トピックス

世界的にも貴重なロングセラー車 ヤマハSR400が「2019日本自動車殿堂歴史遺産車」入り

SR400

特定非営利活動法人・日本自動車殿堂は、「自動車産業そして自動車交通および自動車文化の発展に貢献した歴史に残すべき自動車」として11月8日(金)「2019日本自動車殿堂歴史遺産車」を発表。11月15日(金)に表彰式が行われた。

2度の生産中止を乗り越え、40年以上の歴史を繋ぐSR400

2019年自動車殿堂歴史遺産車は4台で、そのうちの1台にはヤマハスポーツSR400が選ばれた。途中、排ガス規制の強化により2度生産中止という危機があったものの、1978年からエンジン、車体、デザインを変えることなく販売されるロングセラーマシンとなっている点が評価された。

「世界的に見ても貴重なロングセラーバイクだと思います。今日、ライダーの年齢層は中高年の方が多いものの、20代から年配の方までさまざまな世代に支持していただいているのも特徴です。
現在、SR400は生産ラインでの組み立てではなく、二人で手組みで作る形へと変遷していますが、これからもヤマハとしてSR400を引き続き育てていきたいと思います」
と、表彰状とトロフィーを受け取ったヤマハ発動機広報グループリーダーの壬生 貴さんは語った。

自動車殿堂歴史遺産車

●各社を代表し2019年自動車殿堂歴史遺産車の表彰状とトロフィーを受け取った4名。左から、三菱自動車 広報部部長・小池尚子さん、いすゞ自動車 常務執行役員・山本悦夫さん、ヤマハ発動機 広報グループリーダー・壬生 貴さん、マツダ ロードスターアンバサダー山本修弘さん。

 

なお、ほか2019年自動車殿堂歴史遺産車の3台は、欧州車を手本に試行錯誤のなか造り上げられた日本で最初の乗用車・三菱A型(三菱甲型)、ディーゼル小型トラックの先駆者となったいすゞエルフTL151型、世界で最も売れているオープンカーとしてギネス記録を更新し続けているマツダ/ユーノス ロードスターが選出されている。

自動車殿堂歴史遺産車

(レポート&写真●モーサイ編集部・上野)

 

CONTACT

問い合わせ先特定非営利活動法人・日本自動車殿堂
URLhttp://www.jahfa.jp/

 

あわせて読みたい記事はこちら!!

おすすめ記事

意外な企業がつながっていた!? クルマと同名のバイク【カワサキ-いすゞ編】 S1000XR 試乗レポート BMW 新型S1000XR「スーパースポーツ直系の超速4気筒アドベンチャー」 【おとなの信州探訪】街を起点に自然と文化を楽しむ「松本」:後編 【NEW MODELS】 KAWASAKI Z900RS CAFE 19年モデルが登場! 実はこんなに簡単!? 素材別、革ブーツのメンテ道 【編集部さとうのVITPILEN 701日記】12rpm(最終回):VITPILEN 701は長距離移動もラクラクか? 信州1泊2日ロングツーリング:2日目
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

PAGE TOP