カメラマン柴田のGB350日記#3「8年ぶりのバイク購入、決め手となったGBの魅力は」

GB350 GB350S
メディア向けの試乗会での一コマ。奥にあるのは7月に発売されるバリエーションモデル「GB350S」
GB350S ホンダ
インドの若い世代はネットで欧州発信のカスタム車の情報に夢中ということで、流行のスクランブラーテイストを加えたGB350S(インドでは「CB350RS」という車名)もバリエーション展開されます。日本での発売は7月
ハイネスCB350 ホンダ
インドで現地生産・現地販売される「ハイネスCB350」。GB350はこのモデルがベースとなっていますが、日本の熊本製作所で生産が行われます
ハイネスCB350 ホンダ
「ハイネスCB350」は前後フェンダーがメッキ仕上げだったりツートンカラーが用意されていたりなど、GB350と違いがあります
カワサキ Z900RSはスポーツネイキッドのZ900をベースとしたモデルなので、車体構成も現代のスポーツバイクそのもの。リヤサスペンションはモノショックで、前後のタイヤは17インチ
GB350 ホンダ
クラシックというよりスタンダードなデザインのGB350。実車を見ると、シンプルだけど本物感があって、長く付き合えそうな気持ちになりました
GB350 ホンダ
GB350のホイールベースはCB750フォアとほぼ同じ。いかにもバイクというシンプルなデザインですが、中身は2020年生まれの最新スペック。スイングアームピボットが外側に来るフレームはエンジンを大きく見せる効果もあるのだとか
GB350 ホンダ
GB350はアシストスリッパークラッチを装備。シフトダウン時の急激なエンジンブレーキを抑制してくれるほか、クラッチ操作荷重量も軽くなっています
GB350 ホンダ
クラシックなデザインですが、現代のバイクではマストアイテムとなっているABSに加え、その車速センサーを生かしたホンダセレクタブルトルクコントロール(トラクションコントロール)も装備されています
GB350 ホンダ タンク
タンク内の背骨部分になるメインフレームからステップに向かって左右に分割するポイントが前方にあり、よく見るとサイドカバーの前にその「下へ向かって伸びるフレーム」が見えます
デイトナからまたまたGB350のパーツが登場。このキャリアなら大型のバックも積めそう。自分は黒を選ぶけど、クロームメッキ版もあります。「クラシックキャリア」という商品名で、価格は2万2500円とのこと
この画像の記事ページへ
  1. レブル250ってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説します!【ホンダバイク資料室/Rebel 250】

  2. スーパーカブ C125、起伏がある坂道にも強い!レンタルバイクで日本の原風景を旅するなら『スーパーカブ C125』がピッタリだと思う【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Super Cub C125(2022)】

  3. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

  4. ただの味わい系バイクじゃない。 新型『HAWK 11 (ホーク 11)』に感じる大型バイクの新境地【HAWK 11に、乗る /試乗インプレ・ファーストレビュー 前編 】

  5. 日常から遠出まで~使い勝手を高めてGB350でツーリングを楽しもう

おすすめ記事

  1. レブル250ってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説します!【ホンダバイク資料室/Rebel 250】
  2. シート高を信じるな!? 身長165cmが伝授する「シートは低いのに足着きが悪いバイク」の見極め方
  3. ミャクミャク様ついに町に放たれる!!「 大阪・関西万博仕様のナンバープレート」交付開始から1ヶ月、SNSでも好意的な反応が
PAGE TOP