新製品

【アイテム選びで旅をもっと快適に:その7】番外編? 小柄でもブーツ一つでバイクの選択肢はぐんと広がる

小柄でもアドベンチャーに乗るにはどうしたらいいか?

アドベンチャーモデルに乗りたくともシート高が気になってなかなか勇気が出ない筆者。
そんな不安を取り除いてくれるオーダーシステムがあると聞いて、早速試してみた。

report●生田 賢  photo●永田正男

※本記事はMotorcyclist2019年7月号に掲載されていたものを再編集しています。

 

WILDWINGの厚底ブーツ

身長162㎝/股下72㎝の私にとってアドベンチャーモデルの市街地走行は冷や汗の連続だ。
そこで試したのは、個別オーダーで超厚底にできるシリーズ。

上の写真で履くのは超厚底OD50スワローだ。
普通のブーツではつま先ツンツンなのに、こちらは僅かだが膝が曲がる。
安心感がまるで違う。

上の写真は超厚底OD35ファルコンで、多少かかとは浮くものの不安な感じは少ない。
好みのワイルドウィングブーツに対応してくれるのも嬉しい。

これでアドベンチャーを乗り回す快感が手に入ると思うと、喜びは倍増だ。

 

超厚底「OD50」Swallow

試着したヒールタイプのスワローは、厚みにもかかわらず軽量しなやか。
さすがにシフトアップの際は慣れがいる。
また、車種によってはブレーキ&シフトペダル調整が必要。

●価格:3万132円

●サイズ:25.0㎝〜27.0㎝(メンズ・全5サイズ)

 

超厚底「OD35」Falcon

ファルコンに施された超厚底仕様でも足着き性は大幅向上。
土踏まず部の厚みはヒールタイプに近く、ペダル操作はほぼ同感覚。
OD50よりは"下駄を履かせた"感じは薄い印象。

●価格:2万8080円

●サイズ:25.0㎝〜27.0㎝(メンズ・全5サイズ)

 

あわせて読みたいオススメ記事はこちら!

アバター

モーサイ編集部

投稿者の記事一覧

1951年創刊のモーターサイクル専門誌。新車情報はもちろん、全国のツーリングライダーへ向けた旬な情報をお届けしています!

モーターサイクリストは毎月1日発売!

おすすめ記事

K&HのRナインティ用ダブルシートに新デザインが登場 【’80sバイク熱狂時代】バイク技術の進化と淘汰の歴史を見る:後編 【最新ウエアカタログ】「ハード、なおかつヘビー」のコンセントを体現 フラッグシップ・ヴァーテックスメッシュジャケット
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

  1. VT250
PAGE TOP