トライアンフ タイガースポーツ660試乗「輸入車だが112万円!そのうえ街乗りから長距離ランまで何でも使える万能マシン」

タイガースポーツ660 トライアンフ
トライアンフ タイガースポーツ660。普段は通勤など日常の移動手段として使いつつ、休日には長距離ツーリングも楽しむような「1台で多様性を求めるライダー」をターゲットとしているという
タイガースポーツ660 トライアンフ
トライアンフ タイガースポーツ660。車体色は写真のブルー×ブラックのほか、グレー×ブラック、レッド×グレーの3色をラインアップ
タイガースポーツ660 エンジン トライアンフ
最高出力81ps/1万250rpm、最大トルク6.5kgm/6250rpmの性能を発揮する660cc並列3気筒エンジン。ロード/レインの2種のライディングモードが用意され、スロットルレスポンスとトラクションコントロールの作動レベルが変化する。
タイガースポーツ660 トライアンフ
フロントサスペンションにはショーワ製のカートリッジ式セパレートファンクション倒立フォークを採用(インナーチューブ径41mm)。フロントブレーキは310mmダブルディスク+ニッシン製2ピストンキャリパーの組み合わせ
タイガースポーツ660 トライアンフ
ホイール径は一般的なロードスポーツモデルと同じ前後17インチで、純正装着タイヤはミシュラン・ロード5。リヤブレーキは255mmシングルディスク+ニッシン製シングルピストンキャリパーの組み合わせ
タイガースポーツ660 リヤサスペンション トライアンフ
リヤサスペンションもショーワ製で、油圧リモートのプリロードアジャスターを装備しており、タンデムや積載時など走行条件に合わせた調整も手軽にできる。サスペンショントラベルは前後とも150mm
タイガースポーツ660 メーター トライアンフ
メーターはフルカラー液晶で、上部に回転計、速度計、燃料計、下部にギヤポジション、オド&トリップ、時計などを表示する。スマートフォン連携機能も備えており、ナビの表示やGoProコントロールなども可能
タイガースポーツ660 足着き トライアンフ
身長165cmのライダーがまたがったときの様子
タイガースポーツ660 足着き トライアンフ
身長165cmのライダーがまたがったときの様子
タイガースポーツ660 シート トライアンフ
シートは前後一体型でシート高は835mm。足着き性に配慮し、角はスリムな形状に仕上げられている
タイガースポーツ660 トライアンフ
純正オプションのパニアケース装着用マウントは最初から組み込まれており、スタイリングを崩さないよう目立たない位置に配されている
タイガースポーツ660 パニア トライアンフ
純正オプションには車体色に合わせたパニアケースや、ヘルメット2個を収納できるトップケースなどをラインアップ
トライデント660 トライアンフ
2021年に登場したネイキッド「トライデント660」。エンジンやフレームなどをプラットフォームとしてタイガースポーツ660と共用。最高出力81ps、車重190kg、燃料タンク14L、価格は99万3000円
タイガースポーツ660 トライアンフ
トライアンフ タイガースポーツ660(ブルー×ブラック・112万5000円)
タイガースポーツ660 トライアンフ
トライアンフ タイガースポーツ660(グレー×ブラック・112万5000円)
タイガースポーツ660 トライアンフ
トライアンフ タイガースポーツ660(レッド×グレー・114万円)
この画像の記事ページへ

おすすめ記事

  1. 涼しくて道路も貸し切り!!「朝活」ツーリングで聞きたいシーン別バイクに合う音楽10選【Episode5】
  2. 「エンジンの楽しさを絶やしたくない」純正部品大手・日本ピストンリングが旧車オーナー向け個人販売を開始した思いとは
  3. 今日のバイカー1ショット「なにしろブラックアウトがカッコよくて」
PAGE TOP