ニュース

遂に電動バイクもここまで来たか!! ハーレーの『LiveWire™』米国仕様が公開

ハーレーダビッドソンは、今夏中に全米販売を開始するハーレーダビッドソン初の電動モーターサイクル『LiveWire™』の米国仕様(写真)の詳細を公開した。

イエローヒューズとオレンジヒューズ、ビビッドブラックの全3色がある。

 

LiveWire™

『LiveWire™』は電気のみをエネルギー源とするまったく新しいモーターサイクルだ。
新次元のテクノロジーとハーレーダビッドソンならではの上質な仕上げ、ハイパフォーマンスな走りを提供する刺激的なモデルである。

2019年中に米国、カナダに加え、ハーレーダビッドソンが営業活動を展開している欧州諸国の大部分で発売され、2020年から2021年にかけ順次世界各国で発売される予定だ(日本市場への詳細な導入時期、価格を含めた仕様の詳細は発表日時点で未定となっている。)。

『LiveWire™』の米国内のメーカー希望小売価格は価格は29,799ドル、約321万6000円となっている。

モーターサイクルとしては画期的なカラータッチスクリーン、選べる4つのライドモード、コーナリング時も安全に作動するコーナリングABS・コーナリングトラクションコントロールシステム、スマートフォンと接続できるH-Dコネクトサービステクノロジーなど多くの機能を持っている。

一回の充電で市街地での走行可能距離は235kmをマーク、電動ゆえメンテナンスが容易であり、実用性の高さも申し分ないレベルだ。
 

Detail

●イエローヒューズ

●オレンジヒューズ

●ビビットブラック

 

CONTACT

問い合わせ先ハーレーダビッドソン
URLhttps://www.harley-davidson.co.jp

 

あわせて読みたいオススメ記事はこちら!

アバター

モーサイ編集部

投稿者の記事一覧

1951年創刊のモーターサイクル専門誌。新車情報はもちろん、全国のツーリングライダーへ向けた旬な情報をお届けしています!

モーターサイクリストは毎月1日発売!

関連記事

  1. イタリア・ボローニャのドゥカティ・ミュージアムでマッシモ・タンブ…
  2. 年間販売予定台数の約130%を既に受注、ホンダADV150が好調…
  3. エリーパワーのリチウムイオンバッテリーがダカールラリーで優勝
  4. 東京モーターショーに行けなかった人は必見! 関西でカワサキのニン…
  5. 【NEW MODEL】2019年6月21日発売! スーパーカブC…
  6. カワサキプラザ堺が8月29日にグランドオープン
  7. B+COM SB6Xを更に使いやすくするモバイルアプリが10月1…
  8. 自分の愛車がタナックスカタログの表紙に!? 「2019 TANA…

おすすめ記事

【EVENT】ハーレーダビッドソンの日本No.1カスタムビルダー決定コンテスト 「Battle Of The Kings」 トライアンフがカフェレーサーモデル、新型スラクストンRSを発表 【NEW MODEL】YAMAHA YZF-R1/R1M レーサー自らが作った究極のレーサーレプリカ──「ゴディエジュヌー・パフォーマンスレプリカ1135R」(試乗編) 【EVENT】11月25日(日)にトライアンフがイベントを開催! 痛車1,000台を楽しむ春のお祭り「お台場痛車天国2019」が開催!
東京モーターサイクルショー BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

PAGE TOP