【100均用品でアウトドアグッズをDIY】製作時間15分、材料費550円のキャンプ用ローテーブルが意外に使える!

製作したキャンプ用ローテーブルを野外で使ってみました。
100均アイテムでキャンプ用ローテーブルを作るにあたって用意した材料。
100均に売っているグルーガン(220円)とグルースティック(110円)。速乾性があり、水にも強いのでキャンプ用品をDIYする人の強い味方。
セリアで販売しているアウトドア用ミニテーブル(110円)。折りたたみができて軽量だが、天板がプラスチックなので熱いものを置けないなどの欠点も……。
100円ショップの最大手ブランド、ダイソー。今回の材料はすべてダイソー錦糸町アルカキット店で買い揃えることができました。
アルティメットコンテナ(220円)には、同製品を上に積み重ねるための突起がついています。
4つの突起すべての位置を桐まな板に鉛筆で書き写します。
割り箸を2cmくらいの長さに切りそろえます。
コンテナの突起部分をL字型に囲むよう、切った割り箸を桐まな板にボンドで付けます。
4つの角すべてに切った割り箸を取り付け終わりました。
コンテナ上部の4つの突起がすべて割り箸とうまくかみ合い、桐まな板が横に動かないようになっていればできあがりです。
コンテナケースを流用しているので、土台部分に食材などの小物をしまっておくことができます。
分解したキャンプ用ローテーブルと食器類をトラベル収納ケースに入れてみると、コンパクトに収納することができました。ある程度慣れると、この状態から20秒ほどで使える状態に組み立てることができます。
天板は一人分の食器を置くのにちょうどいいサイズです。
折りたたんだ状態から組み立てにかかる所要時間を計ってみると、約14秒でした。
100均をめぐり、キャンプアイテムのDIYに使えそうなアイテムを考えるのは楽しいです!! 次は何を作ろうかな……と考えながらの焚き火タイム。
この画像の記事ページへ

おすすめ記事

  1. ムック『二輪旧車再生マニュアル Vol.2』八重洲出版より発売中!!
  2. 「守ると遊ぶを1台に」 ヤマハが作ったオフロード特化型防災トリシティの装備を徹底調査! トリシティ ヤマハ
  3. 「インディアンMCミーティング北海道 in 十勝スピードウェイ」開催!秋晴れの下でツーリング&ミーティング&サーキットランを満喫
PAGE TOP