新製品

SHOEI XフォーティーンにM.マルケス選手のレギュラーグラフィックレプリカを設定

SHOEIは、フラッグシップ・フルフェイスヘルメットのXフォーティーンにマルク・マルケス選手モデル、「MARQUEZ 6(マルケス6)を追加した。

Xフォーティーンは、強靱なガラス繊維と3次元形状とした有機繊維の複合素材をベースに、高い弾性性能を持つ高性能有機繊維素材をプラスしたAIM+(Advanced Integrated Matrix Plus Multi-Fiber)をシェルに採用。前傾姿勢を基準とするエアロフォルムとすることで、レースにも対応する保護性能と優れた空力性能を併せ持つ。

このマルケス6は、頭頂部にマルケス選手のトレードマークである蟻を、後部と顎にはマルケス選手のナンバー「93」を描いたレギュラーグラフィックレプリカモデル。なお、SHOEIは2024年までマルケス選手との契約を更新している。

JIS規格とスネル規格をクリアし、MFJ公認も取得。価格は7万6000円(税別)で、XS(53〜54cm)〜XXL(63〜64cm)までの全6サイズをラインアップする。発売は2021年3月となっている。

問い合わせ先

SHOEI
TEL:03-5688-5180
https://www.shoei.com

  1. レブル250ってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説します!【ホンダバイク資料室/Rebel 250】

  2. スーパーカブ C125、起伏がある坂道にも強い!レンタルバイクで日本の原風景を旅するなら『スーパーカブ C125』がピッタリだと思う【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Super Cub C125(2022)】

  3. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

  4. ただの味わい系バイクじゃない。 新型『HAWK 11 (ホーク 11)』に感じる大型バイクの新境地【HAWK 11に、乗る /試乗インプレ・ファーストレビュー 前編 】

  5. 日常から遠出まで~使い勝手を高めてGB350でツーリングを楽しもう

おすすめ記事

<画像大量>レブルベースのスクランブラー「CL500」登場! CL250も日本発売確定!? カスタムも楽しめる! ヤマハ初の前後フルサスペンション仕様MTBモデル、新型オフロード電動自転車YPJ-MT Proが9月に発売 スマホケース・ホルダーブランドのUAから新製品が登場「iPhone 12 Pro MaxやGalaxy S12も装着できるアルミ製メタルホルダー」
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

PAGE TOP