雑ネタ

マフラーにメタリックな輝きを! 90年代の隠れ名車「カワサキ ZZR600」リフレッシュ計画【第4話】

スロットルを派手に開けなければ、まあまあというか、「なあなあ」な調子で走れているZZR600・2号車。プラグコード劣化が怪しかった4番ではなく、1番のプラグがくすぶり気味だった症状から点火系の謎が発覚したんですが(第3話)、今回はその部品待ちの合間に行った別箇所の修復作業を紹介します。


純正コイルを待ちながら、排気系の修復&仕上げ

ZZR600は、純正のイグニッションコイルにプラグコードが直付けされているため、ここが問題ならコードの交換=コイルassy交換になります。レース用の改造だったらダイナのコイルや社外のプラグコードにしたかもしれませんが、クリーナーボックス下の配置はあまりいじりたくない気分。そこでまた多少の出費になりますが、純正のコイルとその他の細かい部品を販売店さんへ注文。
部品待ちの合間は、せっせと別の作業を行ないます。

第3話で、劣化した表面コーティングをはがし「にわかヘアライン仕上げ」にしていたデビルのサイレンサーですが、面白くなっちゃって軽〜くバフがけをしたらもっとキレイになりました。
その後、知り合いの狩野溶接さんに見せに行くと「こうすりゃ、もっと綺麗になるよ」と言われて、サイレンサーの一部だけ鏡面みたいにされちゃいました。
しかし、一部だけ鏡面にしたら全体が気になるところ。そこで残りの部分はポリッシャを使い、600番ペーパーとバフ+青棒でひぃひぃ言いながら自家研磨。
とはいえ、狩野溶接さんみたいな鏡面的な光沢を出すのは難しかったので、狩野さんレベルの8.5割の艶(?)で妥協しました。

かくして、当初の褪せた黒色仕上げとは全く別物になりましたが、狩野社長のシゴキ(!?)はこれだけで終わらなかったのです……。

自分ではけっこう頑張ったつもりでも、プロのツヤには届かぬ仕上がり。でもまぁ、最初と比べたら色あせたデビル君も喜んでくれたかもしれません。

サイレンサーがピカピカになったので、終わってみればゴキゲンですが、純正の排気系入手を見据えて、純正エキパイの捜索も開始。別部品となるエキパイの中古をネット検索していると、愛知の業者からステンレス仕様の中古がオークションに出ていました。
ほかのスチール製はどれも錆のひどいものが多く、再塗装しても表面の荒れが残りそうな個体ばかり。錆でボコボコなエキパイでは耐用年数も短い気がしたので、思い切って上記のステンレス仕様を即決で落札。人気車種ではないので、案外安く入手できました。

純正のエキパイながら、ステンレス仕様のタイプなんですね。連結部分の傷みは少しあるけど、焼けを落とせば程度は悪くなさそう。

手元に届いたエキパイは表面の焼けがだいぶあったものの、ステンレス磨きは「虎の穴」狩野溶接さんでしごかれた手法が生きました。削り過ぎぬように、かつ溶接スパッタもならして艶出し。
そして、作業の途中で狩野溶接さんに持参すると、またもや狩野親分が手本のように部分的鏡面仕上げ……。手前のエキパイだけ輝きが違う!

奥の3本は私が途中まで研磨したステンのエキパイで、手前だけ狩野さんによるポリッシュ。かなりの実力差です。この後、奥3本と全体の研磨でひぃひぃ。

親分のシゴキに踊らされる私はやはりMなのか……。
その後、ふた晩ほどかかってエキパイはかなりキレイに復活しました。純正サイレンサー発注は少し先になりそうですが、艶を取り戻したエキパイがあれば、発注の決意も揺るがぬものとなるでしょう!?

連結部や集合部とかはポリッシャが入らず、ひたすら手作業で研磨。

次ページ:摩耗したネジ山と樹脂部品の修復

◎次のページへ

1

2 3

おすすめ記事

電熱ウェアデビューにオススメ! センスも実績も抜群なケイスブランドの「プレミアムヒートジャケット」が日本上陸!! クルマだけでなくバイクもOK! 愛車のおはらいをしてくれる関東の有名寺社5選 【アイテム選びで旅をもっと快適に:その4】"透湿防水性"に優れた逸品
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

  1. VT250
PAGE TOP