ニューモデル

ヘッドライトが超カッコよくなった!? ホンダ・レブル500がマイナーチェンジ

カスタムマシンのようなLEDヘッドライト

レブル250 500

ヨーロッパでは続々と公開されているホンダの2020年モデル。そんな中でもモーサイ編集部が注目なのがレブル500である。
シルエットに変わりは無いが、LED灯火類の採用で印象が激変しているではないか!
4つの小さなLED球が埋め込まれたヘッドライトは、まるでカスタムマシンのよう。ウインカーもLEDでスタイリッシュに。

レブル250 500

●ハイビームの状態

レブル250 500

●ロービームの状態

レブル250 500

●もちろんテールライトもLED化されている

日本でも発売されたら、新型の純正ヘッドライト、純正ウインカーなどが従来型オーナーのカスタムパーツとして人気になっちゃうかも……。
全体のシルエットはほとんど変更ないが、実用面ではスリッパークラッチが採用されたり、シートの快適性を高めるなど地道な熟成も行われてる。

レブル250 500

●メーターの表示も刷新されている。液晶左側にギヤポジションインジケーターを新設。これまで左端にあった燃料計は液晶下側に移動している

ちなみにレブル500は日本での発売も予定されているとのこと。250も同じデザインになるのかなどを含め、期待しちゃいますね!

また、話題になっているCBR1000RR-R、SPとも日本での発売を予定している、とホンダが公式にアナウンスをしているとのことで、続報が待ち遠しいです。

 

あわせて読みたいオススメ記事はこちら!

アバター

モーサイ編集部

投稿者の記事一覧

1951年創刊のモーターサイクル専門誌。新車情報はもちろん、全国のツーリングライダーへ向けた旬な情報をお届けしています!

モーターサイクリストは毎月1日発売!

おすすめ記事

ダブルオーグラスギアが新型コロナウイルス感染拡大防止のため 店舗の来店予約制および貸し切り制を導入 全社・全車・全色の総合カタログ「最新バイク図鑑2018-2019」2018年3月16日発売! 国内トライアンフディーラーでは最大規模となる「トライアンフ東京ベイ」が江戸川区にオープン 【NEW MODEL】SUZUKI BURGMAN200 「令和のハンターカブ」ホンダCT125の価格と発売時期が見えてきた! スーパーカブC125をドレスアップするアルミ削り出しアイテム
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

  1. ストリートトリプルS トライアンフ
  1. ストリートトリプルS トライアンフ
PAGE TOP