ニューモデル

KTMアドベンチャーのエントリーモデル、390アドベンチャーが登場

KTMは、イタリアのミラノショー(EICMA2019)で新型アドベンチャーモデル、390アドベンチャーを発表した。

390デュークをベースとするこのモデルは、人気の790アドベンチャーの特性とDNA、長年にわたるダカールラリー参戦の経験を活用して開発されたもの。アドベンチャーの感覚を楽しみたいライダー向けに軽快さや俊敏さを身に付けたエントリーモデルだ。また、ツーリングだけでなくライトなオフロード走行にも対応し、ラリーマシンの450ラリーを彷彿させる性能を身に付けている。

【エンジン・性能】種類:水冷4ストローク単気筒DOHC ボア×ストローク:89.0×60.0mm 総排気量:373.2㎤ 最高出力:32kW<43ps>/──rpm 最大トルク:37Nm<3.8kgm>──rpm 燃料タンク容量:14.5L 変速機:6段リターン 【寸法・重量】全長:── 全幅:── 全高:── ホイールベース:── シート高:855(各㎜) 車両重量:158kg(乾燥)

CONTACT

問い合わせ先KTMジャパン
URLhttps://www.ktm.com/jp/

関連記事

  1. 【NEW MODEL】マットモーターサイクルズからニューモデル4…
  2. 2020年発売予定! ニンジャ1000後継「SX」はここが変わっ…
  3. 2020 カワサキ Z900 現代の「マジックナイン」カワサキZ900がよりスタイリッシュに、…
  4. KTMジャパンがフリーライド250Fの2020年モデルを発表
  5. エンジンを大幅に改良した新型ストリートトリプルRSがデビュー
  6. MotoGPカラーをまとったヤマハYZF-R3/R25の限定モデ…
  7. 35年の歴史に幕 ヤマハ・セローの国内生産・販売が2020年で終…
  8. 新型1290スーパーデュークRがミラノショーに登場

おすすめ記事

高い保護性能を持つスエットパーカ型ライディングウエア 【釣りツーリングに行こう!】1釣目:茨城県那珂湊港で年始早々ボラを釣る 【リコール情報】ハーレーダビッドソン・2モデルにおいて制動装置の表面が腐食し制動力解除ができない恐れ 「スーパーカブを遊び倒せ!」限定のスーパーカブ90用チューニングキットが残りわずかに カワサキ「Z」&スズキ「カタナ」 昭和から令和へ受け継がれたブランドを改めて味わう 【’80sバイク熱狂時代】NSR史上最高馬力! ライバルメーカーが恐れた1988年式NSR250Rとはどんなバイクか?(後編) 追悼:日本モータースポーツ文化の礎を築き逝った昭和のレジェンドライダーたち 【ワインディングニッポン】ビーナスライン(長野県) 【NEWS】オシャレなヨーロピアンスクーターと人気洗車ケミカルがコラボキャンペーン!Lambretta × SurLuster 〜2016 MT09用 SP忠男製フルエキゾーストマフラーが気持ちいい!
BIKE王

ピックアップ記事

  1. ニンジャGPZ900R A2
PAGE TOP