新製品

「エルフらしさ」全開のエルフ新作ウェア!派手なウェアを好むライダーは見逃すな!

堂々たるデザインと充実の装備・機能が光る
EL-9247 ヴィットリアスポルトジャケット

ツーリング中や高速道路のサービスエリアなどでよく見掛けるのが、エルフのライディングウエア。
その理由は多くのライダーが愛用しているというだけでなく、遠くから見ても「あれはエルフのジャケットだ」とひと目で分かるデザインを採用しているからに他ならない。

このヴィットリアスポルトジャケットもその例に漏れず、胸に大型のロゴを備え、カラーの切替えを用いたエルフらしさあふれるデザインを採用。

冬ウェア

●ウエアの前面と背面にカラーを対象に配置したレーシーなデザインを採用。背中にも"elf"のロゴを配置しており、後ろを走るライダーにもしっかりとアピールできる。その下部左右にはウエア内の熱気を排出するためのファスナー式ベンチレーションも装備する

さらに、ヤマハやスズキ車と合わせやすい写真のブルーの他、カワサキのグリーン、ホンダのレッドといった各メーカーのイメージカラーや、どんなバイクにもマッチするブラックやホワイトなど多くのカラーをラインアップし、同じく多彩なカラーバリエーションを誇るライディンググローブとコーディネートできるのも同ブランドの特徴だ。

肩と肘、背中、胸にプロテクターを標準装備し、脇から袖にかけてストレッチ生地を採用するのも見逃せないポイント。

エルフ

●(上)袖から脇にかけての生地にはストレッチ性のある素材を採用しているためライディング姿勢が取りやすく、バイクを降りてからも動きやすい (下)袖の後部には夜間の被視認性を高められ、デザインのアクセントにもなるリフレクターパイピングを備えている

エルフ

●(上)襟元の後ろには頸椎後部を保護するネックガードを装備 (下)ポリウレタンコーティングされたポリエステル製の表地は部位により生地を重ねることで耐久性をアップ。また、織り方の異なる生地を用いて立体感のある個性的なスタイルを作り上げている

つまり、デザインに惚れてこのジャケットを選んでも、安全面や機能性に問題は一切ないということ。
さらに、着脱可能な中綿入りインナーや背部ベンチレーションも装備しているため、長いシーズン使うことが可能。
デザインへの強いこだわりと優れた機能性が、多くのライダーがエルフを支持する最大の理由なのだろう。

●価格:3万2780円

●サイズ:S~4L、LW

●カラー:ブルー、ホワイト、ブラック、ブラック×レッド、ブラック×グリーン

エルフ

※パンツは「EWP-9241 アルバーノストレッチパンツ」(2万1780円)、グローブは「ELG -9283 ストラーダカーボングローブ」(1万780円)

 

エルフ・その他の注目ウェア

ストレッチ性に優れるスポーツモデル
EL-9246 アルバーノストレッチパーカー

エルフ

価格●2万9480円

ストレッチ性に優れるスポーツモデルブラックを基調にブルーやイエロー、レッドなどをあしらったスポーティなデザインが特徴。
ソフトな感触を持つ生地は優れたストレッチ性も有し、高い運動性を実現。
着脱式の防寒インナーの採用により秋から春までの長いシーズン使うことができる。

 

CONTACT

問い合わせ先フラッグシップ
URLhttps://flag-ship.co.jp
アバター

モーサイ編集部

投稿者の記事一覧

1951年創刊のモーターサイクル専門誌。新車情報はもちろん、全国のツーリングライダーへ向けた旬な情報をお届けしています!

モーターサイクリストは毎月1日発売!

おすすめ記事

【NEW ITEM】AOSHIMA KAWASAKI 900Super4(Z1) 「レザーは冬は寒い」の常識を覆すHYODの冬用レザージャケット 【NEW ITEM】GAERNE SG-12 歴史を彩った名車シリーズ SUZUKI GSX1100S KATANA ドゥカティ パニガーレV2&V4のデビューフェアを開催  試乗や見積でオリジナルプレゼント ナイトロンからCBR400R用リヤショックアブソーバーが登場
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

  1. Z650 ザッパー
PAGE TOP