【ホンダ フォーサイト】実はマジェスティ対抗馬、ブームに乗れなかった悲しき「ビッグスクーター」

フリーウェイ ホンダ
ホンダ フリーウェイ(1989年登場)
フュージョン ホンダ
ホンダ フュージョン(1986年登場)
ホンダ フォーサイト(1997年登場)
フォルツァ ホンダ
ホンダ フォルツァ(2000年登場)
フェイズ ホンダ
ホンダ フェイズ(2009年)
フォーサイト ホンダ
ビジネスユースからツーリングなどレジャー用途まで対応するスクーターとして開発されたフォーサイト。そのコンセプト自体はヤマハ マジェスティ250と同方向ではあった
ホンダ フォーサイトのエンジン。フリーウェイの改良型で、最高出力21ps/7000rpm、最大トルク2.4kgm/5500rpmの性能を発揮
ホンダ フォーサイトのフロントブレーキ。240mmのシングルディスクに3ピストンキャリパーを組み合わせる
ホンダ フォーサイトのリヤサスペンション。片持ちのユニットスイングとし、快適性と軽量化を両立
ホンダ フォーサイトのスクリーン。スクリーンの付け根には2つのエアスクープがあり、巻き込み風を抑止する
フォーサイト メーター ホンダ
ホンダ フォーサイトのメーターユニット。ハンドルマウントで、中央に速度計、左に燃料計、右に水温計というレイアウト
フォーサイト グローブボックス ホンダ
ホンダ フォーサイトのグローブボックス。容量は左右とも1Lあり、左側は施錠できる
フォーサイト シート下 ホンダ
ホンダ フォーサイトのシート下トランク。40Lの容量でヘルメットを収納できるだけでなく、900mmまでの長尺物を収めることもできる
フォーサイト シート ホンダ
ホンダ フォーサイトのシート。ライディングポジションは「フリーウェイのキビキビとしたスポーティ感、フュージョンの開放感あるクルージング感を取り入れた」とホンダは説明している
フォーサイト 給油口 ホンダ
ホンダ フォーサイトの燃料タンクはフロアステップ中央に配置され、給油もまたがったまま可能。燃料タンク容量は12L
マジェスティ 初代 ヤマハ
ヤマハ 初代マジェスティ250(1995年登場)
スカイウェイブ スズキ
スズキ 初代スカイウェイブ250(1998年登場、写真は2000年モデル)
フュージョン 再販 ホンダ
ホンダ フュージョン(2003年再販版)
ヤマハ マグザム(2005年登場)
この画像の記事ページへ

おすすめ記事

  1. 国際A級ライダー鈴木大五郎氏のBKライディングスクールに参加「ベテランほどプロによるフォームチェックが染みる!」
  2. 岩城滉一さんのカスタムを手掛けた隠れ家的ハーレーショップ「鉄馬舎」とは
  3. ラフアンドロード創業当時の懐かしロゴ!吸汗・速乾素材の「ラフ ロコ ドライT/ラフ パームツリー ドライT」を発売
PAGE TOP