ヒストリー

意外な企業がつながっていた!? クルマと同名のバイク【カワサキ-いすゞ編】

カワサキ、いすゞの場合もポイントとなるのは「商標権の分割移転登録」。「トヨタ-ヤマハの同名モデル」のページでも紹介したが、「A社が持っている商標だけども、使いたいのならB社さんも使える様に権利を分けてあげるわよ」というものである(まぁ、かなりざっくりとした説明で、実際はそんな簡単なものではない)。

350TRビッグホーンの製造販売に合わせて、1970年に「Big horn350」(※Bigとhornの間にはオオツノヒツジのイラストが入る)を商用登録したカワサキ。
当時は前述の英語表記のみだったが、1981年にカタカナ表記の「ビッグホーン」と大文字表記の「BIG HORN」を新たに出願している。これはあくまで推測だが、いすゞが使うために申請し直したのではないだろうか。

一部キックペダルに隠れてやや見づらいが、オイルタンクに描かれた、オオツノヒツジのイラスト入りのロゴ。

当時は「Big horn350」、「ビッグホーン」、「BIG HORN」の3つをカワサキといすゞが使用することができた。
が、現在はカワサキは「Big horn350」の商標権のみ残残っており、ほかのふたつは消滅。いすゞのほうは「ビッグホーン」、「BIG HORN」のふたつの商標は保持しているが、「Big horn350」の商標権を失う……というちょっとややこしい(?)形で落ち着いている。

いすゞビッグホーンのフロントマスク。写真はフォグランプキット搭載車。

いすゞとカワサキは共同出資してバスボディの製造販売「アイ・ケイ・コーチ株式会社」を設立しており、その縁もあって商標権の分割移転登録が可能となったという説もあるが、同社を立ち上げたのは1986年のこと。いすゞビッグホーンが登場したのが1981年からなので、時系列が合わない。
しかし、実はカワサキは過去に自前でクルマを生産していたことがある(当時は川崎車両という社名で、1969年に川崎航空機工業とともに川崎重工業に合併する)。1918年からトラックの生産を開始し、1932年からは「六甲号」の名称でバスやトラックを、1933年には「六甲号」乗用車も製造していた(乗用車は高級車として省庁や宮家にも納入された)。
一方のいすゞは、会社の設立は1937年ながら、前身である東京石川島造船所、東京瓦斯電気工業株式会社が1916年から自動車の製造を企画し、’22年に乗用車(英国ウズレー社のA9型のライセンス品だが)の製造を開始。その後紆余曲折を経て1933年から商工省標準型式自動車のいすゞ号(TX35トラック)の生産を開始した。

大正から昭和にかけてともに運送用車両を製造していた、という奇縁(?)から分割移転登録できるような仲に発展したのではなかろうか? ここもあくまで推測に過ぎないのだが。

ともあれ、クルマ、バイク問わず、新型車やバリエーションモデルが出た際に、スタイルや性能だけでなく、車名にも注目してみれば、企業間の意外なつながりが見えてくる……かもしれない。

まとめ●モーサイ編集部

◎次のページへ
1

2

おすすめ記事

ホイールをスタイリッシュに見せるキタコのインビジブルエアーバルブがtype2に進化 【自分と相棒との夢空間を獲得!】バイク保管のすすめ-プレハブ型ガレージ編- 【NEW ITEMS】FIVE WFX2 WP 新色Black Fluo Yellow追加
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

  1. VT250
PAGE TOP