ヒストリー

いま見ても衝撃のスタイル! 2000年代に登場した唯一無二のスーパースポーツ、KTM 1190 RC8を解説!

KTM
1190 RC8/R

KTMがトップレンジ・カテゴリーを担う一台として、またレースへの対応も考えて開発・発売した同社初のスーパースポーツがRC8シリーズである。
大胆かつ魅惑的なデザインと高性能により競合車多きSS市場で存在感を示している。

文●野口眞一 写真●岡 拓

※本記事は別冊Motorcyclist2010年8月号に掲載されていたものを再編集しています。

 

WSB参戦も視野に入れて生み出されたKTM初のスーパースポーツモデル

車両概要

かつてはロードスポーツも製作し、ロードレースにも参戦した歴史を持つオーストリアの二輪メーカーKTMは、’60年代半ば以降、エンデューロレースやモトクロスで世界に名を馳せ、日本でもポテンシャルの高いオフロードマシンを製作するメーカーとして認知されてきた。
そんなKTMが、フルラインメーカーを目指して商品ラインアップの充実を図り、また、スーパーバイク世界選手権=WSBへの挑戦も視野に入れて生み出したのが1190RC8/RC8Rである。

●1190 RC8

’03年にプロトタイプが発表されてから約5年後の’08年春にRC8が発売され、その1年後にハイグレードバージョンのRC8R(排気量が45cc拡大され、前後ホイールやサスペンションなど足まわりの仕様も異なる)が登場、現在に至る。
’10年型は基本的な造りやスペックを踏襲しつつ細部のリファインが行われている。

●1190 RC8R

また’10年型で、RC8ベースのアクラポヴィック・レプリカ、RC8Rベースのレッドブル・レプリカ(いずれも限定車で日本には各10台入荷)も加えられた。
車体色はSTDのRC8がオレンジ、RC8Rがブラック(限定車は各専用色)。
価格はRC8が207万9000円(限定車は214万2000円)で、RC8Rが241万5000円(限定車は262万5000円)である。

RC8●オレンジ

RC8●アクラポヴィック レプリカ

RC8R●ブラック

RC8R●レッドブル レースレプリカ

 

→次ページ:KTM 1190RC8の各部をじっくり解説!

 

ページ:

1

2 3

関連記事

  1. 【’80sバイク熱狂時代】便利なツールが増えた今だからこそ"電源…
  2. 【遙かなるグランプリへ5】世界は知っていた…スクランブルレースか…
  3. 昭和~平成と駆け抜けたCBとライバルたち(3)スーパースポーツの…
  4. JAPANESE CAFERACERS特集 日本の美カフェ、集め…
  5. 2018年で デビュー○周年!【CBX&Z1300&XS1100…
  6. 【偉大なる“発明品”の話】カブの自動遠心クラッチは、カブに何をも…
  7. 【’90s名車列伝】目指すはOVER300km/h!…
  8. 【愉悦のaround 50ps】峠小僧が憧れたバイクに乗ってみた…

旅に出よう!

おすすめ記事

【NEW ITEMS】NEXXSからドゥカティ スクランブラー1100用パーツ新発売 モーサイ編集部風景 モーサイの仲間になってくれる人【Web媒体編集スタッフ】を募集! 生誕50周年! ホンダ・CB750Fourの東京モーターショー発表時のインパクトはどれほど凄まじかったのか? JAPANESE CAFERACERS特集 日本の美カフェ、集めてみました 〜ロードリングで航海に出るの巻〜 徹底検証!最新125ccクラスのスポーツモデルは公道をどう楽しませてくれるのか? 激闘! ヤマハワークスマシン「0W」のすごい歴史① 【モーサイチャンネル】東京モーターサイクルショー2018 スズキNEWモデルインタビュー&紹介! 【EVENT】見て触って、楽しく学べる体験教室をヤマハ発動機コミニケーションプラザが開催! 【’80sバイク熱狂時代】東京モーターショー コンセプトモデルの過去と未来 【NEW MODEL】CBR250RRがカラーリングを変更 HRCワークス仕様カラーも追加!
クシタニジャケットモニタープレゼント
BIKE王

ピックアップ記事

カテゴリー記事一覧

PAGE TOP