ニューモデル

KTMジャパンがフリーライド250Fの2020年モデルを発表

KTMジャパンは11月15日、エンデューロバイク250EXC-Fをベースとするフリーライド250Fの2020年モデルを発表した。

フリーライド250Fはコンパクトでトルクフルなエンジンを100kgを切る軽量なボディに搭載したことで、トライアルバイク並みの俊敏さ持つオフロードモデル。サスペンションは前後ともWP製のフルアジャスタブルタイプを採用し、セルスターターも装備される。

価格は101万7000円(消費税込み)で、全国のKTM正規ディーラーで2019年12月に発売予定となっている。

【エンジン・性能】種類:水冷4ストローク単気筒 総排気量:249.91㎤ 最高出力:── 最大トルク:── 変速機:6段リターン 【寸法・重量】車両重量:98.5kg(乾燥) タイヤサイズ:Ⓕ2.75-21 Ⓡ4.00-18

CONTACT

問い合わせ先KTMジャパン
URLhttps://www.ktm.com/jp/

おすすめ記事

【ダンロップ・ロードスマート4をテスト】疲労度を研究した「長旅に効く」タイヤがさらに進化! ヨーロッパで公開、CBR1000RRに「R」がついてフルモデルチェンジ。最高出力は217馬力に! 日本生産終了後も独自の発展をした「ホンダ車」 CG125の中国版と日本生産版を比較する
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

  1. VT250
  1. VT250
PAGE TOP