用品・グッズ

一度使ったら手放せない!!  快適ツーリング必須アイテム デジタルガジェット編

持っておけば困らない!

近年、電気機器の進化は目まぐるしい。どの製品も軽量コンパクトになり、なんの不自由もなく持ち運ぶことができる。
扱いやすく、大変便利なため重宝しているライダーも多くいるだろう。

緊急時に必須なアイテム、ツーリングを楽にしてくれるアイテムを、前回のツーリング用品編に引き続き紹介していこう。今回はデジタルガジェット編だ。

これはぜひ持っていきたいデジタルガジェット・もくじ

 

 

オススメその1 空気を入れるだけじゃない!? スマホの充電まで対応可能なエアーポンプ

NANKAI NP-D25 モバイルエアーポンプ

価格:1万260円 サイズ:H190×W43×D88(各㎜) 重量:440g バッテリー容量:2000mAh
最大圧力:825kPa/8.40㎏/㎠/120psi/8.25bar USB出力:5V2A

問い合わせ 南海部品
TEL 06-6344-1581 http://www.nankaibuhin.co.jp

エア管理が手軽に、かつどこでも可能に

サーキット走行時や普段の街乗り、ツーリングで、自身の乗り方やシチュエーションに合わせタイヤの空気圧を変えるライダーは少なからずいるだろう。
特に高速道路では、適正空気圧より1割程度上が好ましいと言われているように、走り方・使い方に合わせ空気圧を上下させることは安全面でも重要だ。
モバイルエアーポンプはそれらを身近なものにし、またモバイルバッテリーとしての一面も併せ持つ製品である。
NANKAI モバイルエアーポンプは、psi、bar、kPa、㎏/㎠という4つの単位で空気圧を指定でき、内蔵バッテリーにより自動的にエアーを注入することが可能という、ツーリング先でのエア充填に最適なアイテム。
エアーの注入以外にも様々な機能があるので、自身に最適な機能を持つものを選ぶといいだろう。

 

●ライトやSOSシグナル機能、モバイルバッテリー機能も持つので、ツーリング中に1台あるといざというときに役立つはずだ

 

 

エンジン始動にも対応

MIDLAND エナジャンプ ミニ

価格:1万800円

問い合わせ LINKS
TEL 075-708-2362 http://midlandradio.jp

あると“もしも”のときに安心

スマートフォンをナビ代わりに使用しているライダーや、フォグランプ等の後付け光源を使用しているライダーにはバイクのバッテリーあがりは身近なトラブルだ。
ツーリング先で不注意からバッテリーあがりを起こしてしまった際に、専用ケーブルを使うことでバイクの始動も可能なモバイルバッテリーを持っていれば非常に助かるのは間違いない。
ナビやドライブレコーダー、ETC車載器など電源を必要とするアイテムが多いライダーなら、急なバッテリー上がり対策としてひとつ持っておくと安心だ。

 

●本体サイズは、長さ170㎜×高さ81㎜×厚さ17㎜とコンパクト。本体には夜間作業で重宝する高輝度LEDライトも内蔵している

●容量は6000mAhで、バイクだけでなく3ℓクラスのガソリン四輪車なども3~4回の始動が可能。もちろん、一般的なモバイルバッテリーとしても使用できる

 

 

オススメその3 遠くの仲間ともつながれる安心感 もはや定番アイテムのインカム

デジタルガジェットの進化でツーリングが格段に快適に

10年ほど前まではツーリングに地図を持って行くのは当たり前だったし、走行中の通話も簡単ではなかった。しかし今は、スマートフォンのナビ機能を使えば目的地まで案内してくれ、インカムの登場で連絡も簡単に取れるようになった。このように最新のデジタルガジェットを使えば、ツーリングの負担を軽減できるのだ。

 

MIDLAND BT ネクストプロ Hi-Fi

価格:3万2184円(シングルパック)、6万2424円(ツインパック)

問い合わせ LINKS
TEL 075-708-2362 http://midlandradio.jp

●ナビの音声案内などを仲間と共有できる、ミッドランドの最高峰インカム。注目は、専用アプリと別売りのBTTボタンを使うことで実現する、スマホのデータ通信を使った距離・人数無制限の通話機能、BTトーク。これらを活用すれば、マスツーリング時の道案内などが簡単にできる

●BTトークアプリでは、自分と通話する相手の位置を地図上で確認することが可能。なお、BTトークを使用するにはアプリを事前に起動しておく必要がある

●BTトークに必要なのが、ハンドルなどに装着するワイヤレスPTTキット、BTTボタン(7560円)。このボタンを押すことでトランシーバーのように自分の音声を送信できる

●BTトークは、スマホアプリを介したトランシーバー方式の通話機能。BTプロシリーズのインカムとアプリ入りスマホ、BTTボタンの組み合わせで利用可能となる

 

 

パッセンジャーも楽しいリーズナブルインターコム

DAYTONA クールロボイージートーク3

価格:1万5120円(1個セット)、2万8080円(2個セット) 通信距離:約200m
最大通話時間:12時間 防水性能:IP67相当

問い合わせ デイトナ
TEL 0120-60-4955 https://www.daytona.co.jp

●クールロボ イージートークシリーズはデイトナの扱うインカムで、短距離の2人通信やタンデムユースに特化したモデル。ウインドリダクションやノイズキャンセリング機能を搭載しており、クリアな音質で会話できる

●付属品にはヘルメットの形状に合わせ使用できる2種類のマイクが入っている

いかがだっただろうか?
次回は、愛車を更に快適にするアイテムを特集する予定だ。
どうぞお楽しみに!!

あわせて読みたいオススメ記事はこちら!

 

アバター

モーサイ編集部

投稿者の記事一覧

1951年創刊のモーターサイクル専門誌。新車情報はもちろん、全国のツーリングライダーへ向けた旬な情報をお届けしています!

モーターサイクリストは毎月1日発売!

関連記事

  1. 【アイテム選びで旅をもっと快適に:その4】"透湿防水性"に優れた…
  2. 【自分と相棒との夢空間を獲得!】バイク保管のすすめ
  3. 旅にも合う「YOSHIMURA Slip-Onマフラー」
  4. 【NEW ITEMS】YAMAHA BIKINI COWL
  5. 【NEW ITEM】BEAMSよりZ900RS、Ninja250…
  6. 【CLOSE UP!】ARAI XD
  7. 【NEW ITEMS】DAYTONA 2STYLE GRIP D…
  8. 【NEW ITEMS】FIVE WFX MAX WP Outd…

旅に出よう!

おすすめ記事

【NEW ITEMS】オージーケーカブト EXCEED DELIEに新色が追加 【NEW MODEL】YAMAHA MAJESTY S XC155 【遙かなるグランプリへ4】ホンダに続け! 偶然の出会いが生んだスズキ・マン島TT挑戦史(後編) なにを鳴らしてみる? 置いたものをスピーカーに変えるアイテムが登場! 【EVENT】鈴鹿サーキットで夏休み特別企画、「親子でエコ研究」を開催 GoProが最新モデル「HERO8 Black」と「Max」を発表 TRIUMPH ストリート系2モデルがさらに進化! 【NEW MODELS】KAWASAKI Ninja1000 グリーン復活 じつは初代スーパーカブの同窓生!? 昭和33年生まれのヒット商品を集めてみた!! ヤマハの三輪モビリティ、トリタウンの実証実験を高山市で実施
BIKE王

ピックアップ記事

カテゴリー記事一覧

PAGE TOP