トピックス

2019年もっとも読まれた記事は「ホンダCT125世界初公開! 東京モーターショー2019」でした

名車カタナの復活、東京モーターショー、カワサキとビモータの業務提携、セロー250の生産終了発表など、さまざまな話題があった2019年も間もなく終わろうとしていますが……
「モーサイ」で2019年に最も読まれた記事は、『ついにハンターカブが来た!ホンダCT125が東京モーターショー2019で世界初公開』でした。
CT125に対する皆さんの期待度の高さがわかりますね!

【速報&詳細画像】ついに“ハンターカブ”が来たっ! ホンダ・CT125が東京モーターショー2019で世界初公開っ!

アップマフラーとガードパイプが目を引くCT125の車体

エアクリーナーボックスを左サイドカバー内に、エア吸気口をその後方上部に設置(キャリヤ付け根部)

さて、東京モーターショー2019で公開された「CT125」はスーパーカブシリーズの最新鋭マシン・スーパーカブC125をベースに、ハンターカブ系の最終モデル「CT110」をモチーフにアレンジしたマシンです。

2018年に登場したスーパーカブC125。空冷125ccエンジンを搭載(価格は40万7000円)

CT110は街中で見かける頻度も多い人気車ですが、じつはCT110が正式に国内販売されたのは1981年~1983年の間だけ。
海外向けとしては2000年代中盤まで生産され、逆輸入車も多く流通しているのです。
(ちなみに「ハンターカブ」=「CT」といイメージが定着していますが、「ハンターカブ」という車名が使われたのは1960年代初頭に日本で発売されたC105Hのみになります)

1981年〜1983年に販売されたCT110

オフロード色を強めたCT125の装備とデザイン

スーパーカブC125がベースとなってはいますが、レッグシールドの代わりに装備されるガードパイプや、ブロックパターンのタイヤ、アップタイプのマフラー、ブレースバー付きのオフロード車のようなハンドル、スポークホイールなど、専用のパーツで構成されており、もはやスーパーカブC125とは別物といえる存在感。
「オフロード色」を強調した装いで、現在販売されている「クロスカブ」シリーズとも異なる雰囲気を持っています。

東京モーターショー公開時は「コンセプトモデル」という紹介ですが、展示された車両の高い完成度を見れば、市販化はもう間もなくのはず!
スーパーカブC125の価格が40万7000円なのを考えると、価格は45万円前後での発売となるのではないでしょうか。

(まとめ●モーサイ編集部・上野 写真●山内潤也/ホンダ)

おすすめ記事

新型コロナウイルス対策のため、ドゥカティが3月に開催予定だったディーラーイベントを中止 Xフォーティーンにマルケス選手のレプリカモデルを設定 【バイク擬人化漫画】ニーゴーマン! 第2話:R25くんが片目をつむる訳【隔週更新】 【最新ウエアカタログ】カジュアルながらも快適性を追及 NANKAI・ソフトシェルオールシーズンジャケット KTMマルチショップ、U-MEDIA湘南が移転リニューアルオープン 不整地カブの全てが分かる?!「MCクラシック04号」2018年3月29日より発売中!
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

PAGE TOP