【ホンダ 3代目NC750X 徹底解説】エンジンパワーアップ&6kg軽量化され、2月に92万4000円~で発売

ホンダ NC750Xデュアルクラッチトランスミッション(グランプリレッド)
ホンダ NC750Xデュアルクラッチトランスミッション(グランプリレッド)
ホンダ NC750Xマニュアルトランスミッション車(パールグレアホワイト)
ホンダ NC750Xマニュアルトランスミッション車(パールグレアホワイト)
ホンダ NC750Xマニュアルトランスミッション車(マットバリスティックブラックメタリック)
ホンダ NC750Xマニュアルトランスミッション車(マットバリスティックブラックメタリック)
上下2分割デザインとなったヘッドライト。ヘッドライト、テールライト&ブレーキランプ、ウインカーといった灯火類はオールLED
車体色はグランプリレッド、パールグレアホワイト、マットバリスティックブラックメタリックの3色
745ccのOHC4バルブ並列2気筒エンジンは最高出力58馬力/6750回転、最大トルク7.0kgm/4750回転の性能に(写真はデュアルクラッチトランスミッション車)
マニュアルミッション車にはアシストスリッパークラッチを新採用(写真はマニュアルミッション車)
スチールパイプ製フレームは新設計となり、フレーム単体で従来型より1.8kg軽量化
メーターは新デザインの液晶モニターとなり、各種電子制御機構の作動レベルも表示される
デュアルクラッチトランスミッション車の右スイッチボックス。MTモードとATモードの切り替えボタン、ニュートラルボタンなどがまとめられている
ライディングモードに切り替えスイッチ類は左スイッチボックスにまとめられている(写真はデュアルクラッチトランスミッション車)
NC750Xシリーズならではの装備、「タンク部分」の収納スペースは1L容量が拡大され23Lに
従来型でもフルフェイスヘルメットをしまうことはできたが、より余裕をもった収納が可能に
シートは上面とサイドで異なる質感の表皮となったほか、リヤシートには「NC750X」ロゴが入るようになった
サイドプロテクターバーとフォグランプ(欧州仕様のオプション)
パニアケースとリヤキャリヤ(欧州仕様のオプション)
2016年1月に登場した2代目NC750X。デュアルクラッチトランスミッションに複数の変速モードを採用するなどの改良が行われた
2014年1月に、NC700Xの後継機種として登場した初代NC750X
この画像の記事ページへ
  1. スーパーカブ C125、起伏がある坂道にも強い!レンタルバイクで日本の原風景を旅するなら『スーパーカブ C125』がピッタリだと思う【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Super Cub C125(2022)】

  2. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

  3. ただの味わい系バイクじゃない。 新型『HAWK 11 (ホーク 11)』に感じる大型バイクの新境地【HAWK 11に、乗る /試乗インプレ・ファーストレビュー 前編 】

  4. 日常から遠出まで~使い勝手を高めてGB350でツーリングを楽しもう

おすすめ記事

  1. レブル1100Tが新登場! ヤッコカウルでロングツーリングも快適に。レブル1100とレブル500は色変更!
  2. 返礼品は「マンホールの蓋デザイン権」設置場所も選べる!! 島根県吉賀町のふるさと納税が内容も寄付額もぶっ飛んでる件
  3. バイクのオークション落札相場、20年〜22年の2年間で約6万円も高騰!! クルマも高騰している?
PAGE TOP