイクル単気筒DOHC4バルブ ボア・ストローク:76.0mm×55.0mm 総排気量:249cc 最高出力:18kW<24ps>/9000rpm 最大トルク:23Nm<2.3kgm>/6500rpm 変速機:6段リターン
[寸法・重量]
全長:2230【2200】 全幅:920 全高:1415【1355】 ホイールベース:1455【1435】 シート高885【830】(各mm) タイヤサイズ:F80/100-21 R120/80-18 車両重量:152kg 燃料タンク容量:12L
[車体色]
エクストリームレッド
[価格]
74万1400円【74万1400円】

試乗レポート●関谷守正 写真●山内潤也/ホンダ 編集●上野茂岐

1

2

CONTACT

ホンダお客様相談センター:TEL0120-086819
https://www.honda.co.jp/CRF250L/

https://www.honda.co.jp/CRF250RALLY/

おすすめ記事

レッドバロンより「保険連動対応ドラレコ」が登場 専用スマホアプリで事故映像を保険会社にかんたん送信 【ライダーの新常識】ウィズコロナ時代もバイクで自由に走る! そのために守りたいソロツーリング9カ条 登場から半世紀!! GT750、750SS、バンバン90など50年経っても色あせない魅力を持つ二輪車たち【2021年で“○○周年”のモデルたち】
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

  1. YZF-R7 ヤマハ
PAGE TOP