新車

【徹底解説】カワサキ新型ヴェルシス1000SE SHOWA製の最新電子制御サスペンションを搭載、価格は199万1000円

ヴェルシス1000SE 2021 カワサキ

ヴェルシス1000SE「フル電子制御の1000cc並列4気筒アドベンチャー」

Z1000/ニンジャ1000系の1043cc並列4気筒エンジンを搭載するカワサキの大型アドベンチャーツアラー「ヴェルシス1000 SE」が2021年型としてモデルチェンジ。7月16日から199万1000円で発売されます。

これまでも、電子制御サスペンションを装備した「ヴェルシス1000SE」というモデルはありましたが、2021年型ヴェルシス1000SEでは「スカイフックテクノロジー」を利用したショーワ製の最新セミアクティブサスペンションにアップグレード!
従来モデルよりもさらに洗練されたアルゴリズムを持つシステムの採用によって、その乗り味はさらに進化していると考えられます。

当記事では新採用されたサスペンションのテクノロジーを中心に、新型ヴェルシス1000SEの機能や特徴、そしてライバル車を含めて多角的に検証していきます。

2021年型カワサキ ヴェルシス1000SE

新型カワサキ ヴェルシス1000SEのエンジン「性能数値は従来モデル同様」

排気量1043ccの水冷並列4気筒DOHC4バルブエンジンは従来モデルから継承で、圧縮比は10.3、最高出力88kW(120ps)/9000rpm、最大トルク102Nm(10.4kgm)/7500rpmという数値も従来モデルとまったく同じです。

ただ、ヨーロッパで現在施行されている最新環境規制「ユーロ5」に対応していることから、スペックには出ない範囲でエンジンマネージメントには何らかのアップデートが施されていると推測されます。

新型ヴェルシス1000SEのエンジン(写真は欧州仕様)。

新型カワサキ ヴェルシス1000SEのデザイン「ライムグリーン復活!」

2021年型ヴェルシス1000SE。車体色は「エメラルドブレイズドグリーン×メタリックディアブロブラック」1色のみの設定。従来モデル同様、小キズが自己修復される「ハイリーデュラブルペイント」を一部に採用する。

2021年型ヴェルシス1000SEのデザインは従来モデルと同様で、カウルをはじめとする外装パーツに変更はありませんが、カラーリングについては大きく変更されました。

従来モデルの初登場は2019年型で、そのときに設定された車体色は「エメラルドブレイズドグリーン×パールストームグレー」でしたが、2020年型では「メタリックカーボングレー×メタリックスパークブラック」でモノトーンカラーに。

しかし、2021年型ではカワサキと言えば……のライムグリーンが復活!「エメラルドブレイズドグリーン×メタリックディアブロブラック」というカラーが採用されています。

従来モデル(2019年型)。「エメラルドブレイズドグリーン×パールストームグレー」

従来モデル(2020年型)。「メタリックカーボングレー×メタリックスパークブラック」

スカイフックテクノロジーに基づいた最新世代のSHOWA製電子制御サスペンション

2021年型ヴェルシス1000SE最大のハイライトは、前後のサスペンションにSHOWA製の「スカイフックテクノロジー」を採用したセミアクティブサスペンションを採用したことでしょう。

従来モデルのヴェルシス1000SE、ニンジャH2 SX SE、ニンジャZX-10R SE(現在はラインアップ落ち)でも、カワサキとSHOWAが共同開発した独自のセミアクティブサスペンションシステム「KECS:Kawasaki Electronic Control Suspension(カワサキ・エレクトロニック・コントロール・サスペンション)」が採用されていました。

2019年〜2020年型ヴェルシス1000SEに搭載されたセミアクティブサスペンション「KECS」のユニット。電子制御リヤプリロード調整機構を備え「ライダーのみ」「ライダー+荷物orタンデム」「ライダー+タンデム+荷物」の積載モードが選択可能。

このシステムはソレノイドバルブ(電磁弁)とダイレクト式バルブ構造を持つサスペンションユニットが、車速や前後サスペンションのストロークスピードに合わせて減衰力を自動的に調整するものです。
0.001秒という反応速度によってステップモーター等を用いたそれまでの弁駆動よりも、さらにリニアにサスペンション制御を実現していました。

それに加え、今回ヴェルシス1000SEの電子制御サスペンションに、SHOWAが量産市販車用として初投入したのが「スカイフックテクノロジー」です。
このスカイフックテクノロジーとは何なのでしょうか。

刻々と変化する路面からの入力に対して、瞬時に最適な減衰力を生み出して安定した走りを生み出すものが電子制御サスペンション。実は、その基本的な理論として確立されているものがスカイフック理論(アルゴリズム)です。

スカイフックとは「空中のとある点から、バネ上重量が仮想のフックによって吊り下げられている」(→スカイ・フック)という仮定のもとにサスペンションの減衰力を決定していく理論であり、四輪車を含めて現在のアクティブサスペンション設計における基本的な制御理論のひとつです。

もし、空中のとある点からバネ上を吊り下げられたまま凸凹した路面を通過すると考えたとき、凸凹に合わせてサスペンションの減衰力を調整し車体を水平に保つことができれば、バネ上が路面から受ける影響は最小限に留めることができます。
これが実際にどのような効果を生み出すのかは、スカイフックアルゴリズムの概念図を見るとよくわかるのではないでしょうか。

図を見ると、路面の凹凸を通過する際にスカイフックの有無で車体(バネ上)の動きがどれだけ変わるのかが示されています。
バイクのイラストの後方に描かれた線は、車体の任意の一点が凸凹を通過する際にどう動いたかを表した軌跡です。

一方の図の下側では、路面の凸凹にも関わらず、車体の上下動がかなり抑制されていることがわかります。

ヴェルシス1000SEでは従来モデルからボッシュ製のIMU(慣性計測装置)を搭載し、6軸による姿勢制御を行っていました。
新型ヴェルシス1000SEに搭載されるスカイフックテクノロジーでは、そのIMUによるセンシングをはじめ、ABS、ECUなどの情報も統合してサスペンションの制御と連動させており、極めて高度なアルゴリズムを確立していると言えるでしょう。

従来の「KECS」に新たにスカイフックテクノロジーを採用したことで、ソロ、タンデム、荷物満載のツーリングまで、あらゆる状況で最適な減衰特性を獲得した新型ヴェルシス1000SEは、ツーリングモデルとして「世界最高レベルの足まわり」を備えたと言っても過言ではありません。

図の上側、スカイフックがない場合は、路面の凹凸に合わせて車体が上下に揺動しています。
こうした車体(バネ上)の上下動は、時としてライダーのハンドル操作に影響を与えるだけでなくこととなりますし、上下動の大きさや車速によってはタイヤの路面追従性にも影響を及ぼす場合もあります。

たとえばツーリングに出かけたときに、路面に減速帯が延々と貼られたような峠道に出くわすことがありますよね。
そうした路面では車体の上下動が不快なだけでなく、意図しないサスペンションの動きがブレーキングや倒し込みなどのアクションにワンテンポ以上のズレをもたらすことも……。きっとみなさんも一度は経験があるのではないでしょうか。

なお、足まわり自体は前後17インチのホイールに、フロントサスペンションはストローク量150mmの倒立フォーク、リヤサスペンションはストローク量152mmのリンク式モノショックという組み合わせ。

カワサキはヴェルシス1000SEについて「オフロード走行は想定していないモデル」と位置付けていますが、このサスペンションストロークを見るとオフロード走行を見越したアドベンチャーモデル(200mm前後のストローク量が現在の主流)と、オンロード専用ツアラーモデルのちょうど中間域を狙ったキャラクターだということがわかります。

フロントサスペンションはインナーチューブ径43mmの倒立フォーク(写真は欧州仕様)。
リヤサスペンションは、ショックユニットとリンクをスイングアーム上側にマウントすることでマスの集中化を追求した「ホリゾンタルバックリンク式」(写真は欧州仕様)。

ちなみにカワサキのツアラーモデルのニンジャH2 SXのサスペンションストローク量はフロント120mm/リヤ139mmで、アドベンチャーモデルの代表格であるBMW Motorrad R1250GSではフロント190mm/リヤ200mmという数値です。

前後17インチのホイールゆえ本格的なオフロード走行には向いていないにしろ「極めてフラットに近いダートをスルリと通り抜けるくらい」であれば、問題のない足まわりではないでしょうか。

新型ヴェルシス1000SEの機能、安全装備

2021年型ヴェルシス1000SEの変更点は、前述の車体色の変更とKECSに追加されたスカイフックテクノロジーがメインとなります。
車体寸法、ギヤレシオ、タンク容量などの数値も従来モデル同様ですが、プレミアムなツーリングモデルとして先進的な装備を数多く持っていますので、それら主要装備を改めて紹介していきます。

従来モデルで採用されたLEDコーナーリングライトは継続して装備(近年、バンク角に応じたアダプティブヘッドライトの採用が各社のトレンドになっていますが、ヴェルシス1000SEいち早くこの装備を採用していました)。
もちろん、ヘッドライトやその他灯火類もフルLED仕様です。

LEDコーナリングライト作動の様子(写真は2019年型ヴェルシス1000SEのものだが、装備自体は新型ヴェルシス1000SEと同様)。

電子制御機構では、IMUからの情報をもとにバンク角なども踏まえて制御されるトラクションコントロール、ABSが搭載されているほか、クイックシフターも標準装備。
それらの作動レベル、サスペンション特性、エンジン出力特性を各モードごとに調整するライディングモード(「スポーツ」「ロード」「レイン」のプリセット3種と、ユーザーが各パラメーターを調整できる「ライダー」が選択可能)も搭載されています。
ハイエンドツアラーモデルではもはや欠かせない装備のひとつとなるクルーズコントロールも従来モデル同様に装備されています。

また、カワサキがスーパーバイク世界選手権で培ったテクノロジーをフィードバックしているアシスト&スリッパークラッチ機構も搭載。
クラッチ操作に必要な力を軽減しながら、エンジンが発生する強大なバックトルクを機械的に制御することで、安全で快適なライディングをサポートしています。

カワサキ ヴェルシス1000SE主要諸元

[エンジン・性能]
種類:水冷4サイクル並列4気筒DOHC4バルブ ボア・ストローク:77.0mm×56.0mm 総排気量:1043cc 最高出力:88kW<120ps>/9000rpm 最大トルク:102Nm<10.4kgm>/7500rpm 変速機:6段リターン
[寸法・重量]
全長:2270 全幅:950 全高:1530(スクリーンハイポジション)/1490(スクリーンローポジション) ホイールベース:1520 シート高820(各mm) タイヤサイズ:F120/70ZR17 R180/55ZR17 車両重量:257kg 燃料タンク容量:21L
[車体色]
エメラルドブレイズドグリーン×メタリックディアブロブラックの1色
[価格]
199万1000円
*1ヵ月目点検と、3年間の定期点検、オイル交換を無償で受けられる「カワサキケア」含んだ価格

アドベンチャツアラーらしい純正オプションパーツも充実。写真はパニアケース、トップケース、フォグランプ、フレームスライダー、ラジエタースクリーンなどを装備した状態。
新型ヴェルシス1000SEのライバルは?

1

2
CONTACT

https://www.kawasaki-motors.com/mc/lineup/versys1000se/

カワサキモータースジャパンお客様相談室
TEL:0120-400819

おすすめ記事

【NEW ITEMS】FIVE WFX MAX WP Outdry H2カーボン ハイリーデュラブルペイント 自己修復塗装って何だ?クルマだけでなく、バイクにも採用されはじめた「夢の塗装方法」 カッコよく、使い勝手も良し! PLOTカスタムのヤマハバイク
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

  1. ハーレーダビッドソン スポーツスターS
PAGE TOP