雑ネタ

蘭、セピア、ビーノ──若き日の初々しさに胸キュン! 人気女性アイドルがCMに出た昭和・平成の原付スクーター6選

バイクブームを彩ったCMとアイドルたち

昭和から平成にかけて巻き起こった一大バイクブーム。ブームには1970年代の第一次、1980年代から1990年代前半の第二次ブームがありますが、これらの時期に顕著だったのが女性ライダーの増加です。

特に、原付スクーターは免許が比較的簡単に取得できる(学科試験だけ、また普通自動車免許でも運転可能)こともあり、通勤・通学や買い物などで気軽に利用できる日常の足として、女性にも大きな人気を得ました。
そのため、当時の原付スクーターには、女性をターゲットにしたボディカラーや使い勝手を考慮した装備、モデル名にも女性が好みそうなネーミングを施したモデルなどが数多く販売されました。

加えて、それらモデルには、テレビCMやカタログなどで当時人気だった女性のタレントや歌手などを起用したものも多く、女性ユーザーに憧れや親近感を抱かせる広告宣伝が多かったのも特徴です。

また、女性向けモデルではなくても、男性ユーザーへのアピールとして、人気女性アイドルなどを起用するCMなども登場。現在50歳代半ばの筆者も含め、多くの男性ライダーの目を釘付けにしたものです。

ここでは、そんな昭和や平成の原付スクーターの中でも、特に当時の女性アイドルをCMキャラクターに起用したモデルをピックアップしてご紹介しましょう。

スズキ・蘭(1983年)×伊藤 蘭

1983年登場の蘭。デラックス、スーパーデラックス、カスタムなどグレード展開も行われた。

1983年にスズキが発売した「蘭(ラン)」のCMキャラクターには、アイドルグループ「キャンディーズ」の元メンバーで、現在は女優や歌手として活躍する伊藤 蘭さん(1955年~)が起用されました。

蘭は、スズキが女性向けに発売したモデルで、全長1505mm×全幅640mm×全高920mmというコンパクトなボディや、軽量な車体などで女性にも取り回ししやすく、乗りやすい仕様となっていたのが特徴。
また、イメージカラーに赤を採用したり、花の「蘭」を車名に使うなど、男性的な車体色やネーミングが多かったそれまでのバイクと違い、徹底的に女性にアピールしたモデルです。

ちなみに、同じ年に発売された「薔薇(バラ)」も同コンセプトで、こちらは乾燥重量41kgという蘭よりさらに軽い車重が売り。やはり女性ライダーをメインターゲットにしていました。

その蘭のテレビCMには、前述の通り、名前が車名と同じ伊藤 蘭さんを起用。
伊藤さんは、田中好子さんや藤村美樹さんらと結成した3人組みの女性アイドルグループで、1970年代に一斉を風靡したキャンディーズの元メンバー。『年下の男の子』など数多くのヒット曲があり、筆者をはじめとする1960年代生まれや1970年代前半の人なら、知らない人はいないほどの超人気アイドルでした。

テレビCMに出た伊藤さんは、当時20歳代後半。1977年に人気絶頂のままキャンディーズが解散して以降、女優として活躍をはじめた時期です。
CMには、いくつかバージョンがありますが、そのひとつで伊藤さんは艶やかな桜色の和服姿に、蘭の花を持って登場。従来のアイドル的イメージから、大人の女性を演出したスタイルで登場します。
「蘭」の傍らに座った伊藤さんは、「蘭、咲きました」とこのスクーターが発売されたばかりの新型車であることをアピール。その後、「スクーター美人、スズキ蘭」といったナレーションが入ります。

また、別のバージョンでは、ボディカラーに「赤、白、青」があり、「カラフルに咲いたでしょう? 」という伊藤さんのセリフが入るものや、伊藤さんが「重さは私と同じくらいです」と女性でも扱いやすい軽さをアピールするものなどがあります。

これら各バージョンから分かる通り、蘭のCMはかなり女性ユーザーを意識していたことが分かります。その戦略が功を奏したことと、当時から伊藤さんには女性ファンも多かったこともあり、蘭は女性ユーザーを中心に高い人気を誇りました。

ホンダ・タクト(1989年)×小泉今日子

電動式センタースタンドを装備し、1989年に登場した「スタンドアップタクト」。

ホンダのロングセラーモデル「タクト」5代目モデルの広告宣伝には、キャラクターとして現在は主に女優として活躍する小泉今日子さん(1966年~)が起用されました。

1989年にモデルチェンジを受けたタクトは、通称「スタンドアップタクト」と呼ばれたモデルです。
その理由は、市販車初の電動式オートスタンドを採用したこと。この機構は、メインスイッチのキー操作だけで、センタースタンドが自動で起き上がるシステム。これが、このモデル一番の売りだったため「スタンドアップ(立ち上がる)」という通称が付いたのです。

ちなみに、エンジンには4ストローク単気筒を搭載する現行モデルと異なり、最高出力6.0psの空冷2サイクル単気筒を搭載。オートマチック(Vマチック)変速機構との組合せで、低速域から常用回転域までパワフルでなめらかな走りを実現していました。

そんな5代目タクトのテレビCMに登場した小泉さんは、ご存じの通り1980年代には「キョンキョン」の愛称で親しまれた人気アイドルでした。1985年にリリースしたシングル曲『なんてったってアイドル』は約30万枚のヒットとなり、楽曲の中で堂々と「私はアイドル」と歌った歌詞は大きな話題となりました。

タクトのCMに出た頃の小泉さんは、当時20代前半。歌だけでなく、テレビドラマなどにも出演し、演技でも評価を受け始めた頃です。CMには、いくつかバリエーションがありますが、いずれも5代目タクト一番の特徴、電動式オートスタンドを小泉さんがコミカルに紹介するというもの。

その中のひとつで、小泉さんはかなりシュールな衣装で出演。まるでクモのロボットのようなルックスで、金属製のアシが10数本付いた近未来的なドレス(?)を身にまとっていたのです。

そして、笑顔で「回すとはなんじゃらほい」というCMソングに合わせて踊りながら、舞台のセリのようなところから上方に浮上。それに合わせて衣装に付いたクモ風のアシも伸びるという奇抜な演出でした。

ところが、次に、タクトの電動オートスタンドが自動で立ち上がるシーンに切り替わり、演出の意味が分かります。CMソングの歌詞にあった「回す」とはキーを回すことで、その操作により自動で起きるスタンドを、衣装の伸びるアシで表現していたのでした。

デビュー当時から独自のファッションや言動などが注目された小泉さんだけに、タクトのテレビCMも、かわいいだけのアイドルではない、際立つ個性を放った作品でしたね。

スズキ・セピア(1989年)×井森美幸

1989年に登場したスズキ セピア。

5代目タクトと同じ年、1989年に登場した「セピア」のテレビCMやカタログには、タレントの井森美幸さん(1968年)がキャラクターとして起用されました。

セピアは、1987年に登場したアドレスをベースにした派生車種。6.8psの2ストローク単気筒エンジンと63kgの軽量な車体により、俊敏な走りを実現。
当時主流になりつつあったシート下のヘルメット収納スペースやリヤキャリアの標準装備などで、高い実用性も誇るモデルでした。

翌年の1990年には、セピアのスポーティ仕様として7.0spエンジンの「セピアZZ」が登場。後年、セピアシリーズはこの後「ZZ(ジーツー)」のみが残り(最終的に車名は「ZZ」に)、2007年まで生産されました。

そんなセピアのテレビCMに登場した頃の井森さんは、やはり当時20歳代前半。バラエティ番組を中心に活躍するアイドル、いわゆる「バラドル」と呼ばれていた時代です。
持ち前の陽気でくったくのない言動などが人気だった井森さんは、バラドルの先駆者的な存在。山瀬まみさんや森口博子さん、松本明子さんらと共にバラドルの愛称で親しまれ、多くのテレビ番組に出演していました。

井森さんのバラドル的な明るさは、セピアのCMでも健在でした。
舞台は、セピアのスチール撮影を行うフォトスタジオ(井森さんはセピアのカタログにも登場していました)。ピンクのワンピース姿でいかにもアイドル然とした衣装で登場した井森さんは、スタジオ内に置かれたセピアの周りを珍しそうにグルグル回り、なでまわした後に、「乗れるよ、私」とシート下からヘルメットを取り出します。そして、おもむろに狭いスタジオ内をセピアで爆走! なんとも自由気ままな行動は、当時の井森さんらしさを上手く表現していました。

余談ですが、セピアのカタログ表紙では、なぜかバイクの写真が小さく、井森さんの写真が大きく掲載されたこともファンの間で話題になりました。普通はバイクが主役のカタログで、どう見ても井森さんが主役というかなり攻めたデザインに、当時の井森ファンは大喜びしたそうです。

次ページ:平成のアイドル広末涼子や、一大ブームになったパフィーも

◎次のページへ

1

2

おすすめ記事

【快適ライディングウエア探求】基本を押さえた堅実なモデル フラッグシップのURBAN RIDE MESH JACKET 【ARAI SPIRIT】アライヘルメット「ものづくり」の真髄-1 【NEW ITEM】目立たないインカム MIDLAND BT GO JET/UNI
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

  1. VT250
PAGE TOP