トピックス

新型CRF250L&CRF250ラリー試乗【エンジン編】「ラリーは250ccクラス最強ツーリングバイクの筆頭候補」

CRF250ラリー<S>とCRF250ラリーの足着きを比較

足着き&ライディングポジションは身長170cm・体重58kgのモーサイ編集部・上野がチェック。

CRF250ラリー<S>の足着きとライディングポジション

CRF250ラリー<S> 足着き
CRF250ラリー<S>(シート高885mm)
CRF250ラリー<S>(シート高885mm)

CRF250ラリー<S>のシート高は885mm。身長170cmのライダーで、両足ではつま先がわずかに接地するというレベル。
CRF250L<S>のシート高は880mmで5mmの差しかないが、CRF250ラリー<S>はシートの座面が広いのと、燃料タンクのボリュームがあるため、足の開き具合が大きくなり、5mmの数値差以上に足着きに違いがある。
ライディングポジションも上体が立ったオンオフモデルらしいもので、窮屈な感覚はない。片足停車では足の裏が半分程度接地するが、身長160cm未満の小柄なライダーではまたがり動作・足着き面でやや厳しいかもしれない。

CRF250ラリーの足着きとライディングポジション

CRF250ラリー(スタンダード)のシート高は830mmで、CRF250L(スタンダード)と同値。また、従来型CRF250ラリー Type LDとも同値となっている。
身長170cmのライダーでは両足ではかかとがわずかに浮くか、浮かないかといったレベル。片足停車時では足の裏が全面接地する。

CRF250ラリー(シート高830mm)
CRF250ラリー(シート高830mm)
CRF250ラリー<S>の車体中央部。燃料タンク容量は従来型から2L増量の12Lで、CRF250Lに比べるとまたがった際はヒザ〜ももあたりに多少ボリュームを感じる。
CRF250L<S>の車体中央部。燃料タンクは従来型同様で、7.8L容量。
CRF250ラリーに関してはハンドルバーウエイトが新採用され、快適性の向上が図られた。

次ページ:CRF250L&CRF250ラリー用純正オプションパーツもスタンバイ

1

2

3
CONTACT

ホンダお客様相談センター:TEL0120-086819
https://www.honda.co.jp/CRF250L/

https://www.honda.co.jp/CRF250RALLY/

おすすめ記事

身長159cmライダーが検証 足着き最強はどれだ!?「安心足着き250ccバイク」5選 往年の名車「650-W1」の雰囲気を感じる、新しくなった「W800」 注目秋冬ウエア 品質で応える……「GOLDWIN」
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

  1. YZF-R7 ヤマハ
PAGE TOP