ニューモデル

オフロードを走れるハーレーが出たっ!「パンアメリカ」がヨーロッパで発表

現在イタリアで開催されている世界最大級の国際モーターサイクルショーで、ハーレーダビッドソンとしては初となるアドベンチャーモデルのプロトタイプが発表された。

11月8日追記<フロントタイヤの写真追加、前後タイヤサイズ補足>

 

チェーンドライブの採用で本格的なオフロード走行にも対応か?

エンジンは新たに設計され「Revolution®Max」の名が与えられた水冷1250ccVツインで、最高出力は145馬力以上、最大トルク12.4kgm以上のスペックを発揮するという。
また、駆動はハーレーおなじみのベルトではなく、パンアメリカではチェーンとなっており、オフロード走行を重視していることが推測される。

一方、倒立フォークやブレンボ製ラジアルマウントフロントブレーキキャリパーなどを採用し、現代のアドベンチャーモデルらしく、オンロードでのスポーツ性も有していそうな雰囲気もある。
海外では2020年後半の発売が予定されているが、現在のところ日本への導入は未定だという。

 


●新開発された1250cc水冷Vツインエンジン「Revolution®Max」。空気の流れを最大限パフォーマンスに生かすため、デュアルダウンドラフトスロットルボディを採用。そのためシリンダー角は60度で設計されている。また、カウンターバランサーを内蔵し、走行時の振動低減、エンジンの耐久性向上も図られている。


●オフロードを走る上でポイントとなるタイヤサイズはフロントが120/70R19、リヤが170/60R17。タイヤはミシュランのオフロード走行を重視した「アナキーワイルド」。


●チェーン駆動を採用するパンアメリカ。ホイールは前後ともスポークで、ブロックパターンのタイヤが装着されている。


●左フロントフォークのトップキャップに配線が見えるので、電子制御サスペンションが搭載されている可能性が高い。ステアリングダンパーも装備されているが、コチラも電子制御なのだろうか。スクリーンはダイヤルで調整可能な作りのようだ。

 

あわせて読みたいオススメ記事はこちら!

関連記事

  1. 軽量コンパクトなベスパLX125 i-getの装備を充実
  2. トライアンフが世界限定750台のカスタムモデル、ボバーTFCを発…
  3. ヨーロッパで公開、CBR1000RRに「R」がついてフルモデルチ…
  4. ヤマハYZF-R6レースベース車の予約受け付けを開始
  5. 「スズキVストローム1050XT」8つのサポート機能でより快適・…
  6. ベスパ プリマベーラにオレンジ色の特別仕様車が登場
  7. ハスクバーナFS450の2020年モデルが登場
  8. エンジンを大幅に改良した新型ストリートトリプルRSがデビュー

旅に出よう!

おすすめ記事

モーサイ編集部風景 モーサイの仲間になってくれる人【Web媒体編集スタッフ】を募集! 【NEWS】東京の中心に500台以上のバイクが集う!!「7th Night Rider Meeting」開催のお知らせ!! 【CLOSE UP!】HELSTONS ドゥ レース レザージャケット カワサキ車を無料でレンタルできる8耐優勝キャンペーン かつてCB乗りだったライダーがCB1000Rにハマる理由(後編) 【NEW MODEL】APRILIA RX125 【NEWS】アクセス性が大幅向上! 山梨県・甲府2りんかんが移転オープン!! 復活の250cc四気筒! カワサキ・Ninja ZX-25Rの詳細をじっくり紹介!! 【’80sバイク熱狂時代】進化が止まらなかった、’80〜90年代2サイクルマシン変遷史(後編) 【NEW ITEMS】ナイトロンジャパンからHONDA CRF1000L AfricaTwin (’16-) 用フロントフォークカートリッジ登場!
BIKE王

ピックアップ記事

カテゴリー記事一覧

PAGE TOP