トピックス

世界的にも貴重なロングセラー車 ヤマハSR400が「2019日本自動車殿堂歴史遺産車」入り

SR400

特定非営利活動法人・日本自動車殿堂は、「自動車産業そして自動車交通および自動車文化の発展に貢献した歴史に残すべき自動車」として11月8日(金)「2019日本自動車殿堂歴史遺産車」を発表。11月15日(金)に表彰式が行われた。

2度の生産中止を乗り越え、40年以上の歴史を繋ぐSR400

2019年自動車殿堂歴史遺産車は4台で、そのうちの1台にはヤマハスポーツSR400が選ばれた。途中、排ガス規制の強化により2度生産中止という危機があったものの、1978年からエンジン、車体、デザインを変えることなく販売されるロングセラーマシンとなっている点が評価された。

「世界的に見ても貴重なロングセラーバイクだと思います。今日、ライダーの年齢層は中高年の方が多いものの、20代から年配の方までさまざまな世代に支持していただいているのも特徴です。
現在、SR400は生産ラインでの組み立てではなく、二人で手組みで作る形へと変遷していますが、これからもヤマハとしてSR400を引き続き育てていきたいと思います」
と、表彰状とトロフィーを受け取ったヤマハ発動機広報グループリーダーの壬生 貴さんは語った。

自動車殿堂歴史遺産車

●各社を代表し2019年自動車殿堂歴史遺産車の表彰状とトロフィーを受け取った4名。左から、三菱自動車 広報部部長・小池尚子さん、いすゞ自動車 常務執行役員・山本悦夫さん、ヤマハ発動機 広報グループリーダー・壬生 貴さん、マツダ ロードスターアンバサダー山本修弘さん。

 

なお、ほか2019年自動車殿堂歴史遺産車の3台は、欧州車を手本に試行錯誤のなか造り上げられた日本で最初の乗用車・三菱A型(三菱甲型)、ディーゼル小型トラックの先駆者となったいすゞエルフTL151型、世界で最も売れているオープンカーとしてギネス記録を更新し続けているマツダ/ユーノス ロードスターが選出されている。

自動車殿堂歴史遺産車

(レポート&写真●モーサイ編集部・上野)

 

CONTACT

問い合わせ先特定非営利活動法人・日本自動車殿堂
URLhttp://www.jahfa.jp/

 

あわせて読みたい記事はこちら!!

関連記事

  1. YAMAHA NIKENシリーズ[完全ファイル]撮影秘話!? 絶…
  2. 最新油冷の250ccモデル ジクサーSF 250/ジクサー250…
  3. ホンダが新型軽バン「N-VAN」発売
  4. Z H2が2020年初夏、Ninja ZX-25Rが2020年秋…
  5. 【NEWS】ヤマハのMT-10 SPやTMAX、 XMAXがデザ…
  6. アライヘルメットの新井理夫氏がFIMゴールドメダルを受賞
  7. 【NEW MODEL】MOTO GUZZI V7Ⅲ CARB…
  8. 【NEWS】ハーレーダビッドソンが認定レンタルバイクを開始

おすすめ記事

VZラムに中須賀選手のレプリカモデルが登場 【NEW ITEM】SP TADAO POWER BOX FULL“SS” アプリリアRSV輸入開始20周年を記念したイベントを開催 【NEW MODEL】HONDA FORZA 匿名係長 第1回 BMW R1200GS(空冷最終型)の巻 【ライダーおすすめ宿】カイザーベルク御宿・月の砂漠
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

  1. CBR250RR
  1. CBR250RR
PAGE TOP