ヒストリー

ホンダVT250Fは「打倒2スト」を目指した250スーパースポーツだった【250の名車・ホンダVT系の歴史 前編】

2代目VT250F&VT250Z 高性能モデルからスタンダードモデルへの転換

1984年に登場した2代目VT250F。最高出力は40馬力/1万2500回転へとパワーアップ。

新機種の激しい開発が巻き起こった80年代に、1982/1983年と高セールスを記録したVT250Fは、1984年に早くもフルモデルチェンジ。
型式コードは「MC08」のままで、エンジンの基本構成は同様ながら、ピストン、コンロッド、動弁系などを見直し、新たにデジタル式フルトランジスタ点火、吸気デバイス・ハイイナーシャポートで吸気特性を向上。最高出力40ps/12500rpmで高性能に磨きをかけた。

角形パイプフレームを始めフレームマウントのカウルを採用するなどフォルムも一新した2代目は引き続き人気を獲得し、初代を上回る年間3万6186台の登録台数を記録している。

2代目VT250F。カウルは燃料タンクと一体デザインのボディマウント式に。燃料タンク容量は初代12L→14Lに拡大された。
2代目VT250F。フレーム、リヤサスペンションは新設計となったほか、リヤホイール径は初代18インチ→2代目17インチに。
2代目VT250F。1984年当時の新車価格は44万9000円。

しかしながら、VT250Fの立ち位置は、少しずつ初期のものとは異なっていく。セールス面での成功は続いたが、初代で開発目標とした「2ストに勝つ」が難しくなっていくのだ。

スズキは1983年にオールアルミフレームに革新的な水冷2サイクル並列ツインを搭載したRG250Γを投入。最高出力は45psで、乾燥重量130kg台という軽量さもあって、部品点数も重量もかさみがちな4サイクルのVT250Fでは太刀打ちできない状況になりつつあった。

ホンダはその点でも対応は早く、初代VT250F登場の翌年1983年に水冷2サイクル3気筒のMVX250F、1984年にはNS250R/F(水冷2サイクルV型2気筒)を投入しているのだが……(ただし、ホンダの2サイクル250での成功はNSRシリーズまで待たなくてはならない)。

1984年登場のVT250Z。当時の新車価格は42万9000円。

またこうしたVT250Fシリーズの路線変更を象徴するのが、ネイキッドモデルVT250Zの追加(1984年)だ。
丸型ヘッドライトにノンカウルの装備で価格も抑制した同モデルは、スポーツモデルより気軽なコミューター的用途も意識しており、セールスに貢献した。

1985年に発売された特別仕様車「VT250F(限定車)」。VT250シリーズの販売が累計10万台に達し、1982年〜1984年で3年連続ベストセラーとなったのを記念して発売された。インテグラにも同様に「ウイングスペシャルエディション」という特別仕様車が設定された。

VT250F(1984年)主要諸元

【エンジン・性能】
種類:水冷4サイクルV型2気筒DOHC4バルブ ボア×ストローク:60mm×44mm 総排気量:248cc 最高出力:40ps/1万2500rpm 最大トルク:2.3kgm/1万1000rpm 燃料タンク容量:14L 変速機:6段リターン

【寸法・重量】
全長:2015 全幅:730 全高:1155 ホイールベース:1385 シート高765(各mm) 車両重量167kg 乾燥重量:152kg タイヤサイズ:F100/90-16 R110/80-17


3代目VT250F 2ストレプリカ、クォーターマルチの陰で秘かに進化を続ける

1986年に登場した3代目VT250F。エンジンの改良のほか、フレームは新設計に。アンダーカウルが標準装備されるようになった。
3代目VT250F。1986年当時の新車価格は47万9000円。

性能進化、流行の目まぐるしい変遷を見せた80年代の国内2輪市場を象徴するのが2ストレーサーレプリカ開発競争だが、続いて4サイクルでも開発競争が加熱した。

ヤマハは当時の250クラス出力自主規制値いっぱいの45ps/14500rpmに届く水冷並列4気筒・FZ250フェーザー(1985年)を投入すると、4サイクルモデルでも各社が高性能路線で追随。
そしてホンダも水冷並列4気筒のCBR250F(1986年)に4スト高性能路線を担わせるのが鮮明になると、VTはより万能な立ち位置のモデルへと舵を切ることとなる。

とはいえ、VT250シリーズも性能進化を止めなかった。
そこがホンダらしいところだが、1986年にVT250Fはまたもフルモデルチェンジ(型式コードはMC15に)。
エンジンの全面的な見直しが行われ、吸排気効率の見直し、フリクションロスの低減を始めストローク0.1mmアップで249cc化(それまではストローク44mmで248ccだった)。シリーズ中最高となる43ps/12500rpmを発揮し、フレームも角パイプ製ツインチューブのダイヤモンドタイプへと変更された。
そうした意欲作ながら、初代、2代目ほどの高セールスとはならなかった。

バイクブームの渦中、女性ライダーを意識したカラーも登場

登場から約1ヵ月後に追加された3代目VT250Fの新車体色「パールカラー仕様」。パールホワイトをベースにピンクとグレーのラインが入るカウルを装備するほか、サイレンサーもシルバーとなっている。当時の新車価格は48万9000円。

従来型のエッジの立ったフォルムから、曲線基調の柔らかなフォルムを採用したこと、女性ニーズも意識した淡いパステルカラーの限定モデルも用意するなど、VT250は確実に万能車の路線へ舵を切ったのだ。
高性能路線を邁進していた当時の250cc市場ではVT250シリーズは影が薄くなり、1987年のマイナーチェンジモデルで「VT250F」の車名を持つモデルに終止符が打たれることとなった。

1987年に追加発売されたVT250Fダブルディスクブレーキ仕様。当時の新車価格は47万9000円。

VT250F(1986年)主要諸元

【エンジン・性能】
種類:水冷4サイクルV型2気筒DOHC4バルブ ボア×ストローク:60mm×44mm 総排気量:248cc 最高出力:43ps/1万2500rpm 最大トルク:2.5kgm/1万500rpm 燃料タンク容量:13L 変速機:6段リターン

【寸法・重量】
全長:2030 全幅:715 全高:1140 ホイールベース:1370 シート高745(各mm) 車両重量161kg 乾燥重量:146kg タイヤサイズ:F100/90-16 R120/80-17

レポート●阪本一史 写真●『モーターサイクリスト1982年8月号』/ホンダ 編集●モーサイ編集部・上野

◎次のページへ
1

2

おすすめ記事

ドラレコとタブレットが一体となった新製品のクラウドファンディングを実施中 クルマより少ない面積をどう彩るか? イタシャならぬ「イタンシャ」という新世界 「気分はスーパーバイクチャンピオン!」アライRX-7Xにジョナサン・レイ選手のレプリカモデルが登場
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

  1. BMW R18
PAGE TOP