VT250F

  1. VT250

    「スーパースポーツVT250FからフレンドリーなVTRへ」20年振りに乗って考えた、ホンダVT系の変わりゆく位置づけ

    「4ストで2ストに勝つ」という目標を掲げ、新開発の250cc水冷V型2気筒DOHC4バルブエンジンを搭載し、1982年に登場したホンダVT250F。1982年6月の発売だったが、年間(実質7ヵ月)で3万台以上が売れる大ヒットモデルとなった…

  2. VTR 1998

    35年現役を続けた名機VT系エンジン、VTZ250からVTRまで【250の名車・ホンダVT系の歴史 後編】

    スーパースポーツからの転身、低価格・実用車路線を模索した「VTZ250」VT250Zの後継…

  3. ホンダVT250Fは「打倒2スト」を目指した250スーパースポーツだった【250の名車・ホンダVT系の歴史 前編】

    1982年に登場したVT250Fから始まり、2017年に生産終了となったVTRに至るまで、俗に「ホ…

  4. 40年以上使われ続ける!? 基本設計の優れた国産長寿エンジン5機【エンジンで振り返る日本車の歴史 その2】

    昨今では必ずしもそうとは言い切れないものの、一昔前の2輪用エンジンの寿命は、数年~10年が一般的だっ…

注目記事

BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

  1. CB500Four
PAGE TOP