ツーリング

今日はバイクで定時退勤! そのまま工場夜景の「ナイトツーリング」へ 全国オススメ工場夜景8選

サラリーマンライダーの悩みは「なかなかツーリングに出掛けられないこと」ではないでしょうか。休日は休日で家族とも過ごしたいし、体も休めたいし……と。
そこで、当記事でオススメしたいのが「平日ナイトツーリング」。
コロナ禍でバイク通勤が見直されている今、平日の仕事帰りにバイクを楽しんじゃいましょう、というものです。

そして、夜ならではの楽しみといえば美しい夜景!
全国津々浦々に夜景の名所は数ありますが、なかでも「ナイトツーリング」にピッタリなのが「工場夜景」です。
工場地帯のメカニカルな構造物が輝く様子は、きっとバイク好きならハマってしまうはず。

というわけで、ここからは全国のバイクで行けるオススメ工場夜景スポット8箇所を紹介していきます。

北海道室蘭市 ICから約30分、「鉄のまち」を彩る地上の宝石 

室蘭市・測量山展望台からの眺め。

鉄鋼業が盛んで、「鉄のまち」として古くから国内の産業を支えてきた室蘭港周辺。
港を囲む工場群、さらにその外周をぐるりと囲む市街地の明かりという二重夜景が楽しめます。

オススメは道央自動車道・室蘭ICから約30分の「測量山展望台」からの眺望。
山道(舗装路)を通ってアクセスする必要があるので、路面が凍結する冬期は避けておいた方がいいでしょう。

千葉県市原市 アクアラインで首都圏オフィス街からもアクセス良好

市原市・養老川臨海公園横の道路からの眺め。

都内勤務のバイク乗りが「よりみち帰宅」をするのに最適なのが千葉県の市原市。国内最大規模の石油コンビナートが臨海部にひろがり、映画『ブレードランナー』の一幕のような光景を目にすることができるのです!

オススメのウォッチングスポットは養老川臨海公園。無料の駐車場があり、夜景とあわせて公園散策も楽しむこともできますよ。

神奈川県川崎市 青白い光はファイナルファンタジーVIIのミッドガルみたい!?

昭和電工のプラント、別名ホワイトキャッスル。市営埠頭バス停(神奈川県川崎市川崎区千鳥町12)付近から眺めることができます。

製鉄所、石油化学工業など多様な工場が密集する川崎市。
なかでも白く輝く昭和電工のプラントは工場夜景愛好家から「ホワイトキャッスル」と呼ばれて高い人気を集めています。

地上50mから工場地帯を一望できる「川崎マリエン室内展望台」からの眺望は日本夜景遺産の1つにも選ばれており、なんと無料で入場することができるうえ、無料のバイク駐車場も完備といういたれりつくせりなスポット。
首都圏近郊に住んでいるなら、行かない手はない!?

ほかにも、首都高速湾岸線・湾岸東扇島ICからバイクで約10分の「市営埠頭バス停付近」もお薦めのウォッチングスポット。
線路と工場夜景という新鮮なコラボが楽しめます。

市民コミュニティー施設・川崎マリエン(神奈川県川崎市川崎区東扇島38−1)は9時〜21時の営業。
首都高速川崎線からの眺め。高速道路(厳密に言うと「首都高」は高速道路ではないんですけど……)を走行しながら夜景を楽しむことのできる貴重なスポットですが、夜景に気を取られて事故を起こさないよう注意してくださいね。

三重県・四日市市 夜にもかかわらずカラフルな光景に引き込まれる 

霞ヶ浦緑地(三重県四日市市羽津霞ヶ浦緑地)から四日市ドームを眺めた景色。公園になっているので夜間でも程よい明かりがあり、駐車場もあります。

日本三大工業地帯である中京工業地帯に属し、石油化学工業を中心に多くの工場群を有する四日市市。
大型工場地帯ならではのスケール感もさることながら、工場夜景だけでなく周辺の倉庫エリアでは不思議な光景を楽しむこともできます。

石原産業四日市工場を対岸から眺めた景色。
石原産業四日市工場の付近ではカラフルなドラム缶が積み上げられたスポットなど、不思議な光景にも出会えます。
暗くなってから見ると、普通の倉庫も迫力満点。異世界に引き込まれそうな雰囲気です。

大阪府堺市/高石市 巨大な工場密集地帯だけに複数スポットをハシゴ可能

大阪府堺市の「浜寺泊」。高石の工場群を対岸から眺めた景色です。

大阪府堺市と高石市にまたがる堺・泉北工業地域は大規模なプラントが一箇所に密集しているので、様々な工場夜景をハシゴして堪能することのできる「お得」な場所です。

市道高砂1号線の道路脇から、至近距離でじっくり見ることができる工場群。阪神高速4号湾岸線浜寺ICまたは高石ICを降りてすぐ。
大阪府堺市・浜寺泊付近の眺め。

オススメは堺市の築港新町3丁目周辺。
ここでは石油プラント群を至近距離から鑑賞することができ、巨大な石油タンクが夜闇にぼんやりと照らし出される様子はまるでSF映画の中に入り込んだかのようです。

兵庫県尼崎市 配管のうねりを間近に見られる貴重な工場群

ここまで紹介してきたように、展望台や対岸から眺める工場夜景はある意味「定番」。

ですが、兵庫県尼崎市には工場施設にギリギリまで迫れるスポットがあります。段ボールや包装紙などを製造する製紙企業・レンゴーの尼崎工場は、張り巡らされた配管や貯蔵タンク、煙突などを至近距離で見ることができるんです!
メカ好きにはたまらない光景ではないでしょうか。

尼崎市・レンゴー尼崎工場。工場を横切るように歩道橋があり、配管やタンクなど工場らしい設備が目の前に!
名神高速道路高速西宮ICから約8分、尼崎市・関西熱化学の工場も施設を間近に見られるスポット。オレンジ系の光が特徴的な工場です。

山口県周南市 水面にゆらゆらと輝く石油コンビナートの明かり

周南市・晴海親水公園からの眺め。公園には駐車場もあります。

官民が連携して工場夜景を中心とした「夜型観光」の推進に取り組んでいる周南市。
そんな市の観光担当によるオススメスポットが、徳山港に面したロケーション抜群の「晴海親水公園」。

対岸にトクヤマ徳山製造所、日本ゼオン徳山工場など石油関連企業のプラントやクレーンを望み、淡い色のライトが水面に写ってゆらゆらと揺れる様子はメルヘン度高め。

周南市西部に位置する「福川漁港」も絶好の夜景スポット。周南大橋のアーチと、奥に広がる工場夜景というコラボレーションを楽しむことができます。

福岡県・北九州市 鉄工所の白煙と照明のが幻想的

北側は日本海、東側は瀬戸内海に面する北九州市は、世界文化遺産に認定されている「官営八幡製鐵所(かんえいやはたせいてつじょ)関連施設」を有するなど、古くから鉄鋼産業の要衝とされてきました。

現在も製鉄関連企業の工場が多数あるほか、三菱ケミカルなど化学関連企業の工場も。
オススメは城山の山頂にある城山緑地公園(標高63メートル)からの眺め。
三菱ケミカルの赤白煙突から吹き上がる煙は刻一刻とその形を変え、ぼんやり見ているうちに日常の喧騒から離れることができます。

北九州市・城山緑地公園からの眺め。洞海湾に映り込む明かりもまた幻想的! 公園には駐車場もあります。
標高124m・高塔山の山頂にある北九州市・高塔山公園(駐車場あり)。展望台からは真正面にライトアップされた若戸大橋、その奥に製鉄所を中心とした工場夜景を臨むことができます。

いかがだったでしょうか?
自身の生活拠点近くのスポットがあれば、一度足を運んでみてください。
まだまだ残暑が厳しい季節ですが、「ナイトツーリング」なら暑さもしのげますよ!

なお、公園施設や展望施設以外の鑑賞スポットは路上や私有地となるので、訪問する際は周辺の交通や工場の稼働の妨げにならないよう配慮をお願いします。
また、キレイな夜景を見つけて停車する場合などは、自身の安全をしっかり確認しつつ工場夜景を楽しんでくださいね。

まとめ●モーサイ編集部・中牟田歩実 写真●八重洲出版『モーターサイクリスト2020年2月号』/岩崎竜太

おすすめ記事

バイク王&カンパニー主催!! 親子で楽しむツーリング 「つるの剛士参加! パパツー日帰りキャンプ」 シングルレイヤーでも高い安全性を確保! オックスフォード・アーマライトジーンズ V4ルックに伝統のLツイン!? ドゥカティ・パニガーレV2とはどんなバイクなのか【試乗インプレッション】
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

PAGE TOP