トピックス

【速報】アドベンチャーテイストのパワフルデザインスクーター、ADV150が東京モーターショー2019で公開!

コミューターの機能をアドベンチャーモデルの力強いデザインでまとめ上げたのがホンダ・ADV150。デザインエッセンスをX-ADVから受け継いだ市販予定車が発表された。
同モデルも東京モーターショー2019にて展示されるというから楽しみだ。

パワフルなデザインのマッシブスクーター、ADV150

PCX150をベースにした、アドベンチャースタイルのモデルがADV150だ。
タフでアクティブなイメージを投影したデザインはフロントカウルが特徴的。ウインドスクリーンは2段階調整式になっていて、ウインカーもPCXのビルトインタイプに対して、別体式へと改められている。

フロントのウインドスクリーンは2段階調整式。アドベンチャー要素が感じられる仕様だ。

またタイヤ、サスペンションも荒れた路面に対応するものに置き換えられているという。ハンドルは幅が広く、抑えが効く形状とされ、アドベンチャーモデルが多く採用し、強度もあるテーパータイプ。
メーターは別体式で、高めの位置に配され、ライダーの視線移動を少なくする作りになっている。スクエアなメーターケース形状はX-ADV譲りだと言える。

別体式メーターで、ベースモデルとはまるで違った印象になっているハンドル周り。

ペータル形状のディスクローターの装着や、高性能をイメージさせるリザーバータンク付きのリヤショックユニットなど、各部はファンモデル同様の作りだ。
 低燃費なeSPエンジンやスマートキーシステム、フロントカウルの小物入れやシート下トランク、アイドリングストップ機構など、ベースとなった優れたコミューターであるPCXの装備を引き継ぐことで、利便性や快適性はそのままとしながら、趣味の時間を共にできるファンバイクとして仕上げられている。

現在のところ、150ccの発表しかないが、原付二種モデルも期待したくなる機種だ。

前後方向に凝縮された印象のデザイン。フロントカウルは曲線のつながりよりも、角張ったラインで無骨さを演出する。マフラーカバーやウインカーなども角を強調し、タフネスさを演出している。フェンダーからのぞくリヤサスは、ADV150の魅力のひとつだ。

 

→ 次ベージ:ADV150の各部詳細写真を多数紹介! じっくりご覧あれ!!

◎次のページへ

1

2

おすすめ記事

【フロント19インチはオールラウンダーの証か否か? その1】大径だからオールラウンダーなのか? 100年前から使われていた? 知られざる「郵便バイク」の歴史 【NEWS】タナックスのイベント「第1回タナフェス WEST in ZERO-BASE」が開催を延期
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

PAGE TOP