バイクライフ

空き缶で作れるアウトドア用アルコールストーブが凄いッ「市販品よりも火力が強力!!」

自作「アルコールストーブ」は十分使える!! 100均アイテムと比較

できあがった「アルコールストーブ」は、有名なトランギアやエバニューのアルコールストーブと比べるとひと回り大きい印象で、決してコンパクトさはない。しかし、その分火力が高いはずだ。使い勝手と火力をテストしてみよう。

早速着火してみると、わずか5秒ほどで副室から炎が吹きあがり本燃焼となった。直径16cmほどのクッカーの底面をはみ出すほど広範囲に炎が広がっている。炎は中央ではなく、周囲の副室から激しく出ているので、低く広範囲を熱している感じだ。
300mlの湯を沸かしてみると、4分38秒で沸騰した。

自作アルコールバーナーは材料費が0円、不足する道具を揃えるとしても数百円程度ということを考え、同価格帯の仮想ライバルとして100均ブランド「キャンドゥ」から2021年9月に発売された330円の「アルコールストーブ」と比較してみる。

自作アルコールストーブに直径約16cmのクッカーを乗せた。グラつくような感じはないが、やや不安定。必要に応じてゴトクを組み合わせてもいいかもしれない。
自作のアルコールストーブに着火したところ。周囲の副室から激しく火が出て、広範囲を熱している。
自作のアルコールストーブでは、300mlの湯を沸かすのに4分38秒掛かった。

100均ブランド「キャンドゥ」で購入したアルコールストーブに着火してみると、自作のアルコールストーブに比べて細い炎が高く燃えあがったが、300mlの湯を沸かすのに掛かった時間は8分2秒だった。

100均ブランド「キャンドゥ」から2021年9月に発売された330円の「アルコールストーブ」。
330円の「アルコールストーブ」は単体では使えないため、同じく「キャンドゥ」で110円のゴトクを購入した。
330円の「アルコールストーブ」と110円の「ゴトク」を組み合わせたものに直径16cmのクッカーを乗せた。
100均ブランド「キャンドゥ」のアルコールストーブは300mlの湯を沸かすのに8分2秒掛かった。
100均ブランド「キャンドゥ」のアルコールストーブ(右)と自作アルコールストーブ(左)の炎の比較。

自作アルコールストーブのほうが、100均ブランド「キャンドゥ」で購入したアルコールストーブに比べておおよそ半分の時間で湯を沸かすことができるという結果になった。
また、自作アルコールストーブは飲み口部分の縁に強度があるため、直径18cm程度までの大きさのクッカーであればゴトクを使わなくても乗せることができる。キャンプでのメインストーブにはならないまでも、サブストーブとしては十分に実用できるだろう。

レポート/写真●櫻井伸樹 編集●中牟田歩実

1 2

3

おすすめ記事

「原付一種→二種」販売台数が逆転? 早ければ2019年にも 【バイク擬人化漫画】ニーゴーマン! 第27話:ふたつの顔を持つ男!? GB250クラブマン君【隔週連載】 容量の拡張が可能なスタイリッシュなシートバッグ
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

  1. GB350 ホンダ
PAGE TOP