トピックス

【速報&詳細画像】ついに“ハンターカブ”が来たっ! ホンダ・CT125が東京モーターショー2019で世界初公開っ!

気軽なトレッキングバイクというコンセプトはそのままに、前後ディスクブレーキなど各部に現代的装備をまとい登場したCT125。カブシリーズの世界をさらに拡げる1台が、東京モーターショーにお目見えだ。

report●飯田康博 photo●山内潤也

スタイリングはまさにTシリーズ

アップマフラーとアンダーフレームが目を引く車体。
スーパーカブがデザインの基調を前から後ろに向かいS字に描いているのに対し、真っすぐなラインで力強さを表現しているのがCTのデザインの特徴だと言える。

1981年に国内市場にデビューし、生産終了後も高い人気を保っているCT110をフィーチャーしたモデル、「CT125」が世界初公開のコンセプトモデルとして登場する。

 → 東京モーターショーでお目見えするCT125の詳細画像は次ページで多数掲載!!

クランクケースカバーやヘッドカバーの形状から、エンジンはスーパーカブC125に搭載された排気量124㏄のJA48E系統のようで、車体も同様にC125がベースらしく、スイングアームにはタンデムステップ取付け用のボルト穴の痕跡も見てとれる。CTシリーズの特徴とも言えるアンダーフレームはボルトオンした形だ。

●多孔式デザインのヒートガードを装着したアップマフラー。音を気にしないコンセプトモデルのためか、マフラーエンドの位置はシートに近いように見える。

このほか前側が開いたデザインのシート、燃料タンクの溶接の繋ぎ目や、アップスタイルのマフラー、そして印象的な角型のウインカーなど、旧CTからデザインのキーを引き継いでいる。ステーがアクセントのフロントフェンダーはスチール製を採用。

過去のモデルのオマージュとも言える、無骨なデザインの前後の角型ウインカーはLED仕様のようだ。


アンダーフレームにはスキッドプレートを装備。車体後部へ向かう吸気ダクトや、サイドエアクリーナーなどもCT110に倣っている。

そして注目すべきは前後のディスクブレーキだろう。特にリヤのディスク化はカブシリーズでは初めての試み。ステップ周りはマスターシリンダーなど油圧系統を新設しながらも、カブシリーズの特徴的なリヤブレーキペダルの形状を保っているのも見逃せない。

●国内仕様のスーパーカブでは初採用となるリヤディスクブレーキ。

フロントブレーキはABS装備で、これも国内仕様のカブでは初。おそらく次期型C125も前後ディスクになるのではと思われる。今すぐにでも市販化を期待したいモデルだ。

 

他にも注目ポイントが目白押し!!

ロングライドでも快適性抜群のシート

シートは足着き性を考慮し、前部分が足を降ろしたときに当たらないよう工夫されたもの。形状からC125よりもタンクが大型化していることが予想される。

オフ走行前提のハンドルまわり

ハンドルはアップタイプで、ハンドルブレースも付いている。

積載性十分なリヤキャリヤが標準

フラットで頑強そうなリヤキャリヤ。積載性は申し分なさそうだ。キャリヤ左側にはエアクリーナーのインテークが。湿地や泥濘地を走行することを想定し、極力高い位置にインテークを持ってきたことが伺える。

ヘッドライトはオーソドックスな丸形

ヘッドライトはLEDタイプ。中央にラインが入ったここ最近のカブシリーズ共通の作りだ。

悪路走破を見越したステップ周り

ステップはオフロードタイプの形状で可倒式。ゴム付きだがゴムは簡単に取り外せるようになっているのだろう。

 

→ 次ベージ:CT125の各部詳細写真を多数紹介! じっくりご覧あれ!!

ページ:

1

2

おすすめ記事

【NEW ITEMS】KNOX TREKKER アライヘルメットがRX-7X用スポイラーを発売 レースなどの超高速域で効果を発揮! SPIDI、2018年春夏モデル・怒濤の入荷ラッシュ!!【レインウェア編】 【バイク擬人化漫画】ニーゴーマン! 第9話:人気の秘密はどこにある? レブル250君とニダボ君  風を切り裂くイメージを表現! オージーケーカブト「エアロブレード・ファイブ」の新カラー、ウインドが発売 リヤウインカーをよりスマートに!アクティブのナンバーサイドウインカーがコンパクト化
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

PAGE TOP