ニューモデル

【ホンダ GB350徹底解説】新時代の空冷シングルは55万円で4月22日発売

ホンダGB350の仮想ライバルは?

ヤマハSR400(ファイナルエディション)

クラシックなデザインの空冷単気筒で、車検付きのモデルとなれば、真っ先にヤマハのSR400が出てきます。
が、2021年3月で生産終了、「ファイナルエディション」&「ファイナルエディションリミテッド」の計6000台は受注段階であっという間に予定台数到達に……。2021年3月下旬時点で、販売店には新車在庫があるので入手不可能ではありませんが、今後も新車で買えるライバルというにはちょっと……「?」。

価格もファイナルエディションで60万5000円、ファイナルエディションリミテッドで74万8000円とGB350よりやや高め。ただし、ロングセラーなバイクだけあって中古車は豊富なので「中古のSR」がGB350のライバルになるのかもしれません。

なお、SR400のエンジンのルーツはXT500というオフロードバイクで、ボア・ストロークは87mm×67.2mmと実は結構ショートストローク型。
より「のんびりとした走り」を求める人にはGB350の方が向いているかもしれませんね。

ヤマハ SR400ファイナルエディション。エンジンは399ccの空冷OHC2バルブ単気筒で、最高出力24馬力/6500回転、最大トルク2.9kgm/3000回転。

ハスクバーナ スヴァルトピレン250

車検付きでもなく、空冷でもなくなってしまいますが、新車で購入できるモデルとしては、レトロなデザインの単気筒モデル、ハスクバーナのスヴァルトピレン250が意外にライバルといえるかもしれません。
スヴァルトピレンシリーズにはGB350と排気量の近い「401」(373cc水冷DOHC単気筒)がありますが、71万5000円とかなり価格が異なってしまいます。
一方スヴァルトピレン250は61万5000円(2021年モデル)で、GB350の「S」に近似。しかも、同車はインド生産ということで、インドをルーツにするGB350とも縁がある!?

ただし、スヴァルトピレン250は31馬力を発揮する高回転高出力の水冷単気筒に、前後17インチホイールに、倒立フォーク&リヤモノショックに──とGB350Sと比べてもかなりスポーティ志向。
「ガンガンスポーティに走りたい派」はスヴァルトピレン250、「気持ちいいワインディングがあればスポーティな走りも楽しみたい派」はGB350Sと分かれるとは思いますが……。

ハスクバーナ ヴィットピレン250。エンジンは249ccのDOHC4バルブ水冷単気筒で、最高出力30馬力/9000回転、最大トルク2.4kgm/7250回転。

まとめ●上野茂岐 写真●岡 拓/ホンダ/ヤマハ/ハスクバーナモーターサイクルズ

1

2

CONTACT

ホンダお客様相談センター:TEL0120-086819

https://www.honda.co.jp/GB350/

おすすめ記事

SHOWAが2輪用アフターマーケットサス市場に参入!? カワサキ ニンジャZX-25R&Z900RS用の試作品を公開 初心者大歓迎! ブリヂストンが後援するサーキット走行会 地球外生命体「プレデター」の頭の先から服装まで、バイク用品で再現しちゃった人がいた!
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

  1. ハーレーダビッドソン スポーツスターS
PAGE TOP