ヒストリー

ル・マン優勝車「初代GSX-R750」の系譜を継ぐナゾのカタナ「スズキGSX-F」シリーズとは?

GSX-600F スズキ カタナ KATANA

スズキ GSX600F「レーサーレプリカとツアラーの融合モデル」

2021年6月に行われた「ル・マン24時間耐久」でスズキ参戦チーム「ヨシムラSERT Motul」が優勝したことは記憶に新しいと思う。

ところで、ル・マン優勝マシンの系譜を継いだ「KATANA」があることをご存じだろうか?
それが欧米を中心に販売されたGSX-600Fだ。

海外向けモデルとして販売されたスズキ GSX600F(写真は1989年モデル、欧州仕様)。排気量599.6ccの油冷並列4気筒DOHC4バルブエンジンを搭載。

スズキ GSX600Fは、1988年に海外向けモデルとして発売されたスポーツツアラーである。
当時のリリース資料では「レーサーレプリカのパフォーマンス、ハンドリングにツアラーバイクの汎用性と便利さをプラスした」とうたわれている。
そんなGSX600Fは、北米市場においては「KATANA600」という名が与えられた(欧州では「GSX600F」「GSX600F KATANA」など表記が混在)。

「KATANA600」のリヤビュー。車体側面にはデカデカと「KATANA」のデカールが。

初代GSX-R750ベースの油冷エンジンを搭載

エンジンはデビューと同時にル・マン24時間耐久で優勝を果たした初代GSX-R750がベース。

一般的には、小排気量のエンジンをスケールアップさせたほうが軽量かつコンパクトなエンジンを作ることができるが、GSX-R750の高い耐久性を鑑み、同車のエンジンをスケールダウン。ボア・ストローク62.6mm×48.7mmの599cc油冷4気筒エンジンをGSX600Fは搭載している。

600ccクラスの中で、最も力強いトルクを持たせることを目標に開発が進められ、最大トルクは6.0kgm/9600rpmを発揮。

名車として名高い初代スズキ GSX-R750(1984年に海外仕様が先に登場、1985年に日本仕様が追加)。749ccのDOHC油冷4気筒を搭載、ボア・ストロークは70mm×48.7mmで海外仕様は100ps、日本仕様は77psの最高出力を発揮した。
GSX600Fのエンジンのカット図。ストロークはGSX-R750と同じなので、当然コンロッドも共通である。

車名の由来は?

ちなみに兄弟車のGSX750F/GSX1100Fも北米市場などでは「KATANA」のペットネームで販売されていた様子。

残念ながら、なぜ「KATANA」の名前で売られていたのか正確なところはわからなかったが「海外の販売名はいい加減に決められることも多かったから、向こう(海外)の販社が軽いノリで決めたんだと思うよ」(元スズキ社員談)とのこと。

つまるところ、海の向こうには我々の知らないまだ見ぬ「KATANA」が眠っているのかもしれない。

「KATANA」として販売されていた、兄弟車のスズキ GSX1100F(筆者私物)。 国内では超マイナー車で、おそらく現在底値のモデル。乗ってみると意外と素直なバイクだ。

レポート●モーサイ編集部・加賀 写真●八重洲出版/モーサイ編集部・加賀
編集●上野茂岐

おすすめ記事

【モーサイチャンネル】ときひろみの「私に乗せなさい!」ジクサーオフショット編 ホンダPCXはバイクで唯一ガソリン、HV、EVと動力源が選択可能!各車のメリット・デメリットは? 昭和~平成と駆け抜けたCBとライバルたち(5)ビッグネイキッドの幕開け
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

  1. ハーレーダビッドソン スポーツスターS
PAGE TOP