ニューモデル

KTMアドベンチャーのエントリーモデル、390アドベンチャーが登場

KTMは、イタリアのミラノショー(EICMA2019)で新型アドベンチャーモデル、390アドベンチャーを発表した。

390デュークをベースとするこのモデルは、人気の790アドベンチャーの特性とDNA、長年にわたるダカールラリー参戦の経験を活用して開発されたもの。アドベンチャーの感覚を楽しみたいライダー向けに軽快さや俊敏さを身に付けたエントリーモデルだ。また、ツーリングだけでなくライトなオフロード走行にも対応し、ラリーマシンの450ラリーを彷彿させる性能を身に付けている。

【エンジン・性能】種類:水冷4ストローク単気筒DOHC ボア×ストローク:89.0×60.0mm 総排気量:373.2㎤ 最高出力:32kW<43ps>/──rpm 最大トルク:37Nm<3.8kgm>──rpm 燃料タンク容量:14.5L 変速機:6段リターン 【寸法・重量】全長:── 全幅:── 全高:── ホイールベース:── シート高:855(各㎜) 車両重量:158kg(乾燥)

CONTACT

問い合わせ先KTMジャパン
URLhttps://www.ktm.com/jp/

関連記事

  1. KTMジャパンがフリーライド250Fの2020年モデルを発表
  2. ヨーロッパで公開、CBR1000RRに「R」がついてフルモデルチ…
  3. タイガー1200に充実した装備を持つデザートスペシャルエディショ…
  4. ブルターレ800RRとドラッグスター800RRに自動クラッチモデ…
  5. プジョー ジャンゴアリュールに150ccモデルを追加
  6. ホンダ リード125がカラーバリエーションを変更
  7. トライアンフがカフェレーサーモデル、新型スラクストンRSを発表
  8. 「スズキVストローム1050XT」8つのサポート機能でより快適・…

おすすめ記事

利用特典も見逃せない!! ダイネーゼのレンタルスーツに新たに女性用が追加 専用装備は意外と少ない? ホンダ渾身の電動郵便バイク、ベース車との違いは? 鹿児島市のハーレーダビッドソンアクティブがリニューアルオープン 陸上界のレジェンド ウサイン・ボルト氏がスマートモビリティ「BOLT」を提げて日本上陸!! 【バイク熱狂時代は永遠に:4】1980年代に若者が集った「上野バイク街」の現在 【NEW MODEL】BMW伝統のボクサーエンジンとテクノロジーのハイブリット、「R 1250 R」「R 1250 RS」が新登場!!
東京モーターサイクルショー BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

PAGE TOP