新製品

ブリヂストンが公道対応スポーツラジアルのフラッグシップ「RS11」を3月から発売

ブリヂストン バトラックス レーシング ストリート RS11

ブリヂストンはスーパースポーツなどのスポーツモデルなどでワインディング走行やサーキット走行を楽しむライダーに向け、最高峰のハイグリップタイヤ「BATTLAX RACING STREET RS11」(バトラックス レーシング ストリート アールエスイレブン)を発表した。これまで販売されてきた「RS10」の後継に当たる製品で、2020年3月16日から発売される。

フロント・リヤともに最新の競技専用タイヤ「R11」をベースとしたグリップ重視のトレッドパターンを採用。リヤタイヤにはショルダー部に新コンパウンドを採用したほか、ベルト構造の改良でバンク時のタイヤ接地長を向上させるなど、徹底的にグリップ性能へこだわったモデルとなっている。
また、フロントタイヤは「RS10」に比べクラウン半径を小径化する形状の変更を行い、よりシャープなハンドリングに。

バトラックスレーシングストリートRS11 フロント

バトラックスレーシングストリートRS11 リヤ

フロント・リヤのグリップ&接地感、コーナリングの安定性やハンドリング性能もR10を上回る性能となっており、ブリヂストンがオートポリスでBMW S1000RRを用いて性能比較テストを行ったところ、R11装着時はR10装着時より1.8秒早いラップタイムを記録したという。

サイズはフロント1サイズ、リヤ2サイズの展開となっている。
■フロント
120/70ZR17M/C(58W)

■リヤ
190/55ZR17M/C(75W)
200/55ZR17M/C(78W)

※価格は2020年に希望小売価格が発表される

問合わせ先●ブリヂストン
https://www.bridgestone.co.jp/products/tire/mc/
ブリヂストンお客様相談室 TEL 0120-39-2936

おすすめ記事

シート高は875mm→837mmに! ヤマハ テネレ700には「ローシート&ローダウン」仕様が用意される マフラーにメタリックな輝きを! 90年代の隠れ名車「カワサキ ZZR600」リフレッシュ計画【第4話】 K&HからヤマハSR400用カスタムシート4種が登場
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

  1. VT250
  1. VT250
PAGE TOP