雑ネタ

フロントフォークをオーバーホール! 90年代隠れ名車「カワサキZZR600」リフレッシュ計画【第9話】

前回の第8話では、リヤサスの作動効率アップとスイングアーム周辺のリヤホイール各部の点検と分解整備を紹介しました。
整備後は、小さな路面の凹凸通過でのサスの反応が一層よくなったので、低速から高速域まで快適度がアップ。でも、そこで気になってきたのがフロント側の動きでした。そこで第9回の当記事ではちょっと趣向を変え、「他力本願」でのフロントフォーク周りのリフレッシュ作業をレポートします。

リヤサス整備後に生まれた、フロントサスへの不満

整備を実施してリヤサスの入りが良くなった分、「スプリングをもう少し締めた方がいいかな?」という出来事がありました。
ZZR600を整備している車庫に来ていた姪っ子が、私がいつもいじってるこのバイクに興味を持ったらしく、初めて「乗ってみたい」と言ったんです。そこで、タンデムで近所を軽く走ってみると、じんわり目に加速しても、まだプリロードを締めた方が良さそうな雰囲気が……。

車体からフォークを外すために総分解。上下ブラケットのボルトを緩めてフォークを外そうとしたら、下側のボルトがなぜか少し緩めだった。カワサキ指定のトルクは2.0kgmだが、1kgm少々と緩んでいた模様。謎だ……。

というのも、加速時にヘッドライトの光軸が思った以上に上向き気味になってしまうんです。
両足接地では、カカトまでベッタリ着いて膝が軽く曲がるくらいだし、タンデムでの感覚とはいえ、まだプリロードが柔らか過ぎかもなぁと感じて、オーリンズのスプリングを、もう1回転締め込むことにしました。

また、そんなリヤの設定変更にフロントサスの方をバランスさせるべく、専門ショップでの作業を頼もうかと検討してみました。
以前知人がヤマハ・セローのサスペンションをオーバーホールしてもらったところ、スムーズな作動となり、しっとりした車体の落ち着きに変貌したことがありました。

私もそのセローに試乗して強く印象に残ったので、作業を行った埼玉県の「テクニクス」に分解作業をお願いしたいなと考えました。
調べてみると、同社HPに掲載されている摺動抵抗が少なそうなオイルシールも非常に気になるアイテムです。

早速連絡してみると、依頼を引き受けてくださることに!
広報担当の梅森 靖さんと折角なのでしっかり撮影もできそうな日程を擦り合わせ、車庫でZZR600のフロント周辺の点検も兼ねて、車体の分解を行なって準備しました。

フロントフォークのオーバーホール作業をテクニクスの社屋。埼玉県春日部市街から南東に位置し、旧国道4号線=県道49号線沿いにあります。

ものぐさせず、サービスマニュアルの指示通りにフォークを外すとなると、アッパーカウル外しも含めた作業になります。フォークを外す段階まで作業を進めてステアリングのアンダーブラケットを緩めようとしたら、あれ?という程クランプボルトの締め込みが緩い。
そう言えば、この部分に触ったことなかったなぁ、変だなぁ、と思いつつも全部外し、車体を安定状態で数日置いておけるように、ジャッキとタイダウンベルト数本を併用して固定しておきました。

さすがプロ!丁寧な洗浄&研磨作業

外したフォークを携えて、後日意気揚々とテクニクスに訪れると、同社の開発担当の稲葉 翔さんが作業を担当して下さるとのこと。普段はオフロードをガンガン走って、サスの開発や調整をしているという頼もしいエキスパートです。

まずはフロントフォーク全体の軽い掃除から始まり、フォークの残存オイル量を測ってから総分解。
フォーク上部のクリップは、固着気味で若干外しにくそうな印象でした。分解された各部品は、いったん柔らかいオイルで丁寧に洗浄されるのですが、それで終わりではなかった

分解されたフォーク各部は、いったん丁寧に洗浄されます。写真の部品は、インナーチューブ内でスプリングと組み合わされるカラーです。
手前にあるスプリングも同様ですが、インナーチューブの内外も念入りに洗浄されます。

大きな浴槽のようなサイズの超音波洗浄器に入れられ、各部品の細部に入り込んだ細かな金属粉等も徹底的に除去されます。
フォークオイルの交換を経験した人なら、オイルの色が走行距離や条件によっては暗いグレー色になってるのを見たことがありますよね。あのグレーというかガンメタ色、微細な金属粉なんですよね。

この作業を終えてエアブロー。そして薄く保護的な処理を終えると、大きな旋盤にインナーチューブを取付けて表面の荒れを整える研磨作業になります。
最初は細かな番手のペーパー、その後より細かなペーパーで表面を滑らかに仕上げると、最後は研磨用の綿で磨き上げます。すると、微妙なピンホールや表面の曇りが取れて、インナーチューブはすっかりきれいになりました。
それでも稲葉さんが言うには、まだ表面が荒れているので本当はコーティングと再研磨がお勧めとのこと。将来、要検討です。

メガネ用等で見かける小型なものとは違う、大サイズの超音波洗浄器。一次洗浄(?)の済んだ部品は、この洗浄槽内で微小な付着汚れまで落とされます。
メタルにスペーサー類、ワッシャ類も微細な金属粉まですべて洗い落とされて、スッキリ。
大きな旋盤に咥えられたインナーチューブの研磨作業。一定のスピードと一定の握り具合で横移動する手先の動きは、細かなクロスハッチをシリンダーの中に付けて行くような印象を受けます。このペーパーでの研磨作業が済むと、次の工程へ。
微細なピンホールはほとんどわからなくなりましたが、本当はコーティング処理がオススメなコースなんだそう。仕上げにはネバーダルのような脱脂面状の磨き材を使って磨き上げ、インナーチューブの処理は完了。ピカピカ!
新しいスライド&ガイドメタルと、オイル&ダストシール。これらの交換で、どう変わるのでしょう。もう、ワクワクして仕方がありません。

バネレートの計測でデータを保存しておき、組立ての準備で同社で在庫しているメタル類やオイルシールを選択。ここで注目のオイルシールとダストシールが登場。純正と比べてフリクションの低減が期待できそうな、SKF製のオイルシールとダストシールです。

上記のように丁寧に洗浄されたボトムケースに、このグリーンのシール類が装着され、組立てと注油が済むと同社の言う「基本的」オーバーホールが終了!
インナーチューブの再コーティングというのにも非常に興味を持ちましたが、ここまでの作業の丁寧さとオイルシール類でどう変わるのかを、まずは体感してみることにしました。当面は、ZZR600全体のマメな掃除とインナーチューブの表面保護を常に意識して現状維持ということに。

組み上げ途中、オイルシールをインナーチューブ上から挿し込む際には、シール内側のリップを傷つけないために樹脂の特殊工具を使用。
スプリングやオイルを入れる前にスプリングのバネレートを計測。作業後にもらった報告用紙にはレートが記載されていて0.75kg/mmでした。
新しいフォークオイルは、油面をキッチリ合わせ、余分なエアが入らぬように注入。油面は98cc。幸いにもフォークの曲がりはなかった!
撮影をしながらだと、数秒程度作業姿勢での停止をお願いすることもあるけれど、とても協力的に作業をしてくださった稲葉 翔さん。ありがとうございました!

現行モデルにも劣らぬ、しなやかな作動に感心!

仕上げてもらったフォークを持ち帰り、早速車体を復元。
再組立ての際には、フォークの組付けは当然ながら、その周辺で何か不調がないかも留意して作業を進めます。フェンダーの取付けが左右合わせると6点もあるのと、フェンダー裏に鉄製のブリッジ的な部品が沿わせてあるのですが、そこの錆落としと歪みもチェックして、塗装も実施。

こういう部品が歪んでいたらフォークの作動を邪魔するし、フォークがきちんと平行に動くかは大事ですよ。ここでは、紹介し切れないほど作業工程の写真があり、そうして撮影しながら復元していたら結構な時間がかかりましたが(笑)想定内です。

そして夜になり、道路が空いた時間帯にスローペースで発進して、試走を開始。
新品のオイルシールに加え、稲葉さんが調律師のような手作業で磨いて下さったインナーチューブ……20数年前のバイクなのに、動きのスムーズなこと!現行モデルにひけを取らない程です。

高速域での安定性から極低速域の反応、フロントブレーキを引きずりながらコーナーに入って行くような場面での挙動、通行車のスピードダウンをねらった意地悪な段差舗装パターンの路面も試しました。
サスを働かせながらのブレーキングでも、安全マージンが上がっています。どの場面も、以前のフォークの反応よりも明らかに良くなっており、第8話でお伝えしたリヤ周辺の改善と良い塩梅でバランスしてきたように感じます。

「本来あるべき性能を引き出すというか、取り戻す作業をしただけです」とはテクニクスの広報・梅森氏の言葉ですが、思い描いたような前後バランスが得られて実に気持ち良い走行感になりました。
ZZR600・2号機、外見こそ派手に変わりはしませんが、かつて所有していた1号車を超える内容で理想形に近づいてきたかも。


車体の再組立てを終え、数種類の想定で快適に走ってきたZZR600です。
快適度アップに気を良くした結果「トップケースの空力や外乱特性をもっと改善できないものか?」とまた怪しげな計画が頭に浮かんできちゃいました。
以前山岳での撮影ロケで使っていたオフロード車のリヤキャリヤが余ってたもんで……。

レポート&写真●小見哲彦 編集●阪本一史/上野茂岐
取材協力●有限会社テクニクス

おすすめ記事

1秒で脱着できる!SW-MOTECHのアタッチメント式タンクバッグは持ち運びにも便利 GPX デーモン GR200R GPX デーモンGR200R「タイ生まれの50万円切りスーパースポーツ!」スキルアップにもピッタリな1台 「盛り上がりムードと無観客イベント両立の試み」メグロが50台も参加した2021年パイオニアラン
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

PAGE TOP