ザッパー大好きライダーが検証! 最新カワサキZ650にも「ザッパー度」はあるのか?

ザッパー Z650 B1
1976年に発売されたZ650(B1)。エンジンは排気量652ccの空冷4サイクル並列4気筒DOHC2バルブで、最高出力は64馬力
カワサキ Z650 2020年モデル
2020年発売のZ650(2020年モデル)。エンジンは排気量649ccの水冷4サイクル並列2気筒DOHC4バルブで、最高出力は68馬力
1978年にはマイナーチェンジが行われB2に。フロントブレーキキャリパーの位置がフォーク後方になったほか、キャブレターやジェネレーターが改良された
カワサキ Z650 2020年モデル
2017年モデルより「Z650」の車名が復活、2020年モデルでモデルチェンジが行われ、デザインの刷新、エンジンの熟成、スマホ連動機能の搭載などの改良が行われた
Z650 フレーム
フレームは高張力鋼のトレリスフレーム。フロントサスペンションはインナーチューブ径41mmの正立フォークで、リヤサスペンションはリンク式のモノショック
Z650 エンジン
エンジンは649ccの水冷4サイクル並列2気筒DOHC4バルブ。アシスト&スリッパークラッチも搭載されている
Z650 マフラー
マスの集中化のため、車体中央部にマウントされるマフラー
Z650 フロントホイール
フロントブレーキは300mm径ダブルディスク。フロント・リヤともABSを標準装備
Z650 リヤホイール
リヤブレーキは220mm径シングルディスク。前後ともにブレーキキャリパーはニッシン製
Z650 タイヤ
モデルチェンジと同時に標準装着タイヤも改められ、スポーツ系タイヤのダンロップ・ロードスポーツ2となった
Z650 リヤサスペンション
リヤサスペンションはリンク式モノショックで、プリロードを7段階に調整可能
Z650 メーター
メーターは4.3インチのフルカラー液晶。中央にバーグラフ式回転計、右に速度計、左に燃料計とギヤポジションという表示内容
Z650 シート
モデルチェンジの際にシートも改良されており、ライダーの着座位置が前寄りになったほか、タンデムシートは厚みを増して快適性が高められた
Z650 シート下
リヤシート下の収納スペース。ETC2.0は標準装備
Z650 テールランプ
LEDのテールライトは「Z」のパターンに輝く!
Z650 ライディングポジション
Z650のライディングポジション。ライダーの身長160cm台後半
Z650 足着き
Z650の足着き。ライダーの身長160cm台後半
この画像の記事ページへ

カテゴリー記事一覧

  1. BMW R18

おすすめ記事

  1. 青山剛昌先生は乗り物好き!? 『名探偵コナン』に登場するバイクがすごいリアルなので、モチーフ車を探してみた
  2. 【バイク擬人化漫画】ニーゴーマン! 第18話:カラダが自慢!! ホーネット君【隔週連載】
  3. 【試乗速報!】BMW史上最大の排気量、1802ccのクルーザー「R18」は巨体に見合わぬ走りが楽しめる BMW R18
PAGE TOP