新製品

ブリヂストンが公道対応スポーツラジアルのフラッグシップ「RS11」を3月から発売

ブリヂストン バトラックス レーシング ストリート RS11

ブリヂストンはスーパースポーツなどのスポーツモデルなどでワインディング走行やサーキット走行を楽しむライダーに向け、最高峰のハイグリップタイヤ「BATTLAX RACING STREET RS11」(バトラックス レーシング ストリート アールエスイレブン)を発表した。これまで販売されてきた「RS10」の後継に当たる製品で、2020年3月16日から発売される。

フロント・リヤともに最新の競技専用タイヤ「R11」をベースとしたグリップ重視のトレッドパターンを採用。リヤタイヤにはショルダー部に新コンパウンドを採用したほか、ベルト構造の改良でバンク時のタイヤ接地長を向上させるなど、徹底的にグリップ性能へこだわったモデルとなっている。
また、フロントタイヤは「RS10」に比べクラウン半径を小径化する形状の変更を行い、よりシャープなハンドリングに。

バトラックスレーシングストリートRS11 フロント

バトラックスレーシングストリートRS11 リヤ

フロント・リヤのグリップ&接地感、コーナリングの安定性やハンドリング性能もR10を上回る性能となっており、ブリヂストンがオートポリスでBMW S1000RRを用いて性能比較テストを行ったところ、R11装着時はR10装着時より1.8秒早いラップタイムを記録したという。

サイズはフロント1サイズ、リヤ2サイズの展開となっている。
■フロント
120/70ZR17M/C(58W)

■リヤ
190/55ZR17M/C(75W)
200/55ZR17M/C(78W)

※価格は2020年に希望小売価格が発表される

問合わせ先●ブリヂストン
https://www.bridgestone.co.jp/products/tire/mc/
ブリヂストンお客様相談室 TEL 0120-39-2936

  1. 【王道】今の時代は『スーパーカブ 110』こそがシリーズのスタンダードにしてオールマイティー!

  2. 40代/50代からの大型バイク『デビュー&リターン』の最適解。 趣味にも『足るを知る』大人におすすめしたいのは……

  3. Rebel 250(レブル250)で日本中を旅したい。バイク女子が語るツーリングの楽しさ

  4. “スーパーカブ”シリーズって何機種あるの? 乗り味も違ったりするの!?

  5. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  6. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  7. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  8. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  9. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  10. アメリカ人ライダーが語るバイクの楽しさとCBR1000RR-Rの素晴らしさ「バイクに乗ってライフスタイルが変わった」

  11. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  12. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  13. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  14. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

2023【マン島TT 現地速報!】12日目 スーパーストックTT&スーパーツインTT決勝「スーパーストックはヒックマン選手(BMW M1000RR)大躍進!平均速度219.447km/hと自己記録を更新し勝利!」 【遙かなるグランプリへ3】ホンダに続け! 偶然の出会いが生んだスズキ・マン島TT挑戦史(前編) 【バイク擬人化漫画】ニーゴーマン!第29話:自慢のマスクは万能の証!? Vストローム250君【隔週連載】

カテゴリー記事一覧

  1. GB350C ホンダ 足つき ライディングポジション