イベント

オーナー達による「NIKEN本音語り」! NIKEN/GT EXCLUSIVE 試乗会&オーナーズミーティング!

試乗会でNIKENに乗った人の感想は?

とてもニュートラルなハンドリング

壺井嘉信さん 愛知県

40年以上バイクに乗ってきたというベテランだ。

「新しもの好きなので興味が湧いて試乗を申し込みました。乗ってみたら、とにかく素晴らしい。まず気に入ったのは、愛車が20年前のVTR1000Fということもありますが、3気筒エンジンがスムーズなことに感激しました。トルクもあって扱いやすいですね。前2輪ということで、コーナリングでオーバーステア、あるいはアンダーステア気味なのかと予想していましたが、実際はとてもニュートラルなハンドリングで違和感なく乗れました。ただ、年齢が60歳ということもあり、取り回しでの重さやシートの高さが少し気になりました」。

 

タイトな上り坂でもスイスイ走れる

井戸規清さん 和歌山県

試乗の抽選で外れてしまった仲間と四輪車で来場したが、カワサキ・ニンジャ1000とヤマハ・マジェスティ125を所有する。

トリシティの登場時には、マジェスティ125からの乗り換えを検討したこともあるというだけに、三輪には以前から興味を抱いていて試乗を申し込んだ。
「あまりスピードは出せなかったのですが、安定感がある一方で身軽さも感じましたね。タイトな上り坂でも走りやすくて、安心して倒し込むことができました。当初は寝かせにいとか、ペターと倒れ込んだりするのかなと危惧していましたが、キッチリとしたバイクですね。ネックは価格だけです」。

 

何をやっても転ぶ気がしない!

小嶋 享さん 兵庫県

BMW R100GSに30年乗り続けているが、新しいバイクへの興味も強い。

「2年前にトリシティのモニターを利用してフェリーで九州へ行ったことがあるのですが、ダート走行での安定性が印象に残っています。砂浜でもハンドルが取られることなく『これは転ばない!』と感じました。ナイケンもやはり転ぶ気がしないですね。ただエンジンが3気筒で、愛車に比べて高回転で力が出るタイプのようなので、機会があればもっと回して乗ってみたいところ。開発者の方が『ナイケンは一生もの』と話していたのも印象的です。体力や判断力が衰えたら頼りになりそうなバイクです」。

 

ローダウンすれば足着きもクリアできそう

那須さん 兵庫県

大型二輪免許は持っているが、普段はヤマハ・セローに乗り大型車は久しぶりという那須さん。

「そのうち大型バイクも欲しいと思っているので、どんな乗り味なのか気になっていました。普通のバイクでもハンドリングにクセのあるモデルはありますが、ナイケンは前2輪なのに“普通”だと思いました。本当に乗り味がよかったですね。気になったのは車体が重いことですが、これはまあしょうがない。足着き性も良くはないのですが、ローダウンが可能なので、これもクリアできそうです。ただバイクは通勤にも使っているので、市街地での使い勝手が気になりますね」。

 

次の愛車の選択肢に加わりました

中川原悠太さん 大阪府

「ある意味バケモノかと思っていましたが、実際にはユーザーに優しい乗り物だと実感しました。大きさの割には走り出すと軽いし、ハンドリングがとてもいい。前輪が路面に吸い付いているようで転ぶ気もしないですね。身長は180㎝ありますが、シートが高くて両足つま先立ちにはなります。ただシートが前後に長くてポジションの自由度が高い点は気に入りました。Uターンもしやすいですね」。

愛車FZ6の走行距離が8万7000㎞となり、2年後の乗り換えを検討しているという。
「ヤマハに乗り続けようと思っているので、今回試乗してナイケンがその選択肢に入りました」。

 

荷物満載&2人乗りでも抜群の安定感

横田純一さん 三重県

奥様とタンデムでツーリングをすることが多いという横田さん。
愛車選びでは、積載性と2人乗りでの快適性を重視し、現在はスズキGSX1400に乗っている。

「思った以上に普通でした。フロントがスムーズに動くし、段差でも安定していてスゴいですね。2人乗りでは低速で不安定になりやすいのですが、ナイケンはその領域でも安定していて気に入りました。バイク選びの基準に、他人があまり選ばない車種というのもあるのですが、ナイケンはその点でも合格。開発者の方によれば、荷物満載でもバランスが崩れないようですし、試乗してGTが次の愛車候補になりました」。

 

エンジンの扱いやすさも評価ポイント

西田哲也さん 大阪府

二輪用品メーカーに勤めるベテランライダーの西田さん。
愛車がMT-09というだけに、まずエンジンの仕上がりに関心が向いたようだ。

「ECUのプログラムが変更されていて、1、2速のフィーリングがMT-09よりもいい。まず愛車のエンジンを載せ替えたいと思いましたよ(笑)。MT-09の鋭いピックアップがいい意味で穏やかとなり、乗るとスムーズのひと言。ローギヤがとても扱いやすくなっています。車体の完成度も高く、フロントの重さを感じないし乗りやすく感じました。足着きは良くないのですが、自分の場合は片足が着けば大丈夫。少々悪くても気になりません」。

 

タイトコーナーでも綺麗にトレースできる

長谷川千波さん 大阪府

今回の試乗会で唯一の女性参加者で、普段はシグナス125に乗っている長谷川さん。

「走り始めたらフロントの安定感を強く感じました。急な下り坂のタイトコーナーは慣れていないと恐怖を感じてしまいますが、ナイケンはアクセルワークもしやすくて綺麗にトレースできるので、とても乗りやすいですね。見ためは大きいし実際に重いのですが、走り始めるととても軽快な点もいい。身長は166㎝ありますが、跨がると片足のつま先しか着きませんし取り回しは怖いのですが、それでも乗れそうだということが分かりました。駐車場所を確保できたら検討したいですね」。

 

★YAMAHA NIKENシリーズ[完全ファイル] 7月4日より発売!!★

ヤマハのNIKEN特集雑誌「YAMAHA NIKENシリーズ[完全ファイル]」、令和元年7月4日より発売です!
ライダーを魅了するバイクの新しい形、NIKEN。その魅力がギュッと詰まった一冊で、実走3500kmツーリングテストレポ、モビリティ技術本部長が語るLMWで目指す未来、オーナーインタビューページのほか、モーターサイクリスト誌メインテスターの梨本 圭さんによるNIKENでのワインディング・サーキット走行の撮影&レビューも収載されています。
「これが噂のNIKENか!」と思ってしまう内容が目白押し! ぜひお手にとって、リーンするNIKENの魅力を感じてくださいね!

アマゾンの購入サイトはこちら!!

 

 

あわせて読みたいオススメ記事はこちら!

ページ:
1

2

アバター

モーサイ編集部

投稿者の記事一覧

1951年創刊のモーターサイクル専門誌。新車情報はもちろん、全国のツーリングライダーへ向けた旬な情報をお届けしています!

モーターサイクリストは毎月1日発売!

おすすめ記事

初夏のレジャーツーリングに間に合わせるなら今!!ハーレーの「FREE[ER] TOURING FAIR」 【イベント】真夏の祭典、2りんかん祭が今年も開催! ミラノショーで全面改良されたVストローム1050を発表 【NEWS】ハーレーダビッドソンのアパレル専門店がお台場にオープン!! ツーリングで立ち寄りたい!全国夏グルメ16選! 【EVENT】アウトドアとバイクが融合した空間が実現! 「秀山荘 川越店」にてGOLDWINのPOP UP STOREが展開
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

PAGE TOP