ニューモデル

ヨーロッパで公開、CBR1000RRに「R」がついてフルモデルチェンジ。最高出力は217馬力に!

CBR1000RR-R

CBR1000RR-R

CBR1000RR-R

CBR1000RR-R

CBR1000RRの後継として2020年モデルで登場するリッタースーパースポーツ「CBR1000RR-R」がヨーロッパで公開された。
車名にひとつ「R」が加わり、欧州では「トリプルアール」と呼ばれるという。

 

エンジンは新設計で、RC213V-S同様の超ショートストローク

従来型CBR1000RRから約25馬力アップとなったエンジンは新設計。
ボア×ストロークは81㎜×48.5㎜で、MotoGPマシンの公道版RC213V-Sと同様の数値となっている。
セミカムギヤトレインを採用したほか、スターターモーターの配置を変更し、エンジン自体のコンパクト化をさらに追求したほか、フィンガーフォロワーロッカーアーム、チタンコンロッド、アルミ鍛造ピストンの採用で軽量化も進めた。
そして今まで以上の高回転化を実現し、最高出力217馬力/1万4500回転、最大トルク11.5kgm/1万2500回転のスペックに。

 

フレームも新設計、ウイングレットを装備しデザインも攻撃的に

メインフレーム、スイングアームともに新設計され、ホイールベースも50㎜延長されるなどディメンションも一新。
リヤタイヤのサイズもこれまでのCBR1000RRが190/50ZR17だったのに対し、RRRでは200/55ZR17に変更されている。
外観の変化で一番目立つのは、ウイリー抑止とブレーキング時の安定性向上のため装備されたウイングレットだろう。また、ヘッドライトの間にはラムエアダクトが設けられ、より攻撃的なルックスにもなっている。

CBR1000RR-R

CBR1000RR-R

●MotoGPマシンRC213Vで培われた技術が生かされたウイングレット

CBR1000RR-R

●ラムエアダクトをフロント中央に設け、ヘッドライトは小型に。アグレッシブなフロントデザインになった

CBR1000RR-R

●車体色はトリコロールのほか、ブラックがラインアップされる模様

 

電子制御、ブレーキ、サスペンションもアップデート

IMU(慣性計測装置)を従来までの5軸式から6軸式とし、制御を高精度化。
フロントブレーキは新タイプのニッシン製4ピストンラジアルマウントキャリパーで、従来までのものより軽量化・高剛性化が図られている。また、リヤブレーキにはRC213V-S同様のブレンボ製を採用した。
サスペンションはインナーチューブ径43㎜のショーワ製ビッグピストンフォークと、同じくショーワ製のバランスフリーリヤクッションライトの組み合わせ。電子制御ステアリングダンパーも新型に。3レベルに効力が調整可能だ。

 

上級版「SP」も引き続きラインアップ!

CBR1000RR-R SP

CBR1000RR-R SP

CBR1000RR-R SP

CBR1000RR-R SP

足まわりを強化した「SP」もRRRに設定される。
オーリンズ製電子制御サスペンションは第二世代に進化したスマートエレクトロニックコントロール(S-EC)となり、フロントフォークはより作動性を向上させたNPXフォークを採用。
フロントブレーキにはブレンボの4ピストンラジアルマウントキャリパー「スタイルマ」が用いられている。

CBR1000RR-R

●オーリンズ製NPXフォークとブレンボ製スタイルマキャリパーでさらに強化されたSPの足まわり。電子制御サスペンションも第二世代に進化した

CBR1000RR-R

●メーターは5インチのフルカラー液晶。表示内容も従来から変更されている(写真ではバンク角が表示されている)

CBR1000RR-R、SPとも日本での発売を予定している、とホンダが公式にアナウンスをしている。
 

【エンジン・性能】種類:水冷4ストローク直列4気筒DOHC4バルブ ボア・ストローク105.0×69.0㎜ 総排気量1000㎤ 最高出力160kW<217.5ps>/14500rpm 最大トルク113Nm<11.5㎏m>/12500rpm 変速機6段リターン
【寸法・重量】ホイールベース1455 シート高830(各㎜) タイヤサイズ F:120/70ZR17 R:200/55ZR17 車両重量201㎏ 燃料タンク容量16.1ℓ

アバター

モーサイ編集部

投稿者の記事一覧

1951年創刊のモーターサイクル専門誌。新車情報はもちろん、全国のツーリングライダーへ向けた旬な情報をお届けしています!

モーターサイクリストは毎月1日発売!

関連記事

  1. MotoGPカラーをまとったヤマハYZF-R3/R25の限定モデ…
  2. 軽量コンパクトなベスパLX125 i-getの装備を充実
  3. 「スズキVストローム1050XT」8つのサポート機能でより快適・…
  4. 往年の名車「650-W1」の雰囲気を感じる、新しくなった「W80…
  5. 復活の250cc四気筒! カワサキ・Ninja ZX-25Rの詳…
  6. ホンダ リード125がカラーバリエーションを変更
  7. トライアンフがカフェレーサーモデル、新型スラクストンRSを発表
  8. エンジンを大幅に改良した新型ストリートトリプルRSがデビュー

旅に出よう!

おすすめ記事

【アイテム選びで旅をもっと快適に:その7】番外編? 小柄でもブーツ一つでバイクの選択肢はぐんと広がる 【NEW MODEL】世界限定200台のMVアグスタDragster800RR America誕生 【キャンペーン】北信州の自然を感じる上質なツーリングはいかが? 【NEWS】ホンダのモータースポーツファン感謝デーで 「鈴鹿8耐トワイライトデモラン」を実施 【NEW ITEM】SP TADAO POWER BOX FULL“SS” 【’80sバイク熱狂時代】進化が止まらなかった、’80〜90年代2サイクルマシン変遷史(前編) 本日発売! モーターサイクリスト18年9月号 モトサービスエッジ 土方の トラブルから考える二輪車メンテ Vol.2「FI車エンジン不調の原因を探る」 【NEWS】ハーレーダビッドソンが認定レンタルバイクを開始 痛車1,000台を楽しむ春のお祭り「お台場痛車天国2019」が開催!
BIKE王

ピックアップ記事

カテゴリー記事一覧

PAGE TOP