ヒストリー

意外な企業がつながっていた!? クルマと同名のバイク【カワサキ-いすゞ編】

ホンダ(は有名すぎてきちんと紹介していないが)、スズキ、ヤマハと来たら当然カワサキを外すわけにはいかない。
鉄道や航空機は作っているものの、ヤマハ同様、カワサキもクルマの製造はしていない。「それなのにクルマと同じ名前のバイクなんて……」とお思いの人もいるかと思う。
が、過去に1例だけ存在していた。
クルマと名前が共用されていたのはトレールモデルTRシリーズが1台、「ビッグホーン」である。

カワサキ 350TR Big horn

カワサキのビッグホーンと言えばトレールモデルTRシリーズの最大排気量車である350TR。1960年代後半〜70年代初頭にかけ、当時主要市場と見られていたアメリカではオフロード走行が大流行。「このビッグウエーブに乗り遅れてなるものか!」と各社ともトレールモデルの開発を進めており、その流れの中で誕生したモデルである。
1969年にアメリカ向けに発売され、翌年には国内でも発売が開始された。250TRバイソン、125TRボブキャットなど同シリーズではペットネームに動物の名前を使うことが多く、ビッグホーンとはオオツノヒツジのことだ。

350TR

マイナーチェンジが施された350TRビッグホーン(1971年)

いすゞ BIG HORN

「は〜しれ、はしれ〜♪」のCMソングが印象的ないすゞ自動車。トラックやバスの専門メーカーとしておなじみの、かつては乗用車も作っていた(117クーペ、ベレット、ジェミニなどもあるし、クルマ好きの皆さんからは「そんなの当たり前だろ!」と言われてしまいそうだが)。そして、その内の1台が1981年から販売された「ロデオビッグホーン」を原点とする「ビッグホーン」シリーズ。オフロード走行からシティユースまで幅広く利用できるRV車(Recreational Vehicle)の先駆けとも言える。その後マイナーチェンジを重ねながら21世紀初頭の2002年まで製造が続いたロングセラーモデルだ。

いすゞビッグホーン

ビッグホーンロングベーシック(1991年)

→次のページ:企業を超えた車名シェアの秘密とは?

ページ:

1

2

関連記事

  1. 【平成バイク大図鑑6】アメリカンブーム、それは速さへのアンチテー…
  2. 「これもセロー?」 海外で販売される仲間たち
  3. 【時代を駆け抜けたバイクたち10】小排気量・スクーター編
  4. ベビーツインAA クオーターマルチなんて目じゃない!? 60年前にカブに似た50c…
  5. ホンダデザインの大転換 ~1968年から’69年にか…
  6. どうしてこうなった……!? 奇抜なアイデアに「へぇ」と驚く 昭和…
  7. あのカワサキ「Z」はZでなかった?<その2>
  8. 【ラビットvsシルバーピジョン 国産スクーター戦後開発史2】困難…

おすすめ記事

【NEW ITEM】SHOEI NEOTECⅡ 【おすすめ一泊旅】悠々と駆け巡る房総半島横断ツアー その2 【NEW ITEMS】Alpinestars DYNO v2 LEATHER JACKET 【NEWS】ワールドインポートツールズが本日再始動! 【リコール情報】トライアンフ。スピードツインにリザーバーホースがマフラーの熱により損傷する恐れ 【リコール情報】ハーレーダビッドソン・2モデルにおいて制動装置の表面が腐食し制動力解除ができない恐れ 【ラビットvsシルバーピジョン 国産スクーター戦後開発史7】歴史の荒波に消えたスクーターたち(1964〜1968年) トライアンフのスクランブラーシリーズがお得に手に入るフェアが実施 東京モーターサイクルショー2019・キャンギャル図鑑!! ハスクバーナの正規販売店、U-MEDIA湘南が11月9日にオープン
BIKE王

ピックアップ記事

  1. ニンジャGPZ900R A2
PAGE TOP