ヒストリー

【ホンダ フォーサイト】実はマジェスティ対抗馬、ブームに乗れなかった悲しき「ビッグスクーター」

「1990〜2000年代」250ccスクーターブーム回想

軽快さと機動力を重視したフリーウェイ。一方で、ロー&ロングな車体にゆったりと乗るフュージョン。これら1980年代に登場した2台の250ccモデルで後に続く軽二輪スクーターブームを先取りしたホンダだったが、その実、トレンドの行方を読むことはできなかった。

主流となるのはフリーウェイ、フュージョンは傍流と判断され、次世代モデルとしてはフォーサイトを発売。フュージョンはラインアップから外された。しかし、後の250ccビッグスクーターブームの萌芽は、実はフュージョンの方だったとも言える。
当記事ではそんな1990年代から2000年以降にかけての250ccスクーターブームの推移について、主観も含みつつ振り返ってみたい。

Fの頭文字から始まるようになったホンダ250ccスクーター

ご存知かもしれないが、ホンダの250ccスクーターは車名に共通項がある。フリーウェイ(FREEWAY)、フュージョン(FUSION)、フォーサイト(FORESIGHT)、フォルツァ(FORZA)、フェイズ(FAZE)などだが、見ればわかるとおりアルファベット表記だとすべてFで始まる。

これはホンダ二輪車の型式名の前半、M=軽二輪クラス、F=スクーター形式に関係あるようだが(その後に続く番号は開発順番)、いつからそう定まったのかは諸説あってわからない。だが、筆者がバイク雑誌編集部に在籍中でフォーサイトが登場したころ、ホンダの広報担当者が「今度もFで始める車名にしました」と言っていたから、90年代半ばごろに「F」で車名を揃えるといったこだわりが社内に生まれたのだろう。

ホンダ フリーウェイ(1989年登場)

ホンダ フュージョン(1986年登場)

ホンダ フォルツァ(2000年登場)
ホンダ フェイズ(2009年)

時代に乗れなかったフォーサイト

そのフォーサイト(型式名MF04)が登場したのは1997年6月。
250ccスクーターに関して、フリーウェイ、フュージョンと異なる2路線を展開してきたホンダだが、フォーサイトはどちらのスタイルを踏襲したのかと言えば、多分フリーウェイ系だろう。

だが、ここでねじれが生まれたと思うのは筆者だけか。ハンドルマウントのメーターパネルや、ロー&ロングなスタイルではない車体からフリーウェイ系だと感じるのだが、ラインアップ上ではフリーウェイはこの時点で存続し(1999年まで生産された)、フュージョンはフォーサイト登場を機にラインアップ落ちしたのだ。

ホンダはかねてより、250cc大型スクーターの市場創出に取組み、フリーウェイとツーリング用途にマッチしたフュージョンをそれぞれ発売し、ユーザーニーズに応えてきたと、フォーサイト発売の広報資料冒頭で述べ、以下のように続けている。
「このフォーサイトはこれまでに培ったノウハウを基に、都市部で求められる取り回しのよさや俊敏な機動性と、長距離ツーリングでの快適な乗り心地を高次元で融合させたスポーツ感覚あふれるスタイリッシュなスクーターとなっています」。

つまりこの時点でフュージョンを退場させた理由は「あんなに低く長い車体は不要、それよりも俊敏な機動性は外せない。だが、ツーリングの快適性も盛り込もう」という狙いだったと思われる。実際フォーサイトのサイズは、フリーウェイよりもひとまわり大きくゴージャスで、全長は2070mm、ホイールベースは1450mm、車両重量は162kgとなり、同クラスのスポーツモデルに比肩するボリュームサイズになった。

加えて、シート下トランクは40L容量まで拡大され、900mmまでの長尺ものが収められるスペースを確保。シート下のメットイン機能が当たり前となったこの時期、シート下に収納部がなく、車体後部の小さな収納スペースしかないフュージョンでは厳しいとホンダは判断したのだろう(純正の専用ヘルメット=ハーフサイズ以外は収納不可)。フォーサイトはフリーウェイより利便性を向上、動力性能や空力特性も進化したモデルとなっていた。
しかし、流行とは不思議なもの。満を辞して登場したフォーサイトよりも、生産終了となったフュージョン人気が盛り上がり始めたのだ──。

ホンダ フォーサイト(1997年登場)

■フュージョンに代わり、1997年6月に登場したフォーサイト。エンジンはフリーウェイの改良型で、最高出力21ps/7000rpm、最大トルク2.4kgm/5500rpmの性能を発揮。従来のフリーウェイ、フュージョンの二路線のいいとこ取りを狙ったものの……。ラグジュアリー路線のマジェスティ250、スカイウェイブ250に比べると、ハンドルマウントのコックピット、曲面多用のフォルムなど大人しめの印象で、クラスをリードする存在には至らず。だが、利便性や実用性能を評価する層もあり2007年まで販売は継続されるロングセラーモデルとなった。発売当時の価格は47万9000円。

ハンドルマウントのメーターユニット。中央に速度計、左に燃料計、右に水温計というレイアウト。
ヘルメットが収納できるシート下トランクは容量40L。900mmまでの長尺物も収納可能で、当時のホンダの資料を見ると「傘やバットも収納できる」という説明がある……。
ハンドル下の左右にはグローブボックスを配備。ウインカーはオートキャンセル機構が採用されていた。

生産終了後に高まったフュージョン人気、中国製コピー商品騒動も

1997年に国内ラインアップから落ちたフュージョンだが、実はこの時期、フュージョン人気の芽が出始める要因──高性能なレーサーレプリカブーム鎮静化の反動か、速さよりも雰囲気、性能面での「緩さ」が好まれるムードが生まれつつあった。
そして、カリカリに峠を攻めるよりも、ロー&ロングなクルーザー的モデルでゆったり走りたいというストリート系ライダーのニーズが増えていったのだ。そこで、スクーターとしての利便性では劣るが、思い切りそちら方向に振られたロー&ロングフォルムの中古フュージョンに奇しくもスポットライトが当たった。 

すると、海外向けとして生産が継続されていた「ヘリックス」を逆輸入して販売するショップが出てきたり、中国メーカーからフュージョンを完全に真似たモデルが出るようになった。一時期は、これら中国製パクリフュージョンを扱う業者まで国内に現れるようになり、ホンダは対抗措置としてコピーモデルを生産する中国メーカーへ訴訟を起こす一方、こうしたコピーモデルへの補修用純正部品供給の停止、コピーモデル取扱業者へのホンダ製モデルの取り扱い停止といった策を講じる騒動にまで発展した。

結局フュージョンはその混沌とした販売後人気に対応すべく、2003年に国内販売を復活。排出ガス規制対応の装置などが付加されたものの、スタイル、仕様はほぼそのままのリバイバル販売だったが、独特なロー&ロングなフォルムは堅調に支持を集めた(ヤマハはこの路線を追うべく新型機種のマグザムを2005年に登場させている)。

一方、年々「コックピット」と呼ぶにふさわしいほどメーター周りが豪華になっていく250ビッグスクーターの流れを作ったのは、ヤマハのマジェスティ250だろう。
1995年8月に登場したマジェスティ250は、大柄な車体に大容量のメットインスペースを確保し、大型カウル内に収まるメーター周りは車体外装とともにフレームマウントで支持される。全長は2110mm、ホイールベース1500mmで、車両重量は158kgの堂々とした車格も大きな特徴だった。

同車が登場して以降、1998年にスズキはスカイウェイブ250を投入。250ccスクーター=ビッグスクーターと認知されるようになり、その後2000年代に入ってからも、250ccスクータは高級化路線が主流であり続けた。

しかし、である。近年の軽二輪スクーターでは250ccフルスケールではなく、150〜200ccのコンパクトなモデルがトレンドだ。また、そこに混じって散見される古びたフォーサイト、カスタムされたフリーウェイ。
それらを目にするにつけ、250ccという排気量で十分な動力性能を持ちつつ、手軽なサイズで機動性も高い……そんなコンパクトスクーターが改めてクローズアップされても良いのではないだろうかと思うのだ。

ヤマハ 初代マジェスティ250(1995年登場)

■軽二輪スクーター=ビッグスクーターの呼称を定着させたのが1995年8月登場のヤマハ マジェスティ250。ハイスクリーン付きの大柄な車体に、大容量メットインスペースを確保し、当時クラス最強の水冷単気筒エンジンを搭載。同車がこの後に続く、大柄でラグジュアリーな軽二輪スクーターのベンチマークとなり、1996年には250ccクラスで登録台数トップとなる。最高出力21ps/6500rpm、最大トルク2.4kgm/5500rpmの性能で、発売当時の価格は47万9000円。

スズキ 初代スカイウェイブ250(1998年)

写真はスクリーン形状の改良などマイナーチェンジが行われた2000年型

■250cc「ビッグスクーターブーム」に乗り、1998年に登場したスズキ スカイウェイブ250。マジェスティ250にも増して長くボリュームのある車体と、クラス最強のエンジンは最高出力23ps/7000rpm、最大トルク2.5kgm/6000rpmの性能を発揮。発売当時の価格は54万9000円。なおブームの盛り上がりとともに、2002年からカワサキはOEM供給されたスカイウェイブ250を「エプシロン250」の車名で販売した(OEM提携は2007年に解消)。

ホンダ 初代フォルツァ(2000年登場)

フォルツァ ホンダ

■好調なヤマハ、スズキに対し、フォーサイトで苦戦したホンダは路線修正。フレームマウントの大型カウル内にメーターを内蔵するモデル、フォルツァ(型式名BA-MF06)を2000年3月に発売。エンジンはフォーサイト系をベースにした改良型で、最高出力22ps/7000rpm、最大トルク2.4kgm/5500rpmの性能、発売当時の価格は53万9000円だった。以後モデルチェンジを経て、現在は5代目となるフォルツァが販売されている。

ホンダ フュージョン(2003年再販版)

■1997年に販売終了したものの、その後の中古車人気や、中国製コピー製品騒動、折からのビッグスクーターブームの隆盛により、2003年2月から再販されたフュージョン。排出ガス規制対策の二次空気導入装置などで性能は19ps/7500rpm、2.1kgm/5000rpmと多少変更があったものの、ほぼそのままの仕様で登場。この復活を機に、スタンダードタイプ(当時価格49万9000円)のほか、メッキハンドル、ショートスクリーン、バックレストなどを装備してカスタムムードを高めたたタイプX(当時価格51万9000円)も追加で発売された。

ヤマハ マグザム(2005年登場)

■根強いフュージョン人気に追随するべく、「ベストタンデム・アーバンクルーザー」をコンセプトにヤマハは2005年4月にマグザムを発売。高速道路二人乗り解禁、AT限定自動二輪免許も見越しての登場で、フュージョンと同様に二人乗りの快適性を狙った2365mmの全長と、前後席で段差を少なくし後席ライダーの乗降性も考えて低く構えたフォルムが特徴。20ps/7500rpm、2.1kgm/5000rpmの性能で、発売当時の価格は62万円。スマッシュヒットを記録したが、2017年に生産終了となった。

レポート●阪本一史 写真●ホンダ/ヤマハ/スズキ/八重洲出版

おすすめ記事

【NEW ITEM】Alpinestars SMX PLUS v2 BOOT アルパインスターズ「ミサイルv2レザースーツ」が2022年4月発売、エアバッグ対応の新世代レーシングスーツ! KTMアドベンチャーのエントリーモデル、390アドベンチャーが登場
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

PAGE TOP