ヒストリー

意外な企業がつながっていた!? クルマと同名のバイク【カワサキ-いすゞ編】

ホンダ(は有名すぎてきちんと紹介していないが)、スズキ、ヤマハと来たら当然カワサキを外すわけにはいかない。
鉄道や航空機は作っているものの、ヤマハ同様、カワサキもクルマの製造はしていない。「それなのにクルマと同じ名前のバイクなんて……」とお思いの人もいるかと思う。
が、過去に1例だけ存在していた。
クルマと名前が共用されていたのはトレールモデルTRシリーズが1台、「ビッグホーン」である。

カワサキ 350TR Big horn

カワサキのビッグホーンと言えばトレールモデルTRシリーズの最大排気量車である350TR。1960年代後半〜70年代初頭にかけ、当時主要市場と見られていたアメリカではオフロード走行が大流行。「このビッグウエーブに乗り遅れてなるものか!」と各社ともトレールモデルの開発を進めており、その流れの中で誕生したモデルである。
1969年にアメリカ向けに発売され、翌年には国内でも発売が開始された。250TRバイソン、125TRボブキャットなど同シリーズではペットネームに動物の名前を使うことが多く、ビッグホーンとはオオツノヒツジのことだ。

350TR

マイナーチェンジが施された350TRビッグホーン(1971年)

いすゞ BIG HORN

「は〜しれ、はしれ〜♪」のCMソングが印象的ないすゞ自動車。トラックやバスの専門メーカーとしておなじみの、かつては乗用車も作っていた(117クーペ、ベレット、ジェミニなどもあるし、クルマ好きの皆さんからは「そんなの当たり前だろ!」と言われてしまいそうだが)。そして、その内の1台が1981年から販売された「ロデオビッグホーン」を原点とする「ビッグホーン」シリーズ。オフロード走行からシティユースまで幅広く利用できるRV車(Recreational Vehicle)の先駆けとも言える。その後マイナーチェンジを重ねながら21世紀初頭の2002年まで製造が続いたロングセラーモデルだ。

いすゞビッグホーン

ビッグホーンロングベーシック(1991年)

→次のページ:企業を超えた車名シェアの秘密とは?

ページ:

1

2

関連記事

  1. 【バイク熱狂時代は永遠に:2】そこには守るべき“ルール”があった…
  2. 【’80sバイク熱狂時代】平vs水谷の大バトル! バ…
  3. 【ラビットvsシルバーピジョン 国産スクーター戦後開発史5】市場…
  4. ランエボvsインプレッサ対決の前哨戦!? スクーターでも戦ってい…
  5. 【時代を駆け抜けたバイクたち2】DUCATI 851・HONDA…
  6. 【愉悦のaround 50ps】峠小僧が憧れたバイクに乗ってみた…
  7. RG500Γ、NS400R、RZV500Rの乗り味は? 編集部員…
  8. 部品はなくても気合いと根性でなんとかなる!? オーナーに聞くレア…

おすすめ記事

【釣りツーリングに行こう!】4釣目:エイプ100用キャリアを自作してみる(リベンジ編) 【ホンダ・スーパーカブ110】見た目は90とそんなに変わらないけど、実は完全新設計って知ってました? 【NEWS】BMWモトラッドが新車保証期間を延長 二輪車初のサービス・インクルーシブも導入 東京モーターサイクルショーでとっきーと2ショット撮影! 3月24日編 毎年恒例のバイクイベント、「2りんかん祭りEast」が8月24日にふじてんリゾートで開催!! モトフィールド浜松がファンティックの取り扱いを開始
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

PAGE TOP