自分に合うADVを探せ! 圧巻の動力性能と抜群の高速安定性を誇るKTM「1290スーパーアドベンチャーS」

KTM1290スーパーアドベンチャーS。
3台並んで走るKTM390、790、1290アドベンチャー。先頭が1290スーパーアドベンチャーS。
スキッドプレート、クラッシュバーキットはオプションパーツとして装着可能だ。
スクリーンの高さは調整可能。左スイッチボックスには各種電子制御を切り替えるボタンがまとめられ、ハンドル周りにはUSB充電ソケットも備えられている。
WP製48mm径の倒立フォークは、走行状態に合わせダンピングを自動調整するセミアクティブタイプ。タイヤはロード寄りのピレリ スコーピオントレイルⅡ。
KTM1290スーパーアドベンチャーS。
兄弟車のKTM390アドベンチャー。
KTM1290 スーパーアドベンチャーS(右)と兄弟車の390アドベンチャー(左)、790アドベンチャー(中央)。
KTM1290スーパーアドベンチャーS(右)と兄弟車の390アドベンチャー(中央)、790アドベンチャー(左)。
KTM1290スーパーアドベンチャーSに165cm、62kgのライダーがまたがった場合の乗車姿勢。
KTM390アドベンチャーに165cm、62kgのライダーがまたがった場合の乗車姿勢。
KTM790アドベンチャーに165cm、62kgのライダーがまたがった場合の乗車姿勢。
KTM1290スーパーアドベンチャーSに165cm、62kgのライダーがまたがった状態。
KTM390アドベンチャーに165cm、62kgのライダーがまたがった状態。
KTM790アドベンチャーに165cm、62kgのライダーがまたがった状態。
オンロードでの走行を重視しながら、オフロード走行もこなす1290スーパーアドベンチャーS。
LC8エンジンを搭載するパリダカレプリカマシンとして2003年に登場したKTM 950アドベンチャー。
この画像の記事ページへ

カテゴリー記事一覧

  1. エレクトラグライドリバイバル ハーレーダビッドソン

おすすめ記事

  1. ホンダを代表するスーパーカブとシビックで比較「時代と共に大きくなるサイズ、二輪・四輪でどう違う?」
  2. 第一弾は「初の電気始動」エレクトラグライド!ハーレーが名車復刻シリーズを展開 エレクトラグライドリバイバル ハーレーダビッドソン
  3. ホンダ・CBX400Fも“アラフォー”ですって! 歴史に残る今年で登場40周年のバイク4選【2021年で“○○周年”のモデルたち】
PAGE TOP