雑ネタ

マフラーにメタリックな輝きを! 90年代の隠れ名車「カワサキ ZZR600」リフレッシュ計画【第4話】

「リコイル」は、ネジ修復の強い味方

第3話で少しだけ触れた別の案件にも取り掛かります。
サイドカバー類の脱着時、フレーム側の雌ネジが荒れていたんですよね。ZZRの場合、メインフレームと同様にフレーム後部もアルミでできています。そして荷掛けフックの取り付けボルトは、外装後部を固定する雌ネジも兼ねていますが、その1ヵ所の6mmネジの山が摩耗してボルトは空回り気味。

しかも、そのネジを修復しようと思った矢先、右側の樹脂製カバーの取り付け用の凹み奥が、振動のせいか経年劣化のためか欠損していました。右側各部に破損が集中してるってことは、元オーナーが転倒時に右足を挟まれるかして、カバー全体が押され気味に衝撃を受けたのか? 硬い物にぶつかったような破損がほぼないんです。
いずれにせよ、放置しておけないネジ山と樹脂部品の欠損です。

そこで、後部フレーム・荷掛けフック固定の6mmネジの修復には、最近工具屋さんで入手しやすい「リコイル」を使用。
元の傷んだネジ山をドリルで少し削って大きめな下穴に加工してしまい、そこに強い材質のリコイルで新たな6mmネジを立てることにします。

リコイル指定サイズのドリル歯で、元のやつれたネジ山を削って穴を拡大。ハンドドリルなので、ネジ山の座面に対して垂直になるよう注意。ここはかなり慎重に!
リコイル付属のタップで、下穴をグリグリ削り進めます。この下穴も、できるだけぶれないよう開けます。
拡大した下穴に、リコイルを専用工具でねじ込みます。貫通穴なので、あまり奥までリコイルを入れ過ぎるとネジの取っ掛かりも奥になってしまい、後で組立てに支障も。程よい位置に入れたらリコイルの奥の爪を叩き折って完成。

「レース用エンジンなど、小ネジを頻繁に分解するアルミの部分で、この加工はよく見たなぁ」と思いつつ、リコイルをネジ穴に組み込むと、荷掛けフックもキャリアも、規定トルク+少々でネジがしっかり締結できました。よしよし!
ZZRに限らず、荷掛けフックのネジ穴がダメになってお困りの方は、この方法で直りますよ。

続いて、少々面倒だったサイドカバーの部分欠損の再構築+成形に取り掛かります。
現状は、ネジを受ける広ワッシャーの大きさによって凹み部分の最深部が欠け落ちて、ほんの一部が残っていました。でもこの一部だけでもあると無いでは大違いでした。

ボコッと取れたサイドカバー取付け部。あ〜ぁと思いましたが、この車体色の外装を見つけるのも難しいだろうということで、修復を検討。

手近にあったアルミのムク棒材(撮影スタジオ用品を自作した余り。ちなみに筆者の本業はカメラマンです)を使い、残留破片を元に破損部分の凸型を想定しつつ、小型旋盤で地味〜に削っていきます。

照明スタンド製作時の残りのアルミ材があったよなーと思いつき、寸法を計ると凹み部分の内径とほとんど同じ(狂喜)。こいつを旋盤で削って治具を作りましょ。

無事なほうの反対側のカバー形状も参照しつつ、おおよそいい感じでハマるよう加工。表側からそのアルミの凸型をガムテープで固定したら、エポキシパテをサイドカバー内側の型外周全体にギュッと盛り付けて時経硬化を待ちます。

破片の位置はここ。まずはアルミで作った治具と破片をあてがいつつエポキシパテで周辺から固めていきます。破片が安定したら、残りの外周全体をカバー裏に合わせてエポキシパテを盛り上げ、治具に押し付けて成形。

ひと一晩寝かせ、ある程度固まったらアルミの型をグイッとねじるようにカバーから抜き取ってもうひと晩。カチカチになったら細部も整形します。

離形剤代わりにCRC556を塗布しておいたものの、外すのに少し難儀して治具を抜いた図。完全硬化させるため、このまま1〜2日くらいは放置しておきました。

作業前には樹脂部分をしつこく脱脂し、型のアルミ材の周りには微量の油分を塗っておきました。離形剤代わりには暫定的にCRC556を使用し、内側に凹み部整形での余ったエポキシパテや、フレーム座面に接する部分は、ベルトサンダーできれいに面を出すように切削。細部はペーパーを細い工具に張り付けて滑らかに成形後、白でタッチアップ。
これでサイドカバーは、フレームにバッチリ固定できるようなりました。

消滅した奥の部分が再生できました。裏面のフレームに面で接する部分の成形は丁寧に。オークションでは欠けた部品が普通に売ってるのを見かけますが、こうした手間を考えると、よほどの珍車旧車を再生せざるを得ないとき以外、買う気にはなれまへん。

待望の部品を中古で入手したものの、一部が思わぬ破損をしていて悲劇的なときなど、エポキシパテは希望を持たせてくれるアイテムのひとつですね。

こちらはカウルのサイド部分。やや外しにくい右カウル内側ボルト脱着は、カウル前下のメンテナンスカバー(?)を外し、ラチェットと5〜7cm程のエクステンション+10mmソケットを組み合わせると割と楽なようです。写真右下のラジエーターカバーは、後々再塗装します。


こうして少しずつ修復が進み、気分を上げつつ試走を続けていますが、そこでまた事件が!
いきなりスピードメーターが動かなくなり、停まってみたら案の定メーター側でワイヤーが外れていて復旧が面倒でした。

どこもかしこも緩んでいて、メーターケーブルが外れて路面をズルズル。カウルを外し、メーター下を確認したりワイヤー換えたりで頻繁に脱着を繰り返す日々。

ともあれ、外装やネジの傷みといった部分も、放っておくと走行ノイズの元。ガタピシ言ってるのは好きじゃありませんから、電気・燃料系の部品待ちの間に終わらせることができてよかったです。で、次回はくだんのガソリン臭い案件と、急加速後のエンジン不調の原因追及。完調を目指し、作業は続きます。

次ページ:26年前には恐らく日本初のZZR600ミーティングも開催

◎次のページへ
1

2

3

おすすめ記事

防水・防塵性能を持つエンデュリスタンのタフなタンクバッグが日本上陸 KTM 790アドベンチャーとデュークがブレーキホースの不具合によるリコールを届出 国産150cc〜250ccスクーター「気軽に乗れそうだし足着きいいでしょ」とは限らない!? 身長159cmの女性ライダーが8車を検証
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

  1. NC750X 2021
  1. NC750X 2021
  2. トライデント660 トライアンフ
PAGE TOP