新製品

【NEW ITEMS】イギリスのプロテクターメーカーKNOXから新製品4点が登場!

イギリスにあるプロテクション製作専門メーカー、KNOX。
「デザインとプロテクター」という両立させるのが難しいものを見事に調和させ、優れたデザイン性ながら安全性も非常に高い製品の数々が魅力的なメーカーだ。

ファッションにこだわりがあるライダーには認知している者も多いだろうが、まだまだ身につけているライダーは少ない。

そんなKNOXから新製品が出る。
レディースグローブが2点、メンズグローブが1点、アーマーシャツが1点だ。
この機会に是非、一級品ばかりのKNOXを知ってほしい。

 

レディースグローブ「Whip/ウィップ」

●ブラック

●ブラックデニム

レザーウィッピング(ステッチ装飾)が特長の女性用ショート丈レザーグローブ。
シンプルでどんな車種にも合いそうだ。

●カラー:ブラック/ブラックデニム

●サイズ:S/M/L

●販売価格:1万584円(税込み)

●発売開始日:2019年7月16日

 

レディースグローブ「Wave/ウェーブ」

●ブラックブラウン

●ブラックデニム

関節部の波型のデザインが一昔前のレザー製品を思い出させるショート丈レザーグローブ。
このデザインながらしっかりプロテクターが内蔵されている。

●カラー:ブラックデニム/ブラックブラウン

●サイズ:S/M/L

●販売価格円:1万584円(税込み)

●発売開始日:2019年7月16日

 

メンズグローブ「Hanbury/ハンブリー」

●ブラックブラウン

●ブラックデニム

●ブラックサンド

メンズグローブ「Hanbury/ハンブリー」には既存のブラックに加え、ブラックデニム、ブラックブラウン、ブラックサンドが追加。
コーディネートの幅が広がった。

●新色:ブラックデニム/ブラックブラウン/ブラックサンド

●サイズ:S/M/L/XL

●販売価格:1万584円(税込み)

●発売開始日:2019年7月16日
 

上記3点とも「SPSプロテクションシステムが搭載」、「ナックル部にはMICRO-LOCKプロテクター」、「袖口を簡単に締められるリフトアンドロック機能」、「親指、人差し指、中指はタッチスクリーン対応」、「CE規格認定グローブ」となっている。
利便性も申し分ない。

 

アーマーシャツ「Urbane Pro/アーバンプロ」

KNOXの技術が結集した、シャツ感覚で着れるアーマーシャツがこのUrbane Proだ。
耐衝撃・耐摩耗・耐切り裂き性はもちろん、肩・肘・背中にはKNOXが独自開発したMICRO-LOCKプロテクターが装備。全てのプロテクターは脱着式になっている。

メッシュ生地のため、夏はこれ一枚で十分だろう。

従来のプロテクター入りジャケットのようにかさ張らないため、この様に普段遣いのジャケットの下に着ることも可能だ。

●カラー:ブラック

●サイズ:M/L/XL

●販売価格:3万8880円(税込み)

●発売開始日:2019年7月16日

●肩・肘・背中に着脱可能なMICRO-LOCKプロテクター搭載

●切り裂きや摩耗に強い特殊生地を使用

●CE規格EN17092認定

●胸と背中に2つのファスナーポケットを搭載

●内ポケット2つを搭載

●YKKファスナー使用

●洗濯可能(洗濯する際はプロテクターを外してください)

●イギリス製

●MICRO-LOCKプロテクターとはKNOXが独自開発した衝撃吸収素材で、普段は柔らかく衝撃時に硬くなる(LOCKする)のが特長。肩と肘部分は軽量で着け心地が良いものを使用。背中部分は全体を最大限にカバーされる作りになっている。CE規格EN1621-2最高ランク連絡させていただきます。level2認定。

●ストレッチパネル
ストレッチパネルを搭載することにより体の動きに合わせて伸縮し快適な着心地を実現。
 

取扱はジャペックスが行っている。
ジャペックスHPよりKNOX製品が見られるので、自分に合うアイテムを探してみてはいかがだろう。

 

CONTACT

問い合わせ先 ジャペックス
URL https://www.japex.net

 

あわせて読みたいオススメ記事はこちら!

  1. レブル250ってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説します!【ホンダバイク資料室/Rebel 250】

  2. スーパーカブ C125、起伏がある坂道にも強い!レンタルバイクで日本の原風景を旅するなら『スーパーカブ C125』がピッタリだと思う【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Super Cub C125(2022)】

  3. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

  4. ただの味わい系バイクじゃない。 新型『HAWK 11 (ホーク 11)』に感じる大型バイクの新境地【HAWK 11に、乗る /試乗インプレ・ファーストレビュー 前編 】

  5. 日常から遠出まで~使い勝手を高めてGB350でツーリングを楽しもう

アバター

モーサイ編集部

投稿者の記事一覧

1951年創刊のモーターサイクル専門誌。新車情報はもちろん、全国のツーリングライダーへ向けた旬な情報をお届けしています!

モーターサイクリストは毎月1日発売!

おすすめ記事

「この発想はなかったわぁ」と思っちゃう!? 編集部員が驚いたバイクのお役立ちアイテム6選 スーパーチャージドSS、ニンジャH2の20年モデルを発売 ナイトロンがPCX用のリヤツインショックアブソーバーを追加
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

PAGE TOP