試乗インプレッション

新型PCXを初代ユーザーが見たら購入するのか!? (後編)

NEWMODEL IMPRESSION HONDA PCX/PCX150

走行性能、実用性、価格。そのバランスのよさから世界各国で支持されているPCXが4月にモデルチェンジ。完成度の高かった従来型のどこが改良されたのか? 初代125cc後期型に4年間乗り続けるモーターサイクリスト編集部員が、ユーザー目線でレポート! 今回は後編をお送りするぞ。

report●上野茂岐 photo●雪岡直樹)

 

 

「全方位進化」っぷりにおののく

エンジンは従来型から継承された「eSP」ユニットをさらに熟成。また変速比の変更もあって、加速力も高まっている印象で、特にスロットルをパーシャルから開けたときの付きがいいというか、イキがいい。それでいてドッと前に出るようなことはなく、PCXがテーマにしてきた“上質さ”は損なわれていない。

また街乗りからツーリングまでPCX1台でバイクライフを送るユーザーも少なくないという実情を考慮し、150には前輪のみが作動するABS仕様が設定された。おもしろいことに、ABS仕様は前ブレーキをしっかり使う“ライダーの感覚”を重視し、カチッとしたタッチにブレーキのフィーリングに造り込まれている。

こんなにも走行性能が高められているにもかかわらず、実用性はまったく犠牲になっていない(シート下収納の拡大、出し入れがしやすくなったフロントボックスなど、使い勝手に配慮した“重箱の隅をつつくような改良も行われている!)。

使い勝手のいい車体サイズもほぼそのままだし、価格は125/150ともSTD仕様で従来型から約1万3000円上昇したが“従来型並み”といえる範囲に収められている。スマートキーの採用、収納装備の改良などを考えれば、むしろお買い得とも思うワケで……。

 

2代目が登場したときは「まだ乗れる」と見送ったが、さらなる熟成を遂げたこの3代目、コレは買い換えるしかない!?と本気で悩む全方位進化ぶりである。

 

■足まわり

◀写真は125ccでブレーキは非ABSとなるが、左レバー操作で前後連動で作用する「コンビブレーキ」を従来型同様に採用。サスペンションの設定は125150とも共通となる。

 


■メーターまわり

◀メーターは反転液晶表示のデジタル式で、中央に速度計、下部に時計、燃料計、平均燃費計を表示する。

 

■シートスペース

◀シート下収納の容量は2代目25ℓ→新型28ℓへと拡大。開口部も広く使い勝手が高められている。

■テールランプ

◀スリムなリヤまわりの形状は継承しつつ、LEDテールランプは被視認性にも配慮し大型のデザインとなった。

 


■Specifications

[ ]内は150、150ABS

【エンジン・性能】種類:水冷4ストローク単気筒OHC4バルブ ボア×ストローク:52.4×57.9㎜[57.3×57.9㎜] 総排気量:124㎤[149㎤] 最高出力:9.0kW<12ps>/8500rpm[11kW<15ps>/8500rpm] 最大トルク:12Nm<1.2㎏m>/5000rpm[14Nm<1.4㎏m>/6500rpm] 燃料タンク容量:8ℓ 変速機:無段変速式 【寸法・重量】全長:1925 全幅:745 全高:1105 ホイールベース:1315 シート高:764(各㎜) 車両重量:130[131]㎏ タイヤサイズ:100/80-14 120/70-14 【価格】34万2360円[37万3680円、39万5280円(ABS)] 【カラー】銀、赤、黒、白

http://www.honda.co.jp/PCX/

 

関連記事

  1. 【NEW MODEL IMPRESSION】時に優雅なクルーザー…
  2. マンネリ化した箱根ツーリングに新提案 いま、KYMCOバギーがア…
  3. 【フロント19インチはオールラウンダーの証か否か? その2】F1…
  4. かつてCB乗りだったライダーがCB1000Rにハマる理由(前編)…
  5. 【フロント19インチはオールラウンダーの証か否か? その1】大径…
  6. かつてCB乗りだったライダーがCB1000Rにハマる理由(後編)…
  7. 【NEW MODEL IMPRESSION】常勝フラットトラック…
  8. 今こそ注目したい! ゆったり走れる旅仕様カブ、クロスカブ110

旅に出よう!

おすすめ記事

ハーレーがストリートファイター「ブロンクス」をヨーロッパで発表 東京モーターショー2019で大公開! 圧倒的な走破性を誇る新型アフリカツイン 【愉悦のaround 50ps】峠小僧が憧れたバイクに乗ってみた(GSX-R編) 【偉大なる“発明品”の話】カブの自動遠心クラッチは、カブに何をもたらしたか(前編) 【’90s名車列伝】“ライダーを育てるバイク” ドゥカティ・900SS 唯一無二の魅力を探る(後編) 【NEWS】トライアンフ 『春のスペシャルキャンペーン』開催中!! 【EVENT】技術を向上させたいビギナー必見!! 安全運転スクール「U30 スズキセイフティスクール」 開催!! 電動アシスト自転車の先祖? 最近話題になったホンダ・ピープルってどんなバイク? 【’90s名車列伝】世界中にファンがいる! ZZ-R1100と、当時のカワサキ最強モデルたち 【NEWS】ワールドインポートツールズが本日再始動!
BIKE王

ピックアップ記事

カテゴリー記事一覧

PAGE TOP