バイクライフ

空き缶で作れるアウトドア用アルコールストーブが凄いッ「市販品よりも火力が強力!!」

自作「アルコールストーブ」を作る手順

紙やすりでアルミ缶の塗装を剥がす

まずは紙やすりで缶の塗装をはがす。缶の塗装は着火すると燃えるので残したまま作ってもいいのだが、汚く残ったり有害なガスが出たりするので、できるだけ最初に磨き、剥がしておきたい。コツはできるだけ飲料が入った状態で磨くこと。中身がないと凹んでやりにくいのだ。

紙やすりは240番を使用した。

切断する箇所をマーキングする

缶の塗装をキレイにはがせたら、次にアルミ缶を下から50mmの位置で切断する工程に入る。
中身が入ったまま缶の塗装を剥がした場合には、切断する工程に入る前に中身を出しておこう。切断する前に、まずはマーキングをしよう。このときに幅50mmのガムテープを使うと、マーキング作業がやりやすい。

マーキングのやり方は、まずカッターの刃を長めに出し、ガムテープの上にぴちっと固定する。次に横に缶を置き、カッターの刃が当たっているのを確認したら、ゆっくりと缶を回していく。ぐるりと1周させると切りたい場所に跡がつく。

幅50mmのガムテープを使ってマーキングをすると便利。
50mmのガムテープがある場合、ガムテープの上にカッターを固定し、缶の方を回すとキレイに切断箇所のマーキングをすることができる。

底から50mmの位置でアルミ缶を切断する

缶にカッターの刃を当ててゆっくりと何周かさせると、徐々に刃が食い込んで缶がだんだんと切れてくる。 その状態になったら、今度は缶を横に倒して、切れ込みにゆっくりと刃を入れる。 すると、パカ、パカと缶が切断されていく。ここで強く刃を押してしまうと、缶がつぶれてしまうので注意。 つぶれないように、優しく刃を入れるのがコツだ。1 周ぐるりと切れば、キレイに真っ二つにできる。

切れ込みが入ったら、缶を横に倒して上から下に向かって裂くように、力を入れず切っていく。
切断が終わった缶。

アルミ缶の上ブタ部分をカットしてバリをとる

缶を上下に切ったら、今度は上部の飲み口部分を外す。
缶切りがあれば一番簡単でキレイにできるが、今回はハサミで切った。 細かく分けて切り取っていったので、鋭利なバリがいくつも生まれ、非常に危ない状態だ。

このバリをハサミで可能な限り切り取ったら、今度は金工やすりでガリガリと大まかに縁を削っていく。ちなみに標準的なアルミ缶の厚さは0.1mmと非常に薄い。金工やすりで削れば、みるみるきれいになっていくのが楽しい。

金工やすりでバリを削ったら、紙やすりで縁をならす。縁は非常に鋭利なので指先を切らないようにご注意を。
一番目の荒い紙やすりの80番で全体の凹凸をならしたら、240番で広範囲を滑らかにしておけばOK。より光らせたい場合は最も目も細かい400番で磨く。

上部の飲み口部分をハサミで切り取る。缶切りがあればもっと楽にできる。
金工やすりで大まかに縁を削る。
紙やすりで縁を滑らかに仕上げる。
切り取ったフタの破片。 非常に細かく、一つひとつが鋭利なので、例えばこれが爪の間に刺さったりすると非常に痛い。トレーや新聞紙をひいて作業をし、床に落とさないように気をつけよう。

余分な部分をカットする

飲み口部分を切り取り終わったら、切り離した缶の上部側の不要部を切り取る作業だ。
下から50mmの位置で切った本体下部は、最下端が7mmほど底に向かってすぼまっている。つまりボディの部分は43mmということになる。
そこで、上部もボディ部が43mmになるように不要な部分をカットしていく。

まずはマジックでマーキングして、ハサミで切っていく。後の作業で、この2つのパーツを重ねるわけだが、その時にボディ部がきっちり二重になるように作りたいのだ。

ボディの部分が上下とも43mmになるように長さを調整する。
長さの調整が終わった缶。

アルミ缶の側面に凹凸をつけて副室を作る

この自作アルコールストーブの肝である「副室」(アルコールを気化させるための隙間)を作っていく。
難しそうに聞こえるかもしれないが、本体上部の側面をやっとこやプライヤーで曲げていくだけのこと。

1周ぐるっと曲げていくとくぼみができる。そのくぼみが副室となるわけ。
やっとこやプライヤーを捻るようにして凹凸を作っていくのだが、本体下部の方はなかなか跡が付きにくい。そこで、2本の指をボディの内側に入れて、上から定規などを当ててぐっと押し込むと、凹凸がうまくできるのだ。

プライヤーと指と定規で副室を作っていくと、最終的に花のような形状の凹凸ができる。この凹凸加減が、実際に火をつけたときの燃焼効率を大きく左右してくるので、できるだけメリハリのある凹凸を作ってきたい。

プライヤーで缶の側面を挟み、副室となる凹凸を作る。
プライヤーで跡がつきにくい場合には、指を缶の内側に入れ、定規などの縁を使って凹凸を作るとうまくいく。
花のような形状の凹凸ができた。

圧力を抜く穴をあけ、上下パーツを合体させる

次に、圧力を逃がす穴を上部に開ける。このアルコールストーブは、ゴトクを使わず本体に直接クッカーを置くので、穴がないと圧力が逃げずに爆発する恐れがある。左右2ヵ所に5mmほどの穴を開けておく。

いよいよ最終工程。副室を作った上部と下部を合体させる。本来なら上下のボディは同じ径なので重ならないが、しっかりと副室の凸凹を作っておけば、サクッと入るはず。
注意したいのは、 上下をはめた後に上から中をのぞいて、副室が内側に折り曲がっていないかどうか。副室の全周が外側の側面に馴染んでいればオーケーだが、不規則に内側に出ている場合は、指で補正してあげるといい。これで完成。

圧力を逃がすための穴。左右に1カ所ずつ、合計2ヵ所に5mmほどの穴を開ける。
副室を作った上部と下部を合体させる。副室の凹凸がきキレイに収まるよう、調節しながら合体させよう。
副室が均等に並んでいるかを確認。不規則に内側に出ている場合は、指で補正しよう。
完成した自作「アルコールストーブ」。
1

2

3

おすすめ記事

自衛隊のバイク部隊が偵察や災害時に使う車両「偵察用オートバイ」って何だ!? 【リコール情報】トライアンフ・スラクストンにイグニッションスイッチの配線が断線する恐れ モトサービスエッジ 土方のトラブルから考える二輪車メンテVol.3「無意識が引き起こすギヤの異常摩耗」
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

  1. GB350 ホンダ
PAGE TOP