新車

ザッパー大好きライダーが検証! 最新カワサキZ650にも「ザッパー度」はあるのか?

Z650の公道評価「ワインディング○、快適性○、ブレーキ△」

最新Z650に乗って一番驚いたのは、たとえば細い道をいろいろ探索してみたいような場合、取り回しの軽さと抜群のハンドル切れ角でまったく不安がないところです。
リッタークラスの大排気量バイクに慣れた方なら、400cc?いや250cc並みの感覚で接することができるでしょう。
混みいった温泉街に迷い込んでUターンを繰り返すような場面でもお気楽そのものでした。

また、シートは適度な硬さがあってお尻が痛くなりにくかったのもよかった。
シート先端は細くなっており、足着きは良好。一方シート後方は座面が広いので、コーナーで荷重をかけたり高速道路で姿勢を低くしたいときに都合がよく、乗り方の自由度がかなり高いのです。

シートは前後分割式。モデルチェンジの際にシートも改良されており、ライダーの着座位置が前寄りになったほか、タンデムシートは厚みを増して快適性が高められた。

快適性という面では、メーターバイザーに適度な高さがあるおかげか、ネイキッドモデルですが走行風が適度に整流されている点もGOOD。うっかりハイペースで高速を走って、タンクバッグをすっ飛ばしてしまう可能性は低いかと。

大人しくも走れるし、いざという時(!?)には十分以上の速さもある、そんなキャラクターのバイクのようですね。

なので、コーナーもいいペースで走れます。
自分で試してみたところ、大げさなハングオンやリーンアウトよりも軽くニーグリップしてリーンウイズで曲がるとシックリくる。

一方、気になったの点はリヤブレーキのABSの作動。割と介入が早いのと、「作動感」が少々わずらわしく感じました。
ブレーキの効きをほんの少し甘くして、もう少し踏み込んだところでABS作動開始としてほしいのと、作動を伝える「ガクガク感」をおとなしめにしてほしい気がしました。

ちなみに、燃費はとても良しです。高速・ワインディングを快走したうえで、実測リッター21.8km。しかも燃料はレギュラーです。

メーターは4.3インチのフルカラー液晶。中央にバーグラフ式回転計、右に速度計、左に燃料計とギヤポジションという表示内容。背景色を白か黒の2パターン選べるほか、自動調光機能も付いている。

結論「最新Z650にザッパー度はあった!」

とはいえ「限界性能」もやはり気になってしまい、後日、テストコースで全開テストを実施。公道走行と変わらないスタイル──タンクバッグを付けたままで、極端に伏せることなく──という自分なりの「シバリ」を設けてみたものの、メーター読みで182km/hほどをマーク。
メーター誤差が10%程度あるとして、およそ160km/h前後でしょうか。
軽量で細い車体ではありますが、その速度域でもしっかり安定していて不安はありませんでした。充分以上のエンジン性能だと思います。

持て余すほど重いバイクを所有してストレスを抱えるくらいなら、扱いきれない速さを不要と思うのなら、新生Z650は充分な速さと旧Z650……ザッパーを遥かに越えた軽快さ&実用域において、ジキルとハイドのような両面を持ち合わせているように感じられます。

そうした観点で見ると、当初は「温厚なバイクだなぁ」という印象でしたが、思いのほか「ザッパー度は高い」と言えるかもしれません。
荷物の積載がより気軽にできるようになれば、買って損は無いバイクだと思った次第です。

車体色は写真の「メタリックスパークブラック」1色のみの設定。

カワサキZ650(2020年モデル)諸元

【エンジン・性能】種類:水冷4サイクル並列2気筒DOHC4バルブ ボア×ストローク:83.0×60.0mm 圧縮比:10.8 総排気量:649cc 最高出力:50kW<68ps>/8000rpm 最大トルク:63Nm<6.4kgm>/6700rpm 燃料タンク容量:15L 変速機:6段リターン

【寸法・重量】全長:2055 全幅:765 全高:1065 ホイールベース:1410 シート高:790(各mm) 車両重量:189kg タイヤサイズ:F120/70ZR17 R160/60ZR17

【価格】84万7000円(税込)

Z650オーナーとなるなら、悩み所は積載性か

タンデムシート周辺にグラブレールや荷掛けフックが無く、リヤシートも狭いというのは、Z650に限らず昨今のバイクでよくあるハナシ。
その点に若干の不満も無くはありませんが、「あるもの」に気付いてしまいました。

リヤシート下の収納スペース。ETC2.0は標準装備。

タンデムシート裏側に存在する丸い樹脂カバーです。
おそらく純正オプションで用意されているパニアケースを装着するステーを取付けるためなのでしょう、カバーを外すと穴があり、リヤフレーム下にある雌ネジが見えるではありませんか!

テールカウル裏側には、左右あわせて計4個の丸い樹脂カバーが。赤い矢印の先はカバーを開けた状態で、中にフレーム同色の緑色の雌ネジがあるのだ。

ははぁ、ここにパイプ状でネジが貫通するシャフトを付け、それに曲げたレールを溶接すれば初代ザッパーみたいなサイドレールが作れなくもないな(ニヤリ)と、イジリ好きな私といたしましては妄想をたくましくしてしまいました。

また、タンデムシート自体もスペース的な余裕はあまり無いようなので、サイドレールから派生させてキャリアを作ってみるのもアリでは……と引き続き妄想。
でも、もう社外カスタムパーツでいいキャリヤもあるのかな!?

試乗レポート●小見哲彦 写真●小見哲彦/カワサキ/八重洲出版 編集●上野茂岐

◎次のページへ
1

2

おすすめ記事

【NEW ITEM】Alpinestars FASTER3 DRYSTAR SHOE 【’80sカワサキZの魅力】そしてライムグリーンは伝説となった(後編) スーパーカブにZ1、CBなど、世界に誇る日本の名作エンジン5機【エンジンで振り返る日本車の歴史 その1】
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

PAGE TOP